TOP > 注文住宅コラム > ファイナンシャルプランナーへ相談するメリット・デメリット

注文住宅コラムColumn

注文住宅

ファイナンシャルプランナーへ相談するメリット・デメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。
いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

以前、「住宅ローンのあれこれ、あなたは何処に相談する?準備しておくべきものって?」という記事の中で、ファイナンシャルプランナーに住宅ローンの相談ができますよ。という内容をご紹介いたしました。

住宅ローンの相談は、金融機関や住宅会社の営業マンにはもちろんすることができますがファイナンシャルプランナーの資格を持っている人にも相談をすることができます。

金融機関のスタッフや住宅会社の営業マンでファイナンシャルプランナーの資格を持っている人がいたら話はもっとスムーズに進むかと思います。

今回は、以前の記事でご紹介しきれなかったファイナンシャルプランナーに住宅ローンの相談をするメリットとデメリットをご紹介いたします。

そもそもファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナーとは、結婚や住宅建築、子育て、老後のことなど自分たちの将来の目標などを叶えるために、どのような計画を立てたら実現するかを考えていくために、総合的な資金計画を立てて、経済的な側面から実現に向けたアドバイスをしたりサポートをするための幅広い知識をもった資格を有している人のことを言います。

金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度など普段私たちも接する機会の多い事柄ですが、実は分かっているようで理解していなかったり、知っていると得をすることなどが多い領域についてしっかりとした知識をもってサポートしてくれるのがファイナンシャルプランナーです。

具体的にどのようなことが相談できるかというと

・家計の見直し

・老後の生活設計

・教育資金の準備

・住宅購入資金準備や住宅ローンの見直し

・資産運用の方法や金融商品の選択ポイント

・保険の見直し

・税制や相続に関すること

などを相談することができます。このように「お金」に関する相談をすることができるのがファイナンシャルプランナーですが、必ずしも全ての内容について一人が詳しいというわけではありません。

保険・税金・相続などについて日常の仕事として毎日多くの相談数をこなしている人は保険・税金・相続などについて強いファイナンシャルプランナーであると言えます。

住宅ローンでいうと日々、住宅会社でたくさんのお客様の住宅ローンに関わっていてファイナンシャルプランナーの資格を持っている人であればなお住宅ローンについてを相談するには良いでしょう。

ファイナンシャルプランナーに相談するメリット

住宅ローンについてファイナンシャルプランナーに相談をする場合、数多くの住宅ローンについてお客様の相談にのっている方が多いのでよりよいアドバイスをしてもらうことができます。

・変動金利と固定金利どちらが良いのか

・自分の借入可能額と返済可能額はいくらなのか

・そもそも自分は住宅ローンを借りることができるのか

・親の土地をもらって住宅を建てたいんだけど

という住宅を検討している人が悩んでいることに対して回答をするので住宅営業マンに質問する内容と同じではありますが、相続についての細かな事例や税金についてのことなど住宅ローンと関係のある事柄を繋いでアドバイスをしてくれるのはファイナンシャルプランナーの資格をもってたくさんの相談を受けている方だとおもいます。

住宅ローンを使って住宅を購入し、住宅ローン控除を利用する場合、個人で確定申告をしなければいけません。

近年、ふるさと納税やiDeCo(個人型確定拠出年金)を利用されているお客様も増えてきました。

確定申告をする際にはふるさと納税やiDeCoなどの納税申告なども併せてする必要があります。この確定申告についてわからないことなども併せてアドバイスをしてくれるのは、ファイナンシャルプランナーの資格をもった住宅会社の営業マンです。

最も、住宅会社の営業マンでファイナンシャルプランナーの資格をもっている方が担当であれば、自分の収支のことやどのような資金計画をしてきたかということをしってもらっていますので、お金の面のアフターフォローでいつでも相談ができるというメリットがあります。

実際、私のお客様の多くはお金の面でわからないことがあればすぐに電話で相談されることが多いです。当社にはファイナンシャルプランナーの資格をもったスタッフが多くいて、私のように住宅ローンの相談を多く経験していたり、税金や相続関係の相談を多く受けているスタッフもいます。

なので、家を建てたいけど相続でこのようなことで困っています。というようなお客様にはその時の最善のアドバイスをさせていただいています。

ファイナンシャルプランナーに相談するデメリット

前述した通り、ファイナンシャルプランナーの資格を持っているからといって全ての方が住宅ローンに強いというわけではありません。

住宅会社でファイナンシャルプランナーセミナーをよく開催していますが、外部の保険会社に依頼して開催しているケースなどもあります。

様々なケースを聞いたことがありますが、良くないケースとしては自社の保険の売り込みが大半のセミナーであったということを聞いたことがあります。

住宅ローンを組むためのライフプランを相談したいのに、保険の話ばかりされても自分たちが住宅を購入してよいのかどうか判断できませんよね。

住宅ローンのことをファイナンシャルプランナーに相談するということは、自分たちがこのまま住宅ローンを組んでも将来家計が不安にならないかということを判断するためということです。

なので、住宅ローンの相談経験がないファイナンシャルプランナーに相談してしまうと得たい答えを得ることができないので注意が必要です。

まとめ

今回は、住宅ローンについてファイナンシャルプランナーに相談するメリットとデメリットをご紹介しました。住宅ローンのことで将来のライフプランについて不安を抱えている方はぜひ相談をすることをおすすめします。

私たち住宅会社の営業マンは家を売ることが仕事です。しかし、住宅を購入するお客様が不安を持ったままご契約していただくことだけは避けたいと思っています。

もっというと、営業マンは年間何十人というお客様に住宅を販売しますが、購入するお客様は初めての住宅なのです。そのお客様の満足度が高くなければいけないと私は考えています。

そのために、お客様一人ひとりの状況をお聞かせいただき、丁寧に資金計画をさせていただいています。その中で、このお客様は家づくりをこのまま進めてしまうと良くないなと判断してご説明させていただくこともあります。

今は家づくりを進めるべきではないけれども、2年後までにこのような状況になれば建築は進めることができますよ。といようなことをお伝えさせていただくこともあります。

「お金」のことはしっかりと自分たちで納得するまで担当してくれた営業マンに聞くことが重要です。自分たちが納得していないと、あとでトラブルの原因にもなりますので注意してください。

私たち、インターデコハウス秋田(住広ホーム)では家づくりに関して不明な土地探しや住宅ローンについていつでも無料でご相談いただける、家づくりはじめの一歩セミナーを開催しています。

もちろん私がお客様の相談にのらせていただきますので、お金に関する不安や間取りに関する不安などありましたらいつでもご相談ください。

会社の横に住宅展示場もありますので、実際に使用する部材などを見ながらご相談することがかのうですのでぜひ一度無料相談会に来てみてください。

新築住宅を建築したいけどまず何から始めたら良いかわからない。という方はぜひお気軽にご連絡いただければと思います。

展示場へのご予約はこちらから