TOP > 注文住宅コラム > 理想にぴったり、アイランドキッチンにこだわった住宅

注文住宅コラムColumn

レイズ

理想にぴったり、アイランドキッチンにこだわった住宅

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。
いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

新築住宅での新しい生活を想像してみてください。設計士と一緒に自分たちの理想の間取りを考えていく中で、近年は暮らしやすさや生活動線を考慮した間取りが多くなっています。

その中でも、キッチンはアイランド型や対面型のスタイルが多くなっています。築30年くらいの住宅であれば、キッチンは壁付けで家事をしているお母さんはリビングで過ごしているお子様たちを背中で感じることが多かったですよね。

また、お子様がお手伝いをできるような年頃になってくると一緒にキッチンに立って料理をすることも増えてくるかと思います。

その際、現在賃貸住宅で暮らしているとキッチンスペースは狭くて一緒にお子様と並んで立つことも難しいと感じませんか?

さらに、キッチンそのものが狭くて調理台スペースが小さかったり、シンク部分が狭かったり。1日に何度もキッチンに立つ方であればわかると思いますが、キッチンスペースって重要ですよね。

キッチンスペースが広々としていて食器や調理器具などもキレイに収納ができて、来客があったさいに見られても恥ずかしくないようにしておきたいものですよね。

今回は、アイランド型キッチンの住宅プランについて深掘りしていきたいと思います。

そもそもアイランドキッチンって?

アイランドキッチンとは、今回の記事の一番上にあった写真のように、一方が壁に面していない独立したキッチンのことをいいます。

インターデコハウスのキッチンの多くはアイランドキッチンまたは一面が壁に面している対面型キッチンのプランがほとんどです。

インターデコハウスのアイランドキッチンと対面キッチンの実際の事例を見ていきましょう。

こちらの写真はアイランドキッチンで、背面(壁面)にIH調理器と調理スペースを広々と確保しています。

天板はよく見てみるとわかるのですがタイル天板になっています。壁面なので窓の位置をうまく利用して収納棚や引き出しを設置しています。

水栓とシンクはダイニング側に持ってきて、アイランド型にデザインされているのです。見ての通り独立していますの、でどの面からも移動したり同時に作業することが可能ですよね。

この住宅はレイズ」という北米テイストの住宅デザインのキッチンです。ステンレス天板を使って雰囲気を演出しつつ、3方は板材で飾り付けしているので全体とのコーディネートバランスもよく違和感がないですよね。

水栓とシンクスペースの天板はステンレス製で、簡単に食事ができるように天板の奥行きを広げてあります。また、リビングスペースとの仕切りを木で造作しております。

造作の木の仕切りも古材をアレンジしているので雰囲気がでていますよね。インターデコハウスのキッチンはこのように造作するのでオンリーワンのオリジナルキッチンを作ることができるので女性から人気のポイントになっています。

こちらは「スパニッシュ」というデザインの住宅のキッチンです。アイランドキッチンの横スペースにダイニングテーブルを設置するスペースがあり、この写真を撮影している位置がリビングスペースになります。

見ての通りシンク部分は独立型になっているためシンク周りは自由に動けるので同時作業が出来ますし、キッチンスペースが広々しているため大人2人でキッチンに立ってもぶつかったりすることがなく楽しく料理を作ることが出来ますね。

こちらはルオントという住宅デザインのキッチンになります。壁付けの対面型なのですが対面側はカウンターになっているため、カフェ風のハイスツールなどを設置してお酒を飲んだりくつろぐことができます。

また、キッチンと同じ高さでキッチン天板の延長線となるようにダイニングテーブルを設置することで、キッチン天板が横に長く、料理をしてそのまますぐに配膳することも可能になりますよね。

このようなスタイルもおすすめです。

こちらはインターデコハウスに多い対面型キッチンです。背面に食器棚(カップボード)や冷蔵庫置場があり、対面側にシンクや調理器があるパターンです。

この時、天板部分を伸ばしてカウンターにする方や、マンションなどでよくあるダイニング側の天板部分を高くして天板をL型にする方もいらっしゃいます。

実際に自分たちの暮らし方や生活スタイルに合わせたキッチンの形を選んでみてはいかがでしょうか?

キッチンのスペースはだいたい5帖くらいのスペースを用意すると、大人2人が余裕で立てたりすれ違うことが可能な広さを確保することが出来ます。

新築住宅を検討されている方の多くは、キッチンが狭いという声もありますのでキッチンが広々するだけでも毎日の料理が楽しくなること間違いなしです。

ダイニングに開けているから家族との会話も弾む

インターデコハウスのキッチンはオリジナルキッチンですのでこちらの写真のように、天板の奥行きを伸ばしてカウンターにすることが出来ます。

ちょっとした軽食やお子様のおやつの時間などはカウンターで済ませて、家族団らんの時間はダイニングテーブルを囲んでというスタイルが多いですね。

どうしても家の大きさには限度があります。ですので、当初はお酒や軽食のためにとデザインしたカウンターも、家族が増えるとダイニングスペースを圧迫してしまい、カウンターを利用することが難しくなってしまうケースもあります。

アイランド型キッチンや対面型キッチンを採用する場合は、予めどのようなダイニングテーブルを設置したいかということも視野に入れてお打ち合わせをすることをおすすめします。

せっかくこだわって設計してもらったのに、家具を設置すると使いにくくなってしまった。という間取りの失敗はしたくないですよね。

視線の先に観葉植物を入れてリラックス効果

キッチンから見える視線の先にあるリビングスペースにはグリーン(観葉植物)があると心地が良くなります。グリーンを置いておくとしっかりと育てなければいけませんし、家の中を整理整頓してキレイに飾るということを意識するようになります。

お子様が小さいうちは、おもちゃや絵本を片付けては散らかっての繰り返しになりますよね。お子様が元気な証拠ではありますが、毎日の生活で整理整頓された部屋を見渡すのと散らかった部屋を見渡すのでは大きく気持ちが変わってきますよね。

リラックス効果のあるグリーン(観葉植物)をキッチンから見える視線の先に配置するのがおすすめです。

趣味のアイテムは見せる収納で格好良く

キッチンについてお伝えしてきましたが、こだわっているポイントはキッチンだけではないと思います。今回ご紹介している「レイズ」というデザインの住宅に暮らすお客様は趣味もしっかりと間取りの中に取り入れているのでご紹介します。

こちらのお客様の趣味は釣りです。中でもルアーフィッシングが趣味のお客様でした。玄関のポーチ部分にフリースペースを設けて趣味スペースにしました。

大切にしているルアーをケースに収納しておくだけではなく、壁面にDIYをして有孔ボードを設置し、数あるルアーをお店のようにディスプレイしています。

ルアーって釣りをしたことがある人であればわかると思いますが、狙う魚や天気などによって種類や色・デザインを変えますよね。

その度にちょっとずつ増えていってしまいます。しかも毎回全てを持ち運ぶわけではないので、毎回狙う魚によってどれにしようか選ぶ楽しみもこのようにディスプレイしているとワクワクしますよね。

家づくりは住宅会社が建築工事をしますが、住んだあとにお客様がどのように育てていくかということが醍醐味ではないかと私たちは考えています。

もともとはDIYなんてしたことがなかったというお客様でも新築住宅で暮らし始めてこのようにDIYをされる方もいらっしゃいます。

まとめ

今回は、アイランドキッチンにこだわった住宅のご紹介をしてきました。今回ご紹介したおうちは「レイズ」という北米デザインの住宅でした。

文中でご紹介しきれなかった写真はこちらの事例ページでご覧いただけます。

アイランド型キッチンや対面型キッチンはほとんどのインターデコハウスのお客様が採用しているスタイルです。

アイランド型や対面型にすることでお子様と一緒に料理をすることができるようになったり、狭くて大人2人がキッチンに立つことが不可能であるということなどが解消されます。

また、リビングで遊んでいるお子様を料理をしながら見守ることもできますよね。一昔前までは料理をしているお母さんだけが孤立してしまっているというご家庭が多かったと思います。

インターデコハウスで暮らすお客様は様々なポイントにこだわりをもって家づくりをされています。暮らしを楽しむための工夫が至る所に現れるのがインターデコハウスのお客様です。

そんなインターデコハウスで実際に建てたお客様の事例なども私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)の展示場にお越しいただければお話させていただくことが可能です。

私たちインターデコハウス秋田がご提供している建物は決して手の届かない住宅ではありません。ただし、建築する土地や建物の仕様などによって総額が高くもなりますし、手頃にもなり得ます。

建物だけの価格を知っても前に進むことができません。家づくりを検討されるのであれば、まずは自分たちの総予算を知ることから始めてみてください。

自分たちの総予算を知っておけば、土地や建物のにかけられる予算も知ることができますので決断しやすくなります。

私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)では家づくりはじめの一歩セミナーを開催しています。家づくりに関して不明な土地探しや住宅ローンについていつでも無料でご相談いただけます。

会社の横に住宅展示場もあり、実際に使用する部材などを見ながらご相談することが可能ですのでぜひ一度無料相談会に来てみてください。

新築住宅を建築したいけどまず何から始めたら良いかわからない。という方はぜひお気軽にご連絡いただければと思います。

展示場へのご予約はこちらから


最新の記事
カテゴリ
これまでの記事