TOP > 注文住宅コラム > 子ども部屋をおしゃれにかわいく北欧テイストに

注文住宅コラムColumn

北欧

子ども部屋をおしゃれにかわいく北欧テイストに

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。
いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

「子ども部屋をおしゃれでかわいくコーディネートしたい!」と考える方は多いと思います。そんな時にお手本にしたいのは北欧の子ども部屋。カラフルでかわいくておしゃれ。それでいて、あたたかみのあるお部屋は大人が見ても楽しく、ほっと和ませてもらえます。

北欧はエコにも力を入れている国なので、環境にやさしい素材が使われていて、子どもの安全面から見ても優れた部屋づくりがされているそうです。

北欧スタイルの子ども部屋づくりには、遊び心のある家具を取り入れたり、アクセントとしてカラフルなものを選んだり、自然素材の家具にパソコンなどの現代的なものをうまく融合させたりといったポイントが見られます。

実際のコーディネート事例を紹介しながら、そのポイントについてまとめていきたいと思います。

簡単!そのままマネできちゃうコーディネート/ IKEA(イケア)

IKEA(イケア)のサイトを見てみると、子ども部屋のコーディネート例が紹介されています。

ikea1.jpg (※https://www.ikea.com/jp/ja/より転用)

こちらは女の子のお部屋ですね。白×ピンクのベースカラーに赤がアクセントカラーで効いています。

子どもの写真や生まれた時の足型、アートを同じピンクのフレーム(FISKBO/フィスクボー)に入れて飾っています。そこを照らすようにペンダントライトが設置されています。壁紙と同じ色のフレームを合わせることで空間との調和がとれています

ぬいぐるみや絵本などは壁に取り付けたウォール収納にかわいくディスプレイされています。このウォール収納(FLISAT/フリサット)はイケアで購入できますよ。そのほかの細々したものはボックス収納ですっきり片付いています。

大きなおもちゃは床にぽんぽんと置いてしまう。でもそれが絵になっています。

木製のおもちゃはぬくもりが感じられて、お部屋をやさしい雰囲気にしてくれます。色のあるものであれば、ベースカラーやアクセントカラーを意識して選ぶとよりまとまりのある空間に仕上がります。

ikea2.jpg (※https://www.ikea.com/jp/ja/より転用)

もう少し大きくなった男の子のお部屋です。ベースカラーは白、アソートカラーがブルー、アクセントカラーが赤になっています。

インテリアの配色については以前書いた「配色で決まる北欧コーディネート」で説明しています。ベースカラーやアソートカラー、アクセントカラーの選び方についても触れていますので、ご覧になってみてくださいね。

天井の下がっている部分を利用して星空をイメージした壁紙を貼っているのは遊び心があっておもしろいですね。風船の形をしたウォールランプもユニークです。こちらのウォールランプ(DROMMINGE/ドレミンゲ)もイケアの商品です。

ラグのカラーはベッドカバーや先ほど触れた星空の壁紙と同じ色合いでコーディネートしています。比較的大きな面積を占めるアソートカラーは同系色で合わせると統一感が出ます

子どもが喜ぶテントも白・ブルー・赤でインテリアの色と合って馴染んでいます。テント(CIRKUSTALT/スィルクステルト)は隠れ家のようで、子どもにとっては自分だけの特別な空間になりますよね。

ikea3.jpg (※https://www.ikea.com/jp/ja/より転用)

さらにもう少し大きくなった女の子のお部屋です。ブルーグレーの壁紙にラグやマット、デスクチェアー、収納グッズなどをグレーにしているので、とても落ち着いた印象です。

壁には写真やアート、ガーランドなどを飾ったり、ペグボードコンビネーション(SKADIS/スコーディス)を使ってマニキュアやアクセサリーなど細々したものを収納するなど、壁面を有効活用しています。

ここで紹介したのはほんの一部で、ほかにもたくさんのコーディネート事例が掲載されています。子どもの年齢でグループ分けもされているので、目的に合ったものが見つかりやすいですよ。

また、それぞれの事例で使用している商品がリストアップされているので、お好みのコーディネートを見つけて、実際の部屋のサイズやカラーに合わせて同じように商品を選べば、簡単にイメージに近いお部屋が作れます。ぜひ参考にしてみてください。

モノトーンでシンプルかわいいお部屋

子ども部屋らしいカラフルでかわいいお部屋を紹介してきましたが、今度はモノトーンベースでシンプルにコーディネートされたお部屋の事例です。

IMG_5126_モノクロ①.jpg (※Pinterestより転用)

壁は白と黒のツートンカラーです。ベッドなどの家具や床も白いので、壁に黒を使っても重い印象にはならず、すっきり締まってスタイリッシュな印象を受けます。

絵本や雑貨、アートポスターのカラフルな色がモノトーンベースの空間に映えます。大きなペンダントライトもインパクトが大きいですね。

IMG_6479_モノクロ②.jpg (※Pinterestより転用)

ガーランドとクッションのマスタードカラーがアクセントになっています。

動物の顔が描かれたペーパーバッグはおもちゃやブランケットなどの収納に最適です。見た目がかわいく、ポイポイ入れるだけなので簡単。子どもたちも楽しくお片付けしてくれそうです。

このペーパーバッグは「TELLKIDDO」というスウェーデンのブランドの製品です。ストックホルムを拠点に活動しているデザイナーMariaが生活の中で思いついたことを自由にイラストにしているのだそうです。小さな男の子を持つ母親の感性で生み出される商品は、さすが子どもが喜ぶポイントが押さえられていますね。

IMG_6474_モノクロ③.jpg (※Pinterestより転用)

ペーパーバッグは机の横に置いてもいいですね。壁に貼ったポストカードも同じ動物の顔が描かれています。その下のアルファベットのポストカードも同じ「TELLKIDDO」のものです。カラーもそうですが、デザインでの統一感も大切ですね。

モノクロ④.png (※Pinterestより転用)

白とグレーのツートンカラーでジグザグの柄がかわいい壁紙が目を引きます。そこに飾られたアートポスターやガーランドの黒がアクセントで効いています。白と黒だけでの組み合わせよりも、広い面積でグレーを入れることで印象が柔らかくなりますね。

オススメのカーテン

幼少期、特に3~12歳は感性を育む大事な時期です。この時期にどのようなお部屋で育ったかによって、その後の感性やセンスに大きな差が出てしまうそうです。

子ども部屋のカーテンを選ぶ時は、あまり先を見過ぎずに、現在から4~5年先くらいまでを考えておくことがポイントです。

elefantti_bl_top3.jpg

ajatus_kago1.jpg (※https://www.curtains.jp/より転用)

フィンランドで愛され続けている「Finlayson(フィンレイソン)」はポップカラーで明るく元気が出るデザインです。エレファントやパンダなどの動物柄は子どもも大喜びですね。

lion_ye_top1.jpg (※https://www.curtains.jp/より転用)

「LISA LARSON(リサ・ラーソン)」のライオンのプリントカーテンです。ころんとしたフォルムで愛嬌たっぷりのライオン。男の子のお部屋にオススメです。麻が混ざった天然素材の生地であたたかみのある優しい手触りとナチュラルな風合いが北欧テイストのインテリアにもよく合います。

無題.png (※https://www.curtains.jp/より転用)

北欧を代表するキャラクター「ムーミン」のカーテンです。ムーミンとその仲間たちが描かれており、キャラクターたちがストーリー性を持ち楽しませてくれます。子ども部屋にはぴったりですね。落ち着いた色合いなので子どもが大きくなってもそのままつかえそうです。

forest7.jpg (※Rakutenより転用)

こちらは北欧テイストのカラフルなツリーがたくさん描かれたデザイン。やさしく落ち着きのある色味なのでコーディネートしやすいですね。アクセントカラーをここに使われている色と合わせればお部屋に統一感が生まれます。

まとめ

この記事を書くにあたり、北欧テイストの子ども部屋の写真をいろいろ見ていると、下のようなポイントが共通しているように感じました。

①ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーの配色を意識する。

②壁紙には色味をプラスする。

③アートポスターやガーランド、ウォールステッカー、収納棚を使って壁をディスプレイ。

④ボックスやペーパーバックですっきりおしゃれに収納。

⑤照明はペンダントライトを上手く使う。

これから模様替えや子ども部屋を作るのに北欧テイストのコーディネートを考えていらっしゃる方の参考にしていただければと思います。

また、インターデコハウスでは、これまでに建てた施工事例、コーディネート事例もご紹介できます。もちろん北欧テイストの子ども部屋もありますし、北欧以外でもお好みのテイストに合わせて壁紙や照明などご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

秋田市八橋には住宅展示場もございます。実際にご見学いただくことも可能ですので、ぜひ一度、遊びに来てみてくださいね。

展示場のご予約はこちらから

akita_banner.png

最新の記事
カテゴリ
これまでの記事