TOP > 注文住宅コラム > 注文住宅の購入費用ってどれくらい?一般的な相場、教えます。

注文住宅コラムColumn

注文住宅

注文住宅の購入費用ってどれくらい?一般的な相場、教えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。
いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

マイホームの購入検討をはじめたとき、そもそも注文住宅の購入費用ってどのくらいが相場なのかな?と考えることってありませんか?

新築建売住宅や中古戸建住宅のチラシや広告を目にする機会も増えてくると思いますが、1,000万円台の物件や2,000万円台の物件、3,000万円を超える物件など様々ですよね。

では、自分たちが望んでいる仕様の建物はいったいいくらになるのでしょうか。また、価格だけを見て「高い」「ちょうどいい」「安い」という判断をされる方がいらっしゃいますが、何と比較をして価格の判断をされていますか?

注文住宅の購入費用を検討する場合は、まず自分たちの資金計画をしっかりとしておくことが最重要です。今回は注文住宅の購入費用の一般的な相場や予算の立て方についてご説明していきます。

一般的な注文住宅価格

注文住宅価格に関しては「相場」と言われるような標準的な価格はないと言ったほうが良いと思います。理由としてはそれぞれの住宅会社で建物の仕様や性能が違うため、同じ間取りで同じ大きさの建物を建てても価格が同じにならないからです。

また、住宅会社が使用する建築資材の仕入れ価格も同じメーカーで同じ商品であっても違います。さらに、お客様への販売価格の考え方もそれぞれの住宅会社で違いがあるのです。

なので、まず知っておいてほしいのは「注文住宅の場合は価格だけで判断をしない」ということがポイントなのです。

「注文住宅の場合は」という表現を使用したのには理由があります。お客様によって住宅を購入する優先順位が異なってくるのですが、価格よりも優先したいことがあるお客様もいらっしゃいます。

一番多い理由が立地でしょうか。総予算が100万円変わっても立地を優先したいというお客様もいらっしゃいます。

わかりやすい事例が建売住宅です。建売住宅は立地を重視して住宅会社や不動産会社がお客様がいない状態で建築をします。

これは、必ず売れるという立地や価格設定をしているので建ててから売るという事業なのです。建てても売れなければ住宅会社が費用を持ち出したままになってしまうので早く売りたいというのが住宅会社の気持ちなんです。

注文住宅の価格も様々です。私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)の場合は建物でいうと1,000万台後半から2,000万台中盤くらいの建物をご建築される方が比較的多いですかね。

価格帯によって若干特徴があるのでご紹介します。

1,000万円台の家

規格住宅と呼ばれる住宅であることが多いです。予め決まった間取りの中から自分の気に入った間取りを選んで、仕様も予め決まったものの中から色だけを選ぶというような家づくりです。

価格重視の場合、間取りも仕様も決まっている中から選んでいくことでわかりやすく予算内に納めることができます。建売住宅などはこの価格帯の物件が多いかもしれませんね。

もう少しここを変えたい。これを追加したい。もっと部屋を大きくしたい。といような要望ももちろんありますが、基本的にはこのような要望を加えていくと予算を超えてしまうケースが多いかと思います。

私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)でも予め決まった間取りの中からお選びいただける商品もご用意はしています。

2,000万円台の家

比較的一番多いのではないかと思います。ある程度の大きさ30坪〜36坪くらいまでの大きさで、1,000万円台の仕様よりは良い仕様で、見劣りしない住宅を建築することができると思います。

価格幅はもちろんありますので、できる仕様とできない仕様はありますが、インターデコハウスの場合は外観を選んでいただいて内装を選んでいくので、予め標準的な仕様は決まっていますが、仕様グレードでいうと注文住宅の中ではしっかりとした仕様です。

インターデコハウスの場合、無垢の床や塗り壁、タイルキッチンなども標準仕様となっています。他社ではオプション扱いになっていることが多いと聞きましたので、自信をもっておすすめすることができます。

3,000万円台の家

比較的なんでもできますね。3,000万円台の注文住宅になるとある程度の大きさで夢がしっかりと叶う注文住宅を建築することができると思います。

インターデコハウスの例でいうと、建物の大きさが大きくなると3,000万円台になるケースが多いですね。標準仕様の建材をグレードアップしたり、部屋の大きさを全体的に大きくしたりと比較的妥協しないで夢を叶えることができるのではないでしょうか。

4,000万円台の家

30坪台の一般的な家というよりは二世帯住宅など大きな住宅の場合このくらいの費用になる方もいらっしゃいます。単世帯の住宅であれば余裕がありすぎる価格です。

インターデコハウスで注文住宅を建築していただくお客様の多くは30坪〜36坪くらいの大きさの住宅が多く、建物価格は1,900万円〜2,500万円くらいが比較的多いです。

費用の内訳

次に知っておいてほしい内容として、注文住宅の費用の内訳があります。下記の図をご覧ください。

注文住宅を購入するときにかかる費用は大きく分けて3種類あります。「土地」「建物」「諸費用」の3種類です。土地についてはご希望の地域や大きさによって価格は変動します。こちらは後日改めてお話させてください。

「建物価格(本体工事費)」と呼ばれる費用については図のように大きく3つの費用に分けることができるのです。

本体工事費

基礎・屋根・外壁・建具・内装など建物本体をつくる工事に関わる費用のことで建物価格のおおよそ70〜80%を占めます。

付帯工事費

上記の本体工事費以外の全ての工事にかかる費用のことをいいます。例えば解体工事、地盤改良工事、電気・ガス・水道の引き込み工事、外構工事などが該当します。図ののように、総額の15〜20%を占めます。

諸費用

契約手続きに必要な登記などにかかる費用・税金・保証料・団体信用生命保険料・火災保険料などが該当します。こちらは全体の5〜10%であることが多いです。

このように建物の費用というのはそれぞれどんな工事にいくらかかるかが明確になっています。価格が大きな住宅ですので、しっかりと費用の中にどんな項目が含まれているかを知っておいたほうが良いですね。

予算の立て方

次に予算の立て方について簡単にご説明をいたします。住宅の予算配分についてはこちらの図のように土地・建物・諸費用のバランスを調整します。

住みたいエリア(土地)が決まっている場合、土地の価格は決まってしまいますよね。さらに、建物の大きさも希望の仕様と大きさであれば概算で金額を出すことは可能です。

また、諸費用もだいたいかかってくる金額が決まっていますので、すべての要望を叶えようとすると総費用でどのくらい必要になるか。ということがわかります。

その上で、お客様の実際の資金計画を立てていきます。以前「住宅ローンと教育費用はバランスが大事!?」という記事でもご紹介しましたが、資金計画をしていくにあたっては、家計とのバランスが重要になってきます。

私がお客様の資金計画をさせていただくときは、住宅の予算配分だけではなくその費用を月々無理なく返済していくことができるのかという点を注意して資金計画をさせていただいています。

上の図の予算配分だけを調整するのであれば、どの住宅会社の営業マンも普通に行っていると思います。実際私も営業を始めた頃はそれに近かったです。

お客様から「予算はだいたい2,500万円で」という要望を伝えられてその金額に収まるように土地を探して、建物の大きさなどを調整して金額を調整する。これって資金計画なのかな?と考えるようになりました。

そもそもお客様からの「予算はだいたい2,500万円で」という予算要望は正しいのか。根拠は何なんだろう。と考えるようになりました。

その結果、ファイナンシャルプランナーの資格を取得し、ファイナンシャルプランナーの目線でお客様の資金計画をさせていただくようになりました。

まだ家づくりを始めたばかりで、どの住宅会社で家づくりを進めていくかも決まっていないお客様が多くいらっしゃいます。

予算の立て方・資金計画・土地選び・建物の相談など当社で家づくりを進めていただけると大変ありがたいですが、お客様の家づくりの一歩を私たちの家づくりセミナーからはじめてみることもおすすめさせていただいています。

セミナーを聞いたからと言って、当社で家づくりを必ずしもしなければいけないというわけではありませんのでご安心ください。

まとめ

今回は、注文住宅の購入費用ってどれくらい?一般的な相場、教えます。というタイトルで注文住宅の価格の相場の考え方や予算の立て方、資金計画についてをご説明させていただきました。

当社の見学会や家づくりセミナーに参加されるかたのおおよそ7割は家づくりを今日からはじめました。という方が多くいらっしゃいます。

そのお客様たちに一番慎重且つていねいにお伝えさせていただいているのはやはり「お金」についてです。お金についての不安が残ったまま家づくりを進めたくはないですよね。

私であれば、お金のことをしっかりと納得してこれなら自分たちでも家づくりを進めていくことができる。ということがわからなければ不安で進められないなと思います。

私たちインターデコハウス秋田がご提供している建物は決して手の届かない住宅ではありません。ただし、建築する土地や建物の仕様などによって総額が高くもなりますし、手頃にもなります。

建物だけの価格を知っても前に進むことができません。家づくりを検討されるのであれば、まずは自分たちの総予算を知ることから始めてみてください。

自分たちの総予算を知っておけば、土地や建物のにかけられる予算も知ることができますので決断しやすくなります。

私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)では家づくりはじめの一歩セミナーを開催しています。家づくりに関して不明な土地探しや住宅ローンについていつでも無料でご相談いただけます。

会社の横に住宅展示場もありますので、実際に使用する部材などを見ながらご相談することがかのうですのでぜひ一度無料相談会に来てみてください。

新築住宅を建築したいけどまず何から始めたら良いかわからない。という方はぜひお気軽にご連絡いただければと思います。

展示場へのご予約はこちらから