TOP > 注文住宅コラム > 注文住宅で失敗しないための住宅会社の選び方

注文住宅コラムColumn

注文住宅

注文住宅で失敗しないための住宅会社の選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

そろそろマイホームが欲しいなと思ったときまずどのような行動を起こそうと思いますか?カタログ請求をインターネットでしたり、見学会に行ってみたり。既に家を建てた友人に聞いてみたり、というようなことをしますよね。

ただ、それまでマイホームを検討してこなかった人にはそもそもどのように住宅会社を探せば良いかもわからないですよね。

秋田市でいうと「秋田 住宅会社」「秋田 注文住宅」というような検索キーワードで調べたり、SUUMOやHOMESといったポータルサイトを利用する方もいらっしゃると思います。フリーペーパーや折込チラシ、SNSなどの広告から住宅会社を知ることもあるかもしれませんね。住宅会社は不動産会社なども含めると秋田市でも結構な数があります。

現在は、不動産会社も建売住宅などを建築して販売しているケースなどもあるので、本当に自分たちに合う住宅会社の選び方というのは難しくなっているのかもしれません。

今回は、注文住宅で失敗しないための住宅会社の選び方をご紹介していきます。

注文住宅を建てるということ

少し注文住宅についてをおさらいしていきたいと思います。

以前「後悔しないマイホームを実現するための優先順位の付け方」という記事をご紹介しましたが読んでいただけましたでしょうか?

注文住宅を建てるということは、全てが理想通り100%になる方もいらっしゃいますし、どこかしらに制約がでて納得もしているし満足もしているけど思い描いた理想とはちょっと変わってしまった。という方もいらっしゃいます。

マイホームを建てるときには、まず自分たちの理想とそれぞれの優先順位をつけて考える必要があります。「家を建てる目的」「理想の暮らし」をベースに優先順位をつけていきましょう。

  • 絶対に譲れない・必要→◎
  • ぜひとも実現したい→〇
  • できれば実現したい→△
  • 希望ではあるが、なくても特に問題ない→□

といったように優先順位を記号でわかりやすくしてメモをしておくのもいいですね。

ただ、これらを一緒に叶えていくのが住宅会社です。例えば間取りや設備には優先順位をつけられますが、住宅会社に優先順位をつけていくことは難しいですよね。

家づくりを進めていく中で重要となる住宅会社選びで失敗をすることだけは避けたいですよね。どのように住宅会社を選んでいくべきかをご紹介します。

注文住宅の会社選びに失敗すると

住宅会社を選ぶポイントはいくつかあります。

  1. 自分が好きなデザインの住宅を建築できるかどうか
  2. 自分たちの予算に合うかどうか
  3. アフターメンテナンスをしっかりとやってくれるか
  4. 自分たちの理想をきちんと理解してくれるか

全部大切ですが、3.と4.は特に重要なポイントでこれが欠けてしまうと、せっかく満足する建物に入居できても住んだあとのサポートがなかったりすると困ることが多くあります。

デザインだけで、選んでいくと予算が合わずに無理をした住宅ローンを組むことになってしまうこともあります。予算が合わなければそもそもマイホームを建築することも難しいですよね。

アフターメンテナンスをしてくれない住宅会社は無いと思いますが、インターネットの口コミを見ると、全然アフターメンテナンスをしてくれずに自分たちで別な住宅会社に有償でアフターメンテナンスを依頼している人もいるようです。

自分たちの理想を理解してくれるかどうかという点でいうと、デザインや予算なども含めて自分たちの暮らし方にあった家づくりの提案をどれだけしてくれるかという点が重要になってきます。

住宅ローンを組んでマイホームを建築するということは、住宅ローンを支払っている期間も含めてお引渡しされたあとも住宅会社との付き合いは続いていきます。お引き渡し後一度も自分たちの理想を叶えてくれた住宅会社とコミュニケーションをとれないというのはどこか寂しいですよね。

このようなポイントを考えずに住宅会社を選んでしまって、のちのち失敗したな。他の住宅会社で建築すればよかった。と思わないようにしたいですね。

注文住宅の会社選びに入る前に

どの住宅会社と家づくりを進めていくかという会社選びに入る前には先程もお伝えしたように、自分たちの理想を書き出す→そして優先順位を決める、という作業を自分たちでしておく必要があります。

選択肢が3社あったとしても住宅のデザインや価格は違うと思いますし、その中でも事前に優先順位をつけておくことで判断がしやすくなります。

それと、もし余裕があれば気になる住宅会社にはカタログ請求をしておくと良いと思います。ただし、カタログが届いても、カタログの内容を説明してもらわないとなかなか理解できないことが多いのが住宅です。

車のようにわかりやすければカタログだけでも決めることが可能なのかもしれませんが、住宅はそもそも住宅会社によって考え方が違うのでそれぞれの住宅会社の得意なこと不得意なことがあります。

カタログ請求をするとたくさん電話がかかってきて嫌だな、と思われる方もいらっしゃるとおもいます。しかし、ちょっとでも気になっているのでカタログ請求をしているのだと思いますから気になる点などをしっかりとその場で聞いたり説明をしてもらうと良いでしょう。

何社くらい回るべき?

注文住宅を検討するときに、複数社にカタログ請求をして複数社の住宅見学会に行く方は多くいらっしゃいます。時間をかけてじっくりと考えて良いと思いますのでそれも良いと思います。

見学会は時間があるのであればどんどん行ってみてください。ただ、気をつけたいのは打ち合わせを複数社とすることになる場合です。

見学のみであれば自分たちの時間が許す限り見に行って、気に入った住宅会社と家づくりの話をすすめていけます。

それが5社あった場合どうなるか想像できますか?仕事が土日休みのお客様であれば、土曜日10時からA社と打ち合わせ。13時からB社と打ち合わせ。16時からC社と打ち合わせ。日曜日の11時からD社と打ち合わせ。お昼には家族で食品の買い出しと外食。14時からE社と打ち合わせ。というのが毎週のように続いていきます。

多ければ多いほど、休みの日に打ち合わせが入ってしまい家族でコミュニケーションを取る時間がそもそも少なくなってしまうということがおきます。

お子様が中学生くらいであれば、部活動などでご夫婦だけで動けますが、小学生であったり乳幼児の場合はそんなに打ち合わせで時間を取られると飽きちゃいますよね。

なので、事前に優先順位を決め、多くても3社くらいに絞って打ち合わせをしていき、早い段階で1社に絞れるようにしておくことをおすすめします。

まとめ

今回は、注文住宅で失敗しないための住宅会社の選び方をご紹介してきました。どこの住宅会社が一番良い、というのは人それぞれ考え方が違うので一概には言えません。

注文住宅を建築されるお客様がどのような家を建ててどのような暮らしをしていきたいのかということをしっかりと理解してくれて、それを叶えてくれる住宅会社に巡り会えると一番良いですよね。

そのためには、まずは情報収集をしながら自分たちの理想と優先順位を決めておかなければいけません。ある程度自分たちで絞った住宅会社の中から、お引き渡し後もこの住宅会社であれば心配ないなと思えた住宅会社と家づくりを進めていけると一番良いですよね。

私たち、インターデコハウス秋田(住広ホーム)では家づくりはじめの一歩セミナーを開催しています。このセミナーでは住宅ローンや土地探しのことはもちろんインターデコハウスの標準仕様がどのようなものかということもお客様が納得されるまでお伝えさせていただいています。

会社の横に住宅展示場もありますので、実際に使用する部材などを見ながらご相談することが可能です。でぜひ一度無料相談会に来てみてください。

新築住宅を建築したいけどまず何から始めたら良いかわからない。という方はぜひお気軽にご連絡いただければと思います。

展示場へのご予約はこちらから