TOP > 注文住宅コラム > 坪単価から見える注文住宅の費用の詳細

注文住宅コラムColumn

注文住宅

坪単価から見える注文住宅の費用の詳細

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。
いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

注文住宅を検討し始めると、自分の好みの住宅デザインを建築してくれる住宅会社はどこなのか。そして自分たちは住宅ローンを組んでマイホームを購入することができるのか。

このようなことを漠然と考えながら家づくりを進めるためにはまず見学会に行ってみよう。と行動に移す方が多いのかなと思います。

家づくりをはじめたばかりのころはたくさんの住宅会社を見るようにしたほうがよいと私は考えています。なぜなら住宅会社によって建物のコンセプトや価格全てが違うからです。

また、購入後のアフターメンテナンスはどうなっているのかというようなことも住宅会社を決める重要なポイントになってくるかなと思うからです。

だんだん自分の好みの間取りやデザインが一通り固まってくると、建物の価格を検討していかなければいけません。そんなときよく「坪単価」というキーワードを聞くことがあると思います。

私たちもよくお客様から「インターデコハウス秋田さんの坪単価はいくらくらいなの?」と尋ねられることがあります。

今回はこの「坪単価」について触れていきたいと思います。

坪単価とは

「A社は坪単価が40万円」「B社は坪単価が60万円」あなたはどちらの会社で家を建てたいですか?もちろん安い方で建てたいですよね。

しかし、ちょっと待ってください。実は「坪単価」という言葉は住宅業界で定義がないということを知っていましたか?

定義がないということは、坪単価の中に何が含まれている表現なのかに決まりがないということです。過去住宅業界で広告宣伝的にできる限り安く表現したい。という会社が多く、建物価格を坪数で割るという方法で坪単価を算出しています。

私たちも坪単価という表現を使わないわけではありませんが、しっかりとどのような商品でどのような内容までを含んでいる坪単価ですよ。ということをお伝えさせていただいています。

そもそも「坪単価」とは、家を建てる時の費用の目安となる金額を算出する根拠となるもので、1坪当たりの建築費のことをいいます。建物の本体価格を延床面積(坪)で割った数値で、1坪当たり約3.3㎡で算出します。

例えばこのような感じで算出することができます。ただ、本体価格と建物の大きさだけを比較するのであればこれでも良いのですが、住宅会社によって建物の仕様が違いますので、一概に比較することは困難なのです。

住宅会社によって坪単価に含まれている内容が違うというポイントを知っておいてください。なお、インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、坪単価には照明やカーテンなども費用が含まれています。

仕上がり状態(いつでも住める状態)の建物の価格でお話をさせていただいています。含まれていない費用といえば、準防火地域で建築する際の費用や地盤改良で発生する費用などは含まれていません。

インターデコハウスは外観デザインによって使用する部材など標準仕様が決まっていますので、建物それぞれで本体価格に違いがあります。

もっと詳しく話を聞きたいという方は是非一度ご来場いただければ実際の事例などをもとにお伝えさせていただくことが可能です。

坪単価に影響する要素

こちらの2つの写真を見てください。

こちらの建物はインターデコハウスの建物で南欧系デザインのプロヴァンスと北欧系デザインのルオントという商品です。

実は同じ34坪という大きさの建物なのです。しかし本体価格は違います。1階の床面積がそもそも違うことがおわかりいただけますでしょうか?

2枚目の北欧系デザインルオントは1階部分が大きいのです。1枚目の南欧系デザインプロヴァンスよりも1階部分が大きいため基礎の大きさに違いがあります。

基礎の大きさが違うということは使用する材料の量も変わりますので、基礎が大きいほうが費用が多くかかってしまいます。

また、建物の形状もプロヴァンスとルオントでは全然違いますよね。その分、目には見えてこない木材や断熱材の量もルオントの方が多く使用することになるのです。

南欧風の家|34坪で2,000万円とした場合、坪単価が約58万円

北欧風の家|34坪で2,300万円とした場合、坪単価が約67万円

一例ではありますが上記のような坪単価の違いが出てきます。同じ大きさの建物でも使用する建材や建物形状によって本体価格に違いが出てくるので、坪単価という表現だけで比較をしようとすると難しいのです。

土地の坪単価について

建物の坪単価についてご紹介してきましたが、土地の坪単価についても同様のことが言えます。

土地A|70坪・700万円 (坪単価/10万円)

土地B|100坪・700万円 (坪単価/7万円)

このような土地があった場合何に注意をしたら良いと思いますか?このような場合は、土地の諸条件をしっかりと見るようにしてください。

他と比べて安い土地にはその価格の理由があるのです。例えば、土地が平坦ではないので平坦にするための工事が必要になったり、地盤改良が必ず必要になる土地だったり、土地代以外に購入後に発生する費用があるため、総額で見ると、もともと比較していた価格が高い土地の方がお得だったというケースもあります。

マイホームを購入する際には土地探しから始めるというお客様がほとんどです。注文住宅を建築するための土地は住宅会社にまず相談すると良いかと思います。

不動産会社に相談するのも良いのですが、その土地にどのような建物を建築するかをしっているのは住宅会社です。お客様の要望を叶えられる家が建つかどうかの判断ができる住宅会社の営業マンに土地探しも一緒に相談することで家づくりはスムーズに進むのではないかと思います。

坪単価の相場と注意点

坪単価には定義がなくそれぞれの住宅会社で違いがあるとお伝えしてきましたが、政府統計などで算出されている全国の坪単価統計というものがあります。

※住宅着工統計2017年版調べ(https://www.e-stat.go.jp/)

全国47都道府県の平均を出しても、平均床面積は121.24㎡、平均坪数は36.74坪、平均坪単価は61.22坪という結果になっています。

こちらの数値から言えることは、「大きく平均値は変わらない」ということです。

もちろん比較をしていくと違いはありますが、大きく平均値は変わらないということと、坪単価の相場や平均を知っても自分たちが実際建てたい家を坪単価では決定しないと思います。

あくまでも目安と捉えていただくことと、坪単価という表現だけで住宅会社を比較検討しないように気をつけていいただきたいと思います。

まとめ

今回は、坪単価について触れてきました。

・坪単価という表現に定義がない

・坪単価の考え方は住宅会社で違う

・坪単価で住宅会社を比較検討しない

上記3点を主にお伝えしました。坪単価という表現を利用する際にはあくまで参考目安として使うことと、もし坪単価という表現で住宅価格を聞く場合は「どこまでが含まれていますか?」というような聞き方をしてください。

特に注文住宅の場合は、お客様の要望を叶えることが一番重要だと思いますので、結果として坪単価にすると高かった。意外と安かった。ということでもご納得いただけるのではないかと思います。

注文住宅を購入するための住宅会社を比較検討する際には複数のポイントを比較検討したほうがより良い家づくりを進めることが可能なのかなと思います。

私たち、インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、家づくりに関して不明な土地探しや住宅ローンについていつでも無料でご相談できる家づくりはじめの一歩セミナーを開催しています。

会社の横に住宅展示場もありますので、実際に使用する部材などを見ながらご相談することがかのうですのでぜひ一度無料相談会に来てみてください。

新築住宅を建築したいけどまず何から始めたら良いかわからない。という方はぜひお気軽にご連絡いただければと思います。

展示場へのご予約はこちらから