TOP > 注文住宅コラム > 北欧住宅の外観を手に入れるには

注文住宅コラムColumn

北欧住宅

北欧住宅の外観を手に入れるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。
いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

夢の注文住宅を購入したいと考え始めると、自分たちが暮らすマイホームはどのような外観にしようかなと沢山の事例を調べますよね。

海外の住宅に憧れを持っている方は三角屋根の北欧・南欧・北米系の住宅デザインを沢山見られると思います。モダン系な住宅が良いなという方は、窓が正面にはあまり配置されていないような住宅デザインをたくさん見られるかも知れません。和風の住宅を好まれる方は、和風住宅を得意とする住宅会社を調べます。

このように、元々の好みによって住宅の外観デザインを調べる方法は変わってきます。

中でも私たちインターデコハウスがご提供している北欧・南欧・北米系の外観デザインの住宅を好まれる方には、小さな頃から輸入住宅デザインに憧れを持っていたという方が少なくありません。

自分たちが憧れている住宅の外観デザインを建築するために知っておいたほうが良いことがあります。今回は私たちが得意としている北欧住宅の外観デザインを手に入れる方法をお伝えしていきます。

北欧住宅の外観紹介

まずはインターデコハウスの北欧住宅の外観デザインをご紹介します。インターデコハウスでは主に2種類の北欧デザイン商品を展開しています。

ルオント」という商品と「ヘルミ」という商品です。それぞれの商品については商品ページも参考にしてみてください。

こちらの外観は「ヘルミ」という住宅商品です。こちらの外観はよく見てみると上下で外壁のサイディングを色分けして貼っています。

また、玄関ドア横の部分のサイディングの色も種類も違いますよね。基本的には3種類の外壁材を使用しています。

詳しくは後ほどお伝えさせていただきます。ヘルミという外観はできる限りシンプルに見せることを目的としてデザインされました。

輸入住宅といえば外観デザインが大変特徴的なイメージなので男性・女性で好みが分かれたりもします。このヘルミという商品は、男性からも女性からも人気の高いデザインとなっています。

外観がシンプルなデザインですが、その分内装を北欧カラーのデザインに仕上げることで玄関を開けた瞬間の印象が大きく変化します。

こちらの外観は「ルオント」という商品です。ルオントも先程のヘルミ同様外壁材を上下で貼り分けています。ルオントの特徴としては、外壁の色や材質を変えることで表情が大きく変化するという点です。

ヘルミよりも特徴的なデザインですが、こちらの外観デザインも男性・女性共に人気があり、ご検討されるお客様が多い外観デザインです。

こちらの商品も「ルオント」です。先程の写真と比べてみても表情(イメージ)が全然違いますよね。住宅のデザインは使用する外壁材の色や材質によっても変化しますが、建物の周囲の植栽などによっても大きく見え方に変化があります。

こちらの商品も「ルオント」です。どうでしょうか先にご紹介した2つの外観とも若干違いがありますが、インターデコハウスではデザインルールがありますので大きく表情が変わることはありません。

規格住宅ではなく注文住宅ですので、お住まいになるお客様のご要望ももちろん取り入れていますが、デザインルールに従いながらプランニングをすると、違う間取りでも外観デザインを大きく変えることなく建築することが可能なのです。

ここからは「ルオント」のバリエーションをご紹介します。ルオントでは大きく分けて3種類の外観バリエーションをご用意しています。

こちらの例はリビングとダイニングキッチンを廊下でつないでいるプランで、2階建て部分と1階建て部分に分かれているように見えますよね。

コの字型のプランになっているので、ウッドデッキなどを設けて中庭を作ることなどもできるプランです。ダイニングキッチンとリビングが分かれているので、生活空間を切り分けて過ごすことができます。

こちらの外観バリエーションは2階にバルコニーがあるプランです。海外の住宅デザインを建築してもやはり暮らしているのは日本でほとんどのお客様が日本のライフスタイルで生活されています。

そのため、バルコニーが必ず住宅には必要であるというお客様も多くいらっしゃいます。インターデコハウスの住宅は外観のデザインを大切にしていますので、バルコニーの設置場所やデザインも全体のデザインが崩れないように配慮しています。

こちらのバリエーションは最もポピュラーな外観デザインです。実際に土地探しなどをしていくと住宅を建築する土地の大きさも限られます。

そのため、総2階建ての注文住宅を建築される方が最も多くいらっしゃいます。総2階建てのプランだとコスト面も一番効率が良いのです。

総2階建てですがヘルミと違って正面に凹凸を出すことで表情を変化させています。このように外観のバリエーションが変わってもデザインルールがあり、大きくイメージを崩すことはありませんのでご安心ください。

屋根の特徴

上記でご紹介したインターデコハウスの北欧住宅の屋根材の特徴について解説します。インターデコハウスで採用している屋根材やニュージーランド産の屋根材です。

南欧デザインの住宅を建築する際は瓦風の屋根材、北欧デザインの住宅を建築する際は瓦風ではなく、平らなデザインの屋根材を使用しています。

インターデコハウスは北海道で生まれた住宅ですので、雪が積もっても耐えられるようになっています。特徴としては本物の瓦の1/7の重量であり、ジンカリウ鋼板という鉄板に天然石が吹き付けてありますので色落ちがありません。

さらに、地域の見解にもよりますが雪止金具が不要であったりもしますので、デザインを保つことが可能な材料です。

屋根材がの重量が軽いということは、家全体にかかる荷重負荷が軽くなりますので、地震の際にも瓦を使用した住宅よりも倒壊の心配が少なくて済みます。

また、色落ちがありませんので塗り替えなどのメンテナンスも不要です。一般的に使用される屋根材と比較すると価格は高いですが、インターデコハウスの標準仕様としてはこの屋根材を使用しています。

外壁の特徴

北欧デザインの住宅を建築するには北欧デザインの色使いの特徴を知っておくと良いと思います。「配色で決まる北欧コーディネート

北欧デザインの特徴としては「メインカラーとアクセントカラーを決めること」「グレイッシュカラーを使うこと」大きくはこの2点が特徴として挙げることができます。

北欧インテリアや雑貨小物などを見ても、シンプルなデザインでグレイッシュカラーを使ったもの若しくは大判の柄をアクセントとしているものなど見るだけで「北欧っぽいな」と感じるデザインが多いですよね?

インターデコハウスの外観デザインは、上下で外壁材を貼り分けています。色を変えるだけではなく違うデザインの外壁材を貼り分けたり、1階部分のみ塗り壁を採用したりというパターンもあります。

ただ、外観のデザイン自体は予め決まったデザインルールでプランニングされますので、前述している通り大きくデザインが崩れる心配はありません。

また、推奨カラーなどもご用意していますので、自分たちで配色をなかなか決めることができないというお客様にもご安心してお選びいただけるようになっています。

北欧住宅の外観を作るには

インターデコハウスの北欧デザイン住宅の外観を作るために気をつけなければいけないポイントがあります。それは、窓の位置や大きさです。

日本の住宅設計の多くは、間取りから決めていきます。その結果外観の窓の位置が上下階でずれていたり、窓の大きさが違ったりします。

これは、間取りで各部屋の大きさや使い勝手から決定していくので仕方のないことです。インターデコハウスのプランニングはもちろん間取りや使い勝手も考慮しますが、間取りをプランニングした際にどんな外観になるのかも気にかけながらプランニングします。

ただ、4面ともすべて窓の位置やサイズを揃えることは難しいので、最低限玄関ドアのある正面部分に関しては玄関ドアの位置、窓の位置、窓の大きさなどを揃えて美しいデザインを確保するようにしています。

外観のデザイン自体は予め推奨のデザインをご用意していますので、配色などを考えていただき私たちがお客様と打ち合わせさせていただいた間取りから外観もきちんとデザインが崩れないように調整をしてご提案させていただいております。

どのような暮らしをしたいかどんな間取りが良いかをご自由にお話していただければ、できる限りお客様のご要望に添える外観デザインをご提案致します。ご相談いただければと思います。

まとめ

今回は、私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)がご提供している北欧住宅の外観を手に入れる方法を解説してきました。

インターデコハウスの外観デザインは、プランニングのデザインルールが存在しています。その上で窓の位置や大きさなどを整えることでデザインを崩さずに美しいデザインを保つことが可能です。

インターデコハウスの住宅の特徴の一つとして挙げられるのが外観デザインです。この外観デザインが崩れてしまうと、インターデコハウスらしさが消えてしまうといっても過言ではありません。

北欧デザインの外観を手に入れるためにはデザインルールと配色などに気をつければお気に入りの北欧住宅を手に入れることが可能です。

私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)では、外観デザインのことなども詳しくご説明させていただく、家づくりはじめの一歩セミナーを開催しています。

併せて家づくりに関して不明な土地探しや住宅ローンについていつでも無料でご相談いただけます。

会社の横に住宅展示場もありますので、実際に使用する部材などを見ながらご相談することがかのうですのでぜひ一度無料相談会に来てみてください。

新築住宅を建築したいけどまず何から始めたら良いかわからない。という方はぜひお気軽にご連絡いただければと思います。

無料相談会へのご予約はこちらから


最新の記事
カテゴリ
これまでの記事