TOP > 注文住宅コラム > キッチンとダイニングが一体になった、タイルカウンターが特徴的な住宅

注文住宅コラムColumn

グリューネ

キッチンとダイニングが一体になった、タイルカウンターが特徴的な住宅

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。
いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

こちらの写真のようにキッチンとダイニングスペースが一体化している間取りはどうですか?よくあるキッチンカウンターではなく、オリジナル性の高いキッチンですよね。

このようにキッチンのカウンター部分を自由な形にできるのは、インターデコハウスのキッチンがオリジナルキッチンだからです。

今回は、こちらのキッチンとダイニングが一体になったタイルカウンターが特徴的なおうちの事例をご紹介します。

一体化で生まれる開放感

一番最初に見てもらったタイルキッチンですが、カウンター部分が一般的なカウンターより広くダイニングテーブルとしての役割も担っています。

こちらのお客様のおうちにはダイニングテーブルを設置していません。お食事はこのカウンターでするのです。ダイニングテーブルがないことによって、家全体の開放感が増します。

カウンター付きのキッチン+ダイニングテーブルを使用しているご家庭でよく聞くのが、カウンター部分が物置スペースになってしまっている、という内容です。

もともとはちょっとした食事をとったりしたいなと思ってカウンターを造作してもらったけど、実際暮らし始めるとキッチン付近で作業をしたり食事をする際には、ダイニングテーブルの方が広々としていて利用されやすいようです。

物を置くスペースとなりがちなカウンターですが、いっそのことカウンターのみで暮らそうと考えたのがこちらのお客様でした。

ダイニングテーブルを置いていないのでリビングダイニングキッチンがある1階部分はとても開放的になり、お子様が元気いっぱいに走り回ることもできちゃいます。

キッチンから広がるコミュニケーション

キッチンの先に広がる空間に家族がいる。当たり前のようですが家族が集いやすいリビングの作り方もあるんですよ。

キッチンで料理をするのが多いのがやはり女性ですよね。以前「理想にぴったり、アイランドキッチンにこだわった住宅」という記事でもご紹介しましたが、料理をしているときに家族を感じられるほうがよいですよね。

お子様とご主人がリビングで楽しく過ごしている間に、ご飯を奥さんが作る。こんな光景ってよくありませんか?

リビングとキッチンが離れているとどんなことで盛り上がっているのかがわからなくて、ちょっと寂しい気持ちになったりもします。

また、お子様が遊んでいたり眠っていたり勉強をしていたりするところを見ていてあげなければいけないのにキッチンとリビングが離れていると見てあげることが出来なかったりもします。

家族とコミュニケーションを取りやすい空間になっているかというのが新築住宅を購入する際には重要だと私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)は考えます。

家族の存在を感じて暮らす

キッチンで食事をすることができるほど広いカウンターですので、ご夫婦同士やお子様と一緒に料理を作ることも可能ですし、料理をしながら家族団らんでの食事をとることもできますよね。

こちらのおうちはリビングから続くオープン階段で階段の下はお子様の秘密基地のようですね。キッチン・リビングそして吹き抜けや階段から続く2階の部屋まで家中どこにいても声が届くようになっています。

キッチンスペースだけを開放的にするのではなく、家全体を開放的にすることによって家族のコミュニケーションを上手にとることができる間取りになっていますね。

家のどこに家族がいるのかわからないような、間取りにはしたくないですよね?家族のコミュニケーションがますますよくなる間取りで新築住宅を購入したいですよね。

間取りの考え方は様々ですので、お客様が新築住宅を購入してどのような暮らしをしたいかということを是非私どもにお話してください。

十分な収納スペース

家族の荷物をきちんと整理収納できる十分な収納スペースは必ず必要ですよね。新築住宅を購入して引っ越しをする際にはある程度荷物を整理して不要なものを処分することをおすすめします。

また、収納スペースを考える際にも自分たちが収納しやすい且つ取り出しやすいように棚を作ってもらったり、既に所有している収納ボックスなどを置くスペースが確保されるかということを事前に確認しておく必要があります。

収納が苦手な人もいます。予め棚板やステンレスパイプを設置しても収納スペースいっぱいに荷物を詰め込んでしまったり、どこに何を収納しているかがわからなくなってしまう人もいるようです。

現在はSNSが発達していますので、Instagramなどで「#収納術」「#収納アイディア」などとハッシュタグ検索をしてみると、工夫された収納方法などが実際に暮らしている人の目線で投稿されています。

季節ごとに分けるだけではなく、きちんとラベルを貼るなどなかなか途中からやるには大変かもしれませんが、最初からそのように収納すると決めておけばそこまで大変ではないと思います。

家全体の大きさや部屋数によって収納スペースの数や広さも変わってきます。自分たちの生活スタイルなどをしっかりと考慮して十分な収納スペースを確保できるようなプランを考えることが重要です。

こちらはシューズクローゼットの写真です。玄関から続いている天井までの収納スペースです。奥の方にハンガーがかかっているのがわかりますか?

雨で濡れてしまったジャケットや雪で濡れてしまったコートを掛けておくことも可能です。このような見える収納の場合は、収納方法にもこだわったほうがよいでしょう。

玄関は外部の方から最も見えるスペースです。家族や友人だけではなく、宅配便のドライバーや近所の回覧板を持ってきてくれた人。家に訪れてくる人が必ず見る空間ですので、このようなオープンなシューズクローゼットを作る場合は収納方法も重要になってきます。

材質の統一感が落ち着きを生む

こちらは洗面化粧台のスペースです。キッチンと同じ扉面材を使い、ブルー系のタイルで色を整えています。壁には実は板材を貼っているように見えますがこの壁はビニールクロス(壁紙)です。

木目調のクロスがありますのでイメージを統一したりということが可能です。

こちらのトイレでも、先程の洗面化粧台と同じクロスを使用しています。また、扉もブルー系に塗装しています。

家全体が木目調+ブルー系で統一されています。全て同じ物をつかうのではなく、質感や素材感を統一することでおしゃれなインターデコハウスが完成します。

この写真は先程ご紹介したシューズクローゼットの反対面です。全身鏡のフレームがブルーで塗装されています。枠がブルーなので隣の扉はホワイトで塗装されています。

これが同じブルーで統一されていると、同色同士が主張してきます。ここでは鏡に目がいきやすくなっていますがホワイトのヴィンテージ塗装を施した扉がさりげなくありしっかりとコーディネートされています。

このように、新築住宅を建築する場合は、家全体のテーマや使用する建材の色や素材などを統一していくことで、落ち着く空間を作り上げることができるのです。

まとめ

今回は、キッチンとダイニングが一体になったタイルカウンターが特徴的な住宅についてご紹介してきました。今回ご紹介したおうちはグリューネというデザインの住宅です。

ご紹介しきれなかった写真はこちらの実例をご覧ください。

キッチンとダイニングが一体になっているようなキッチンを作ることができるのはインターデコハウスのキッチンがオリジナルキッチンであり、天板を大工さんが造作する仕様が標準だからです。

若干割高になりますが、推奨パターンの天板の大きさを変更することはできますので事前にご相談いただければと思います。

また、何度かお伝えしている通り、家全体のインテリアテーマを決めて色のトーンや質感などを揃えることでリラックスして落ち着く空間を作り上げることが可能になります。

リラックスして落ち着ける空間ということは、家族のコミュニケーションも今まで以上にとりやすくなるかもしれませんよね。

インターデコハウスで暮らすお客様は様々なポイントにこだわりをもって家づくりをされています。暮らしを楽しむための工夫が至る所に現れるのがインターデコハウスのお客様です。

そんなインターデコハウスで実際に建てたお客様の事例なども私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)の展示場にお越しいただければお話させていただくことが可能です。

私たちインターデコハウス秋田がご提供している建物は決して手の届かない住宅ではありません。ただし、建築する土地や建物の仕様などによって総額が高くもなりますし、手頃にもなり得ます。

建物だけの価格を知っても前に進むことができません。家づくりを検討されるのであれば、まずは自分たちの総予算を知ることから始めてみてください。

自分たちの総予算を知っておけば、土地や建物のにかけられる予算も知ることができますので決断しやすくなります。

私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)では家づくりはじめの一歩セミナーを開催しています。家づくりに関して不明な土地探しや住宅ローンについていつでも無料でご相談いただけます。

会社の横に住宅展示場があり、実際に使用する部材などを見ながらご相談することが可能ですのでぜひ一度無料相談会に来てみてください。

新築住宅を建築したいけどまず何から始めたら良いかわからない。という方はぜひお気軽にご連絡いただければと思います。

展示場へのご予約はこちらから


最新の記事
カテゴリ
これまでの記事