TOP > 輸入住宅コラム > 注文住宅でお風呂にこだわりたい人が注意すべきこと

輸入住宅コラムColumn

注文住宅

注文住宅でお風呂にこだわりたい人が注意すべきこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。
いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

注文住宅を建てるなら、お風呂にはこだわりたい。そう考える男性は多いのではないでしょうか。アパート暮らしのときは足を伸ばしてお風呂に入ることができなかったけど、新築住宅であれば足を伸ばしてゆったりとお風呂に入りたい。そう考える方も少なくないと思います。

女性の方であれば、インターデコハウスが好きで海外の暮らしに憧れたことがある方であれば、猫脚のバスタブに憧れを抱くこともあるでしょう。

お風呂は日本人にとって、昔から重要とされてきました。自分たちの今までの暮らしを考えてもお風呂で一日の疲れを癒やすために、お風呂は必要ですよね。

注文住宅の場合、お風呂にもこだわりを持ちたいという方も多いですよね。今回は注文住宅でお風呂にこだわりたい人が注意すべきことをご紹介していきます。

注文住宅でこだわりたいお風呂

インターデコハウスのような注文住宅の場合、多くの住宅会社ではお風呂の仕様としてはLIXILやTOTOなどメーカーのシステムバスを採用しています。

ここではシステムバスでのこだわりポイントをご紹介します。

・浴室の大きさ

1616サイズ(1坪サイズ)、1620サイズ(1.25坪サイズ)が主流な一般戸建住宅のサイズです。推奨プランなどを用意している住宅会社のプランには1616サイズという(1坪サイズ)のお風呂が仕様として入っていることがほとんどです。

こちらはTOTO(https://jp.toto.com/)のホームページに掲載されているお風呂のサイズです。1616サイズと1620サイズでは洗い場の広さが40cm1620サイズのほうが大きくなります。浴槽の大きさが変わるわけでは有りませんのでご注意下さい。

・浴槽の形

浴槽にもいくつか形があります。また、メーカーや仕様によっても変わってきます。ここではTOTOのサザナという商品の事例をご紹介します。

このように6種類の浴槽の形状があります。ただし、住宅会社が標準採用している仕様やグレードによっては追加費用がかかる場合もあります。詳しくは担当営業に確認するようにしてください。

浴槽の形を1つとっても、上記の図のようにどのようにこだわりを持って作っているのかということがわかりますよね。注文住宅だからこそ、しっかりとこだわってみましょう。

・壁の色

浴室内の壁の色はご家族でよく相談をしてみてください。4面同じ色にするか、正面だけを違う色にするか。黒などの濃い色を使用する場合などは、水垢が目立ってしまうことがあるなどの注意点がいくつかあります。

毎日使う場所ですので、メンテナンスの方法なども聞いてしっかりと掃除をすることができれば、どのような色にしても後悔することは少ないでしょう。

・シャワーヘッド

カタログにはいくつかシャワーヘッドが掲載されていますよね。節水率○○%というような表現で記載されています。アパートなどについているシャワーヘッドに比べると、体感の勢いは変わらず節水をしてくれるシャワーヘッドが新築では標準仕様になっているので安心です。

アパート住まいの頃よりもお風呂に入っている時間がおそらく長くなるという方が多いと思います。やはり節水シャワーヘッドだと安心できますよね。

・調光システム

浴槽の中や浴室全体の照明を調光できるようなオプション仕様もあったりします。半身浴などで長時間浴室に滞在することが多い方であれば、照明を調光できるようになっているとよりリラックスして過ごすことができますね。

・ジェットバス

オプション仕様の中でも選びたいという方が多いのがジェットバスです。メーカーによって若干の違いはありますが、温泉でしか味わうことができなかったジェットバスを自宅で味わうことができるのは魅力的ですね。

週に1度温泉に通っているというような方であれば、オプションで追加して温泉に通うのを月に1度にすることで追加費用を賄ったりすることも可能かもしれません。

仕事から疲れて帰ってきた体を自宅のジェットバスで癒す。これほど幸せなことはありませんよね。

・天井からのシャワー

カタログやショールームでこの天井からのシャワーを見ると欲しくなるんです。お湯が体全体を包み込むように温めてくれます。

高級スパなどをイメージしたようなヘッドシャワーが自宅にあればスパ気分をいつでも味わうことができますね。

・浴室乾燥機

浴室換気扇は標準で搭載されていますが、オプション仕様として「暖房」「乾燥」といった機能がついた機種もあります。

洗濯物を部屋干しすることが多い方であれば、乾燥機付きのものを選ばれたり、入浴前に浴室を温めるために暖房機能をついているものを選んだり。

ミストが出てきて全身をミストで心地よくすることができる機種もあります。浴室乾燥などをつけると電気代なども高くなるイメージがありますが、TOTO社のものは1回あたり30円程度というようなコストのデータも出ています。

しっかりと内容を検討して選ぶことをオススメします。

お風呂選びのポイント

上記でご紹介したようなお風呂には様々なオプション仕様があります。そのオプション仕様は見れば見るほど欲しくなるものばかりです。

ただし、標準仕様の価格からオプションを選んでいくと追加費用がどんどん発生してしまいます。家づくりの優先順位ということは今までの記事でもご紹介してきました。

お風呂の優先順位となると難しいですよね。お風呂の中で選ぶべきポイントとしては、日頃の入浴回数や入浴時間などです。

ご家庭によっては、シャワーだけで済ませてしまう。方もいらっしゃいますよね。シャワーだけで済ませてしまうのにお風呂の設備を豪華にしても使わなければもったいない事になってしまいます。

家づくりの中でお風呂がどのくらいの優先順位にあり、そのお風呂の仕様にどこまでこだわりたいか。絶対に譲りたくないポイントはここ。という項目をあらかじめ考えておくと後々困ることが少なくなって良いかと思います。

まとめ

今回は、注文住宅だからこをこだわれるお風呂についてをご紹介してきました。インターデコハウスではシステムバスを採用しています。

造作のお風呂なども存在はしますが、インターデコハウスのような注文住宅の場合、多くはシステムバスが標準仕様として搭載されています。

造作のお風呂などを検討している場合は、予め住宅会社の担当営業に伝えるようにしましょう。間取りや費用の算出方法が変わってきます。

システムバスといってもこだわればとことんこだわることが可能です。マイホームを購入する前はシャワーしか浴びなかったのにマイホームを購入してからは、湯船にも浸かるような習慣になったという方もいらっしゃいます。

システムバスも日々アップデートされていますので、一度カタログやショールームで実物を見てみることをオススメします。

その際、気になっている住宅会社があるのであればその住宅会社の標準仕様を聞いた上でショールームへ行くようにしましょう。標準仕様以外のシステムバスを選ぶとグレードが同じでも価格に差が出ることがあるので注意が必要です。

私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)では「家づくりはじめの一歩セミナー」というセミナーで住宅ローンや土地探しのことはもちろんインターデコハウスの標準仕様がどのようなものかということもお客様が納得されるまでお伝えさせていただいています。

会社の横に住宅展示場もありますので、実際に使用する部材などを見ながらご相談することが可能ですのでぜひ一度無料相談会に来てみてください。

新築住宅を建築したいけどまず何から始めたら良いかわからない。という方はぜひお気軽にご連絡いただければと思います。

展示場へのご予約はこちらから