TOP > 注文住宅コラム > 注文住宅で満足度の高い平家を建てるには

注文住宅コラムColumn

注文住宅

注文住宅で満足度の高い平家を建てるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

新築で注文住宅を検討されるお客様の中には近年「平屋」をご希望されるお客様が増えてきています。一昔前までは「平屋」というと、夫婦二人だけになったときに平屋に建て替えるというようなお客様もいらっしゃいました。

近年平屋をご希望されるお客様はお子様もいらっしゃるご家庭も多く、全国的に平屋の人気は増えていると聞きます。

新築住宅の統計を見ても平屋の需要が増えていることが実はわかるのです。「格好いい平屋を北欧住宅で」という記事でも平屋の魅力や事例をご紹介しています。

今回は改めて平屋のメリット・デメリットも含め、インターデコハウスの平屋の事例をご紹介していきます。

注文住宅と平屋

まず、注文住宅を建てようとお考えの方の多くが住宅会社のホームページをご覧になると思います。しかし、住宅会社のホームページには「平屋を建築できます」というご案内はあまり書かれていないんですよね。

住宅会社としては平屋も2階建てもガレージ付きの住宅も建築をすることは可能です。

しかし、私たちインターデコハウスもそうですが、推奨外観などをご用意している住宅会社では2階建てが標準的になっています。それは2階建ての注文住宅のほうが多く、住宅会社のホームページご紹介する施工事例は自然と2階建ての事例ばかりになります。

平屋は、2階建ての住宅に比べて1階の床面積が広くなるので土地の大きさもある程度必要になります。また、1階の床面積が大きくなるので基礎や屋根の面積が大きくなります。その結果、2階建てより建築予算が割高になってしまいます。

こういった理由から多くの住宅会社の商品ラインナップには「平屋」が建築できますよ。と掲載していることが少ないのです。

平屋を建築することができないわけではなく、多くの住宅会社では平屋の建築事例をもっていますのでお気軽に平屋の事例を見せて欲しいと伝えてみてください。

色々な平家の注文住宅

住宅会社の多くは2階建てが多いが平屋の需要が全国で増えているとお伝えしましたが、平屋を希望されるお客様の年代も様々ですし、住宅の大きさも様々です。

1LDKの平屋をご建築される方もいらっしゃいますし、2LDK・3LDK・4LDKの平屋をご建築される方もいらっしゃいます。

平屋だからといって間取りに制限があるわけではありません。ただし、土地には制限がありますので、建築予定の土地に建てられる平屋の大きさは限りがあります。

こちらの間取りは以前の記事でもご紹介した平屋の間取りです。

間取りは3LDKでリビングが約10帖、キッチン・ダイニングが約12帖あります。主寝室が8帖、その他の洋室が4.5帖と5.5帖ですね。また、各部屋に収納もありますので収納にも困らないかと思います。

この間取りの場合は4人家族で暮らすには最適な間取りだと思います。キッチンからダイニングテーブルが続いているようなプランになるので配膳などもスムーズな動作が可能です。

リビングスペースはキッチン・ダイニングと離れていますのでゆったりと寛ぐ空間になります。また、玄関部分に広々とした土間スペースがあるので玄関もすごく広く感じられると思います。

玄関部分とは壁で仕切られたシューズクローゼットもありますので空間が広がっていても生活感を隠した暮らしをすることも可能ですね。

洋室が4.5帖、5.5帖と聞くと「少し狭いかも」とおっしゃるお客様もいらっしゃいます。しかし、実際に建物が建って家具などを配置すると「十分だったね」というお声をいただきます。図面で見る間取りと実際の建物で見る空間の広さは人にもよりますが結構違うことが多いです。

インターデコハウスの場合は、こちらの商品ラインナップを見ていただくとわかりますが、外観デザインを重視しています。

なので、良い間取りができても外観デザインがきちんと保たれているか?という点も大切にしながらご提案しております。

平家住宅のメリットとデメリット

注文住宅の平屋にもメリット・デメリットの両方が存在します。「格好いい平屋を北欧住宅で」でもご紹介していますので抜粋してご紹介します。

平屋住宅のメリット

  • ・家族の一体感を味わうことができる。
  • ・動線が短い
  • ・階段の上り下りがない
  • ・お掃除が楽ちん
  • ・耐震性が良い
  • ・メンテナンス費用を抑えることができる
  • ・階段スペースを削減できる

2階建て住宅と比べて部屋と部屋の距離が近いので、家族の一体感をより感じられたり階段がなく動線が短いので暮らしやすいのではないかと思います。

平屋住宅のデメリット

  • ・土地を探すのに苦労する
  • ・住宅街の中に建築すると苦労する
  • ・建築コストが割高になってしまう
  • ・プライベートを保ちにくい
  • ・防犯をより考えるようにする

前述しているように、2階建て住宅に比べて1階の床面積が大きくなるので土地を探すのにも苦労することがあります。

また、広い土地を探そうとすると土地の価格も上がってしまいます。さらに住宅街に建築をする場合、隣接している土地に建っている住宅は2階建て住宅の事が多いので、日当たりなども気にする必要がでてきます。

基礎工事で使用するコンクリートや鉄筋、屋根の材料が2階建て住宅よりも多く使用するので建築コストが割高になってしまう部分も2階建て住宅と比べるとデメリットと考えることもできます。

平屋住宅にもメリットもデメリットもありますが、決して建築をすることができないということではありません。お客様の暮らしに合わせたご提案ができますので住宅会社の営業マンに相談してみてください。

インターデコハウスの平屋事例

インターデコハウスの平屋の事例です。内観の写真もあるのですが、内観だけを見ると平屋住宅なのか2階建て住宅なのかわかりにくいんですよね。

なので外観の写真をご紹介させていただきます。今回ご紹介するインターデコハウスの平屋事例は全国のインターデコハウス加盟店の事例も含みます。

こちらの事例はガレージが組み込みになっている事例です。インターデコハウスの特徴である外観デザインを上手に表現しています。また、屋根材の色と外壁の白が良いコントラストですよね。

インターデコハウスは三角屋根のデザインですので、上手に間取りを作って外観デザインにもこだわるとこのように美しいデザインの平屋住宅になります。

このようなロケーションにインターデコハウスの平屋住宅。とっても雰囲気があって素敵ですよね。周りの木々も画になるのがインターデコハウスの外観デザインです。

住宅街の中にこんな外観の平屋住宅が建っていたら可愛いですよね。シンプルなデザインですが、インターデコハウスの外観デザインそのままに建築されています。

インターデコハウスのこのような2階建てでもともとデザインされた住宅を平屋住宅のデザインにするのにも間取りの作り方など工夫が必要になってきます。

玄関の位置や窓の位置、屋根の勾配の見せ方など全てにおいてこだわってデザインをしていきます。平屋住宅のご要望がありましたら素敵なデザインでご提案させていただきますのでお気軽にご相談いただければと思います。

まとめ

今回は、注文住宅で満足度の高い平屋住宅を建てるためのポイントをいくつかご紹介させていただきました。平屋住宅は全国的に人気が高まっていますが、もちろんメリットとデメリットと考えられる点があります。

注文住宅を建てるにはやはり予算が限られてきます。注文住宅ですからお客様のご希望の間取りとデザインの住宅を建築することは可能です。

平屋住宅の場合は土地の大きさも重要な建築ポイントになってきます。自分たちが希望する平屋住宅に必要な土地の大きさはどのくらいなのか。

自分たちが希望する暮らしが叶う平屋住宅の間取りはどのようなものか。また、外観デザインはどのうになるのか。わからないことがたくさんありますよね。

私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)ではお客様の理想の間取りやデザインをお聞きしてお客様に最適なインターデコハウスの住宅をご提案させていただいています。

もちろん、最適な予算の組み方や土地探しの方法などもお伝えさせていただいております。お客様の家を借りて不定期ではありますが住宅見学会を開催していたり、八橋には住宅展示場もありますのでいつでもお客様の家づくりのご相談をお受けすることが可能になっています。

多くのお客様にご好評をいただいているのが「家づくりはじめの一歩セミナー」です。間取りのこと、お金のこと、土地のことお客様の「わからない」をお客様がご納得いただけるまでご説明させていただいています。

家づくりはじめの一歩セミナーは予約制で、お客様のご都合にできるだけ合わせて開催しております。ぜひホームページからご予約いただくか、お電話にてご予約いただければと思います。

展示場へのご予約はこちらから