TOP > 注文住宅コラム > 成功例と失敗例から学べる理想的なマイホーム探し

注文住宅コラムColumn

注文住宅

成功例と失敗例から学べる理想的なマイホーム探し

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。
いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

マイホームづくりには失敗もあれば成功したと思えることもたくさんあります。ネットで検索しても様々な事例が紹介されていますが、先輩オーナー様の実際の体験による事例はとても参考になりますよね。

今回は、そうした成功例をご紹介しながら、成功の秘訣を探っていきたいと思いますので、ぜひ今後のマイホームづくりの参考にしてみてください。

マイホームを建てる上での成功とは

まず、マイホームを建てる上での成功とはどういったことなのでしょうか。一番はこれまでの暮らしにおける不具合が解消されて、ストレスなく快適で心地よい暮らしが送れることではないでしょうか。

例えば、「迷ったけど、これを設置して正解だった」とか「とても使い勝手がよく、家事動線が効率的になった」とか「こだわったこの部分がとっても気に入っている」などといったことを感じられていれば成功!と言えますよね。

総じて、憧れていた理想の暮らしを実現でき、「この家が大好き!」と満足できていれば、これは間違いなく成功です。

では、具体的にどういった点で成功したと思われているのか、いくつか項目に分けて見ていきましょう。

間取りの成功例

間取りは家の良し悪しを決める上で、とても重要な要素の一つです。日々の暮らしやすさに直結するものですから、間取りでの失敗は避けたいものです。成功のポイントは快適に暮らせているかどうかという点です。

■無駄な経路を無くした回遊動線

例えば、玄関ホール→リビング→キッチン→洗面室→玄関ホールといった流れで行き止まりがなく、一回りできる動線を回遊動線と言います。無駄な経路を無くして、最短の経路を選べるので、家事が効率良くスムーズに行えます。

■アイランドキッチン

広くて開放的なアイランドキッチンは動きやすく、子どもにも目が届きやすいので安心して料理や片づけができます。特に小さいお子さんがいらっしゃる家庭では、子どもの様子を見ながら家事ができるというのは大事なポイントですよね。

オープンで動きやすいので、ご主人やお子さんもお手伝いしやすく、夫婦や親子でお料理を楽しむというご家庭も多く見受けられます。

ただし、アイランドキッチンはリビング・ダイニングから丸見えになりますから、常にキレイにしておかないと煩雑さが目につきやすくなります。逆にオープンだからこそキレイにしておけるという方もいらっしゃると思いますので良し悪しは人によりますね。

■吹き抜け

インターデコハウスのお客様でもリビング・ダイニングを吹き抜けにされる方は多いです。2階にいるお子さんの様子がわかるなどコミュニケーションツールになっていたり、窓を付けて採光で室内を明るくしたり、開放感を味わったりすることができます。


吹き抜けについては、冷暖房が効きづらく光熱費がかさみやすいことがデメリットと言われる場合もありますので、そうした点も認識した上で検討してみてください。

■書斎・趣味部屋

快適に暮らすために、自分だけの好きな時間を過ごせる書斎や趣味部屋を設ける方もいらっしゃいます。

家の中にお気に入りの場所があると出掛けたくなくなり、家で過ごす時間が増えますよね。これもまた、マイホームが好きになるポイントと言えるでしょう。

インタ―デコハウスで建てられたお客様は特にこうしたスペースを設けられ、趣味や自分の時間をちゃんと楽しんでいらっしゃる方が多いように思います。

また、マイホームに住むようになってからガーデニングやDIYなどの趣味が増えたとおっしゃる方も多くいらっしゃいます

間取りを考える上で失敗しないためのポイントや生活動線の重要性については、下の記事で事例を交えながら説明していますので、そちらも参考にしてみてください。

収納の成功例

収納については、失敗例でもよく話題に上がってくる項目です。例えば、収納スペースと収納するモノの量が合わなかったり、幅や奥行のサイズで出し入れし難いといったケースが多いようです。

収納スペースを作る時には、どこに何を収納するのか使い勝手をしっかりと考えて、実際に使っている場面を具体的にイメージしながら配置や大きさなどを決めるようにしましょう

■よくいる場所に、よく使うモノの専用収納スペースを設ける

例えば、リビングに掃除機や掃除道具、アイロン台を入れる専用収納スペースを作ったり、キッチンの近くに食品庫を作ると使い勝手がよく便利です。掃除機の置き場所を見落としがちというのは、間取りの失敗の一例としてもあがっています

食品庫はレトルト食品やソース類、缶詰など冷蔵庫に入れる必要のないものや食材や飲料のストックなどを入れておけるのでキッチン回りがすっきり片づけられます。

_97A3348.jpg

■シューズクローゼットを設ける

靴が散乱しやすい玄関の横にシューズクローゼットがあると家族分の靴をまとめて収納できるので、玄関が片付いて広くすっきりした印象になります。

ウォークインになっていたり、土間スペースが広いとベビーカーや自転車、ゴルフバックやスノーボード、工具類といった趣味のもの収納することができます。

シューズクローゼットにハンガーを掛けられるスペースがあると、帰宅後すぐに上着を脱いで掛けておけるので外出する時にも便利ですね。

設備の成功例

配線・コンセントやスイッチの場所に関する失敗談は多く目にします。一番は、必要な場所に足りてなくて困ったというケースです。

コンセントやスイッチは使用頻度が高い分、動線とも密接に関わってきますので、生活動線をしっかりとイメージした上で配置や数を決めなくてはなりません。

間取り図に家具や家電の配置を書きこみながら、生活動線と合わせて具体的にイメージしていくと必要な場所や数の予測が立てやすくなりますので、おすすめです。この時、ドアの開閉にも注意しておきましょう。

テレビの配線コードやインターネット回線のLANケーブルについても忘れないようにチェックしておきましょう。こちらも間取り図に書き込んでしまえば見落とさずに済みます。

あとは、家族構成や予算にもよりますが、トイレを1階2階両方に配置したり、洗面カウンターやミラーを大きくしたり、洗面ボウルをダブルにすることで朝の混雑を解消することができます。

成功する為に(後悔しない為に)大事なこと

間取り、収納、設備での成功例の一部をご紹介してきましたが、こうした成功例や失敗例などから学べることは、「住んでからの暮らしをいかに具体的にイメージできるか」が大きなポイントになるということです。

実際に住んでみてから不便に感じる点は出てくると思います。ですが、その部分を事前に見つけて解消することができていれば、生活する上でのストレスは回避できます。

図面上では見落としやすい細かいチェックポイントは多くありますので、そこでの生活の様子を、できれば1日の流れで動線を確認しながら、図面に書き込むなどして具体的にシミュレーションしてみることをおすすめします。

また、あってよかったものもあれば、なくてもよかったものというものもあるかもしれません。上の成功例で紹介したものが全ての人にとって成功と言えるわけではなく、人によって必要とされるものは異なります。

ですから、自分たちにとって快適で心地よい暮らしを送るために必要なものは何か、というのもしっかり考えて、優先順位をしっかりつけておくというのも重要なポイントになります

まとめ

今回は成功例や失敗例から学ぶ理想的なマイホームについてお伝えしました。大切なのは、「マイホームでの暮らしを具体的にイメージすること」「優先順位を決めること」。そして、何を成功、失敗と感じるかは人それぞれですから、自分たちの生活スタイルに照らし合わせて考えることが大切です

どんな家でどんな暮らしがしたいのか、要望を事前にしっかりとまとめて、住宅会社に伝えましょう。注文住宅の場合は特に要望や想いをしっかり共有することが大切ですから、話をちゃんと聞いてくれる会社を選ぶようにしてください。

住宅会社と円滑なコミュニケーションがとれるかどうかも成功を左右する大きなポイントになります。

はじめての家づくりでは、わからないことだらけで不安もたくさんあると思います。私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)では、そんなお客様一人一人の声に耳を傾け、安心して家づくりをしてもらえるように納得されるまでしっかりお話させていただきます。

気軽にご相談いただけるように無料での家づくり相談会を開催しています。これまでにもオーナー様をはじめ、多くのお客様にご参加いただいており、ご好評いただいております。

参加されたからといって、しつこい営業などは致しませんので安心してご参加ください。

ご希望の方はご都合のよろしい日時でご予約ください。

家づくり無料相談会へのご予約はこちらから。

banner.jpg