TOP > 注文住宅コラム > 注文住宅で大事なオプション費用のトリセツ

注文住宅コラムColumn

注文住宅

注文住宅で大事なオプション費用のトリセツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

注文住宅を検討している方であれば、建物価格にどんな仕様がはいっているのか。いわゆる「標準仕様」「オプション」というキーワードが気になる方がいらっしゃるかと思います。

建売住宅など既に建築済みの建物であれば、入居前に設備機器を違うものに入れ替えたいなどということでオプション扱いとなり、追加で費用が発生するということは理解しやすいですよね。

注文住宅の場合は各住宅会社で標準仕様やオプション仕様の扱いが違いますし、口コミなどを見ていると標準仕様のままではすぐに入居することができない。結局オプションで追加費用を支払わなければいけない!ということを経験している方もいらっしゃるようです。

私たちのインターデコハウス秋田(住広ホーム)の考えは、あくまで標準仕様のまま注文住宅を建築してもそのままお住まいになれる家をご提供できるように心がけています。

あとから追加費用が発生することばかりだと不安になりますよね。今回はそんな注文住宅のオプション費用についてをご説明していきます。

注文住宅のオプション費用とは

注文住宅でいうオプション費用とは予め決められた仕様のなかから選ぶものではなく差額の追加予算を支払って選ぶ仕様のことをいいます。

例えば、標準仕様として外壁は窯業系サイディングが準備されているけど、金属サイディングや塗り壁に変更する、お風呂の大きさを1坪サイズから1.5坪サイズに変更する、といような感じで予め住宅会社で決めてある仕様から変更をすることをいいます。

車などを想像するとわかりやすいかもしれませんね。新車で車を買う際に、エンジンスターターをオプションでつけたり、ドライブレコーダーをオプションでつけたり。ということと同じ感覚です。

設計士と一緒に何もない状態から注文住宅を設計していくようなケースであれば、標準仕様が決まっていないのでオプションという概念はない場合があります。

現在の一般的な注文住宅というと、予め決まった商品のシリーズの中から好きな外観デザインなどを選んで床・壁・設備機器などを選んでいくスタイルが多いので、標準仕様を決めている住宅会社がほとんどかと思います。

ここでいうオプション費用とは標準仕様外のものを選び、差額の追加費用を支払って決めていくこととします。ほとんどの場合はグレードアップする仕様をオプションとすることが多いです。

住宅会社ごとに標準仕様は様々

住宅会社ごとに標準仕様は様々あります。それぞれの住宅会社が提案する住宅デザインやコンセプトによって仕様をセレクトしているからです。

キッチンを1つ例にあげても、L社、P社、C社、T社などキッチンを販売しているメーカーも様々です。どのメーカーを標準仕様にしているかでも価格は違いますし、各メーカーのオプション仕様も違います。

また、1つのメーカーのキッチンにしてもいくつかキッチンのラインナップやシリーズがあります。それぞれのラインナップシリーズの中に標準仕様とオプション仕様が入っています。

食器洗い洗浄機は大体の場合メーカーカタログではオプション扱いになっています。しかし、住宅会社の商品シリーズでは標準仕様として食器洗い洗浄機を取り入れたりもしています。

このような場合、お客様は住宅会社が設定している標準仕様から選ぶことになるので食器洗い洗浄機は最初から標準仕様に組み込まれています。標準仕様と違う食器洗い洗浄機を利用したい場合は差額の費用を払ってオプションとして追加することが可能になります。

それぞれの住宅会社で、住宅を検討される年代などの客層が違うのでそれぞれの客層に合わせた標準仕様を準備していることがほとんどです。なので、たくさんの住宅会社を見に行かれて検討される方は、「標準仕様はなんですか?」「どこまでが標準仕様ですか?」というようなことを事前に確認しておくと良いでしょう。

オプションの相場

標準仕様からオプション仕様への変更をする方は割と多くいらっしゃいます。もちろん標準仕様のままでオプション仕様を選ばない方もいらっしゃいます。注文住宅を建てる際の総予算は皆さん決まっていますので、どのようにしてオプション費用を捻出しているかということも気になりますよね。

大きく分けて2パターンがあります。

  1. 住宅ローンを活用して住宅を購入し、自己資金をオプション費用に充てる場合
  2. 元々の予算が余ってオプション費用に回す場合

結果として、オプションで標準仕様からのグレードアップをするという方が多く、オプション費用の平均的な金額としては100万円前後くらいをオプション費用としてかける方が多いかと思います。

オススメのオプション

インターデコハウスのおすすめのオプションをいくつかご紹介します。

こちらのカウンターキッチンの天板はオプションですね。インターデコハウスのキッチンはタイル天板が標準仕様となっているので、このような変形カウンターを作ることも可能です。

ダイニングテーブルをおかずにこのように天板を大きくすることで家族でこのカウンターを囲んで食事をするというのも良いですよね。

こちらの吹き抜けもオプションです。よく見ると2階の部屋から吹き抜けに向かって小窓がついています。このような仕様もオプションです。

こちらは玄関からリビングを見ている写真です。写真左側の壁に黒板ボードが設置されています。お子様へのメッセージを書いたり絵を書いたりと遊び心溢れるオプション仕様ですね。

このようなキッチンカウンター上にガラスブロックを設置しているのもオプションです。ガラスブロックの向こう側には水栓がついているので水の跳ね返りを防止するためにガラスブロックをお使いになられている事例です。

このようにインターデコハウスのオプションはこちらのページにあるような商品ラインナップにある外観デザインによって、選ばれる内容が違ってくることもあります。

インターデコハウスでは推奨のインテリアデザインもご提案させていただいているのですが、お客様が雑誌やSNSで見つけてきたようなオプション仕様にすることも可能です。※構造上できない仕様がある場合もあるので詳しくはお問い合わせください。

オプション選びの注意点

オプションを選ぶ際の注意点をいくつかご紹介します。

本当に必要かどうかを見極める

憧れの注文住宅を建築するので、あれもやりたいしこれもやりたい。というような要望はたくさん出てくると思います。

しかし、オプションをたくさんつけることによって予算オーバーになってしまっては元も子もありません。自分たちが家づくりを始めたきっかけを忘れないようにして無理のない予算内でオプションをセレクトするようにしましょう。

メンテナンスのことも考える

こだわりのオプションを加えたことにより、メンテナンスが多く発生してしまっては困りますよね。特に海外製のものなどは、そもそもがメンテナンスをしながら使用していく、という商品であることもあります。

私たち日本人にとって新しく購入したものなのにメンテナンスがすぐ必要になることに違和感があるとおもいます。商品の特徴などもしっかりと知った上でセレクトすると良いでしょう。

生活動線を考える

間取りのプランニングの段階ではあまり気にしないまま、オプションを増やすこともあります。

例えばコンセントなどです。コンセントも標準仕様では何箇所と決まっていることがあります。追加でコンセントを増やしたりする場合設計図段階では必要だと思ったけど実際暮らしてみると不要だった。なんてこともあります。

自分たちが新しい家でどのような暮らしをするかということもイメージをしながらオプションをセレクトするようにしましょう。

まとめ

今回は、注文住宅で大事なオプション費用についてをご紹介してきました。まずは、家づくりを検討している住宅会社の標準仕様を知るところから始めましょう。

また、オプションをどんどん増やしていってそもそもの総予算オーバーをしてしまっては家づくり計画そのものが危うくなってしまいますよね。そのようなことが発生しないためにも、自分たちが予めどのような家づくりをしたいのかという要望を伝えることや、具体的な写真などを見せて営業マンに伝えるということも大切です。

私たち、インターデコハウス秋田(住広ホーム)では家づくりはじめの一歩セミナーを開催しています。このセミナーでは住宅ローンや土地探しのことはもちろんインターデコハウスの標準仕様がどのようなものかということもお客様が納得されるまでお伝えさせていただいています。

会社の横に住宅展示場もありますので、実際に使用する部材などを見ながらご相談することが可能です。ぜひ一度無料相談会に来てみてください。

新築住宅を建築したいけどまず何から始めたら良いかわからない。という方はぜひお気軽にご連絡いただければと思います。

展示場へのご予約はこちらから