TOP > 注文住宅コラム > 北欧風の住宅を注文住宅で建てる魅力

注文住宅コラムColumn

北欧住宅

北欧風の住宅を注文住宅で建てる魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。
いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

この記事を読んでいただいている方は既にインターデコハウスのことをいろいろ調べていらっしゃる方もしくは「北欧 注文住宅」などで私たちのホームページに来られた方ではないかと思います。

初めて私たちの注文住宅コラムを読む方もいらっしゃると思いますので、はじめに私たちインターデコハウスのことをご紹介させていただきます。

私たちインターデコハウスは主にヨーロッパテイストの注文住宅を販売している住宅会社です。インターデコハウスは2000年に北海道札幌市で誕生しました。

現在では、北海道から九州までインターデコハウスを建てることができる工務店が存在しています。私たち住広ホームは秋田エリアを担当している工務店です。

インターデコハウスの商品の特徴は、住宅の外観それぞれにコンセプトがあるデザイン住宅であるということです。インターデコハウスの商品一覧についてはこちらをご覧ください。

主なデザインは北欧テイスト・南欧テイスト・北米テイストの3種類に分けられます。秋田市でも北欧・南欧・北米それぞれのデザインのインターデコハウスが建っていることをご存知ですか?

私たち住広ホームは2008年から秋田市近郊でインターデコハウスの建築を行っております。カテゴリとしては「輸入住宅」に分類されると思いますが、現在では輸入住宅という元来のテイスト分けより、「大好きなデザインの外観・内装の中で好きなインテリアに囲まれて自分らしい暮らしをする」というご提案が増えています。

今回のコラムでは、インターデコハウスの中でも近年人気のある北欧デザイン住宅を建てるということについてお伝えしていきます。

北欧住宅の満足感

北欧住宅を建築される方の多くが、北欧デザインのインテリアや雑貨好きな方が多いです。日本における北欧ブームは今でもまだ継続しています。

例えば2019年には埼玉県飯能市に「ムーミンバレーパーク」が誕生しました。自然豊かな中にムーミンのキャラクターや建物があって一日中楽しめるということで人気があります。

北欧住宅というとどのような住宅を思い浮かべるでしょうか?インターデコハウスが提供している北欧住宅は主に2つの外観パターンがあります。

こちらの商品がルオント:商品紹介ページはこちら

こちらの商品がヘルミ:商品紹介ページはこちら

インターデコハウスの北欧デザインの住宅は、男性にも女性にも人気があります。インターデコハウスの住宅デザインは「かわいい」という言葉をよくかけてもらいます。

元々は南欧系の住宅デザインが多く、女性に人気の高い商品デザインが多かったのですが、近年は外観をできる限りシンプルにしたい。というお客様の要望を受けることが増えたのです。

北欧デザインの住宅を好まれるお客様の共通点として、インテリア好き・雑貨好きという方が多くいらっしゃいます。

インターデコハウスの北欧住宅が人気の理由についてはこちらの記事も参考にしてください。

好きなものに囲まれて暮らす生活は誰もが憧れると思います。しかし、賃貸住宅で暮らしている頃は好きなものに囲まれることはできるけど、家全体のテイストを揃えることは難しいですよね。

北欧インテリアが好きな方は、ソファやテーブルはもちろんですが、照明・カーテン・食器など北欧デザインのものにこだわります。

北欧デザインの特徴としては、自然との調和やシンプル・木の素材を活かしたものが多く、元々日本人の私たちの感性に近いものがあるので「落ち着く」という方が多いです。

北欧デザインをしたデザイナーについての記事も公開していますので併せてお読みください。

北欧「注文住宅」だからこそ

前述したとおり、賃貸住宅では叶わなかったことが注文住宅だからこそ叶うということがあります。私たちが提供している住宅は注文住宅と呼ばれる住宅です。

お客様のご要望をヒアリングして、どのような暮らしをしたいかということをお聞きし、自分たちの収入から無理のない返済計画を一緒に検討して住宅をつくっていきます。

賃貸住宅で暮らしている頃は、家賃・共益費・駐車場代がかかりますよね。注文住宅で家を建てたいと思っても、すごくお金がかかる。自分たちは住宅ローンを借りることができるのか。そもそも住宅ローンっていくら借りることができるのか。

と初めての買い物なのでわからないことが多く出てきますよね。私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)が提供させていただいている住宅は決してお客様が無理をして住宅ローンを組んで建てる家ではありませんのでご安心ください。

私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)の家づくりについては後ほどお伝えさせていただきます。

北欧デザインがお好きな方は、元々北欧デザインの食器などをコレクションしている方も多くいらっしゃいます。

北欧デザインの食器には「ヴィンテージ食器」という食器も存在しています。食器について詳しくご紹介している記事がありますのでこちらも併せてお読みください。

北欧食器は食器としての利用だけではなく、壁に掛けて飾って目で楽しむ。ということもできます。

食器を壁に飾る。ということはなかなか想像していない方も多くいらっしゃると思いますが、実はインテリアとして食器を飾るということも北欧デザインの住宅では表現したりもします。

注文住宅だからこそ、好きな雑貨やインテリアを引き立てる間取りやデザインにすることが可能なのです。どのような住宅でどんな暮らしをしたいのかを一つずつ住宅会社に伝えていくことで叶えることができる注文住宅の夢が広がります。

注文住宅を建てる手順

注文住宅を建てる流れは住宅会社によって若干違いがありますので、今回は私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)の注文住宅を建てる流れをお伝えします。

住宅会社を知る

まずは今このコラムを見ていただいている方のように、インターネット検索やインターネット広告・フリーペーパーなどの広告で私たちのことを知ります。どんな住宅を建築していて、どんな会社なのかということを知っていただきます。

資料請求をする

ホームページを一通り見たら、カタログを見てみたいと思うと思います。ホームページでは公開していない住宅施工例の写真なども掲載されているのでまだカタログを見たことがない。というかたはぜひカタログ請求をしてみてください。カタログ請求はこちら。

住宅展示場に行く

次にまずは「行動」しなければ始まりません。私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)のお客様は資料請求のあとで必ず八橋住宅展示場にお越しいただいています。

会社の横に常設モデルハウスとして住宅展示場を構えています。住宅の「土地」「お金」「建物」についての全てのことをこの展示場に来場していただけるとお伝えすることが可能です。

来場していただいたお客様は1回あたりだいたい、展示場を見て、家づくりの話をきいて1時間〜2時間程度の間滞在していただいております。

無理な営業活動は一切しておりませんのでお気軽にお立ち寄りください。キッズスペースや駐車場もございますので安心してご見学していただくことが可能です。

八橋展示場の予約はこちらから

住宅ローンについて知る

私たち、インターデコハウス秋田(住広ホーム)ではまず住宅資金についてお客様のご要望をお聞きしながら計画を立てさせていただいています。

無理をしない住宅の資金計画をしっかりと行わせていただいています。資金計画と一言で言っても、住宅会社によって様々な考え方があるようです。

私たちはお客様が無理をして住宅ローンを組んで住宅を取得しても、将来家を手放すことになってしまったり、住宅ローンを支払っているが故に我慢をした暮らしをするのであれば、住宅購入をおすすめしていません。

住宅ローンは借入可能額と返済可能額という2つの視点で考えてお客様にご説明をしています。同じ年齢・同じ収入でもお客様によって住宅ローンの選択肢は変わってきます。

1家族ごとにご提案内容が異なってくるのが住宅ローンの資金計画ですので、私たちはここの部分に一番重点をおいてご説明をするようにしています。

住宅ローンなどのご相談についても随時承っていますのでよろしければこちらからご相談ください。

土地探しについて知る

住宅ローンについてしっかりと自分たちのことを知って納得をした上で、次は土地探しです。土地探しといってもなかなか自分たちの理想100%の土地が売りに出ることは少ないと考えてください。

土地情報はインターネットでも閲覧することができるので365日24時間誰かが見ています。新着情報で希望しているエリアで良さそうな土地情報が出てきたときに、すぐに決断できるようにしておくことが重要です。

そのためにも、自分たちが土地の購入費用にいくらまで予算を使うことができるかを予め知っておく必要があるのです。

プランや仕様について知る

自分たちが希望する土地がいつ出てきてもいいように、住宅のプランや仕様について知っていきます。どのくらいの部屋数が必要なのか。

どのくらいの大きさの家が必要なのか。インターデコハウスで建築される方の平均的な家の大きさは30坪〜34坪の3LDK〜4LDKが多いです。

どのテイストのデザインを選ぶかで推奨の部材なども変わってきます。壁の色や床の色、キッチンのタイルの色や大きさなど。

インターデコハウスを建築されるお客様が一番ワクワクするのが仕様を決めるインテリアコーディネートの時間です。

楽しんで家づくりをしていただくためにもワクワクしながら自分たちの家を決めていきたいですよね。

お客様によって流れは若干変わることはありますが、おおまかに私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)のお客様の家づくりの流れはこのような感じで進んでいきます。

私たちはお客様がしっかりと納得していただいた上で家づくりを進めていきたいと考えているので、ちょっとでも不安や不満があれば随時聞いていただくようにしています。

私たちもお客様が納得していただいているなと思って初めてご契約に進んでいきます。新築住宅を建てたい。そして北欧デザインを提供しているインターデコハウスに興味を持っていただいた方はぜひ一度私たちの展示場にお越しいただいたり資料請求をしてみてください。

注文住宅を建てる上での注意点

注文住宅を建てる上では注意点もあります。予め間取りや仕様が決まっている規格住宅や既に建っている建売住宅と違って、自分たちの意見がしっかりと反映された住宅が注文住宅です。

注文住宅のトラブルで一番多いのが「言った。言わない」といった内容です。インターネット検索で「注文住宅 トラブル」などと検索してもトラブルになってしまった事例が出てきます。

自分たちがどのような家に住みたいのか、どんな仕様にしたいのかはもちろんですが、仕様を決めていく中で自分たちの予算を越えないかどうかを注意深く知っていることが大切です。

営業の●●さんに言われたから予算を超えた。●●さんに言ったのに実際には違った。ということが不信感に変わっていきトラブルの原因となってしまいます。

このようなトラブルにならないようにするには、日頃から営業マンをはじめ家づくりに関わってくれるスタッフさんとのコミュニケーションが大切です。

また、記録に残すことや、自分たちの意見はちょっとでも我慢せずに話して聞いてみるようにすることが大切です。

ちょっとでも疑問に感じたことはしっかりと確認していくことが家づくりの成功の秘訣です。

まとめ

今回は、北欧風の住宅を注文住宅で建てる魅力という内容で、インターデコハウスのことや北欧住宅のこと。そして私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)の家づくりの流れをお伝えしてきました。

インターデコハウスは北欧・南欧・北米デザインの住宅ラインナップがあり、その中でも近年人気のある住宅が北欧デザインの住宅です。

北欧住宅を建てる方の多くは、北欧デザインのインテリアや雑貨を好む方が多く、本当に好きなものに囲まれて暮らしたい。という方が多くいらっしゃいます。

そのようなインターデコハウスを建てる流れとしてはまず、展示場にお越しいただき私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)がどのような想いで家づくりをしているかや、どのような流れで家づくりを進めていくかをお伝えしました。

新築住宅を建築したいけどまず何から始めたら良いかわからない。という方はぜひお気軽にご連絡いただければと思います。

展示場へのご予約はこちらから


最新の記事
カテゴリ
これまでの記事