TOP > 注文住宅コラム > 輸入住宅ならではの平家に住む

注文住宅コラムColumn

輸入住宅

輸入住宅ならではの平家に住む

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

近年、平屋をご希望されるお客様が増えてきているのをご存知ですか。特に若者や子育て世代の方々からの人気が上がっているんです。雑誌など様々なメディアで取り上げられる機会が増え、平屋に対するイメージが「スタイリッシュでおしゃれ」と変わってきているようです。

平屋と言うと、以前までは「子育てが終わり、定年退職したシニア世代が暮らしている家」というイメージが強かったのではないかと思います。

しかしながら、現在は「マンションと戸建て住宅の良いとこ取りができて生活しやすい家」というイメージに変わり、平屋の魅力が改めて注目され始めています。

今回はそんな平屋について、輸入住宅ならではという視点でお伝えしていきたいと思います。

平屋人気が高まっている理由

世代を超えて人気が高まっているのには理由があります。とても機能的な平屋の魅力をご紹介していきましょう。

■動線が短い

これまでにも間取りのお話をする際に動線を考えることの大切さをお伝えしてきました。動線を考えることで無駄な動きを無くし、効率良くストレスを軽減することができます。

平屋は2階が無いので、階段を上り下りする必要はありませんし、各部屋への移動距離が短く済みます。

■家族の存在をいつも身近に感じられる

ワンフロアに家族がいるので、顔を合わせる機会が増え、コミュニケーションもとりやすい環境が生まれます。

■バリアフリーという安心感

シニア世代になるとどんどん階段の昇り降りが辛くなります。踏み外してケガをしてしまう危険もあります。これはシニアだけではなく、妊婦さんや小さなお子さんのいる家庭にとっても言えることで、階段のない平屋はストレスなく安心して暮らせます

長く住むことを考えると、将来の老後を見据えてバリアフリーな平屋を選択するという方もいらっしゃいます。

■間取り・デザインの自由度が高い

2階がないので、荷重を支える柱が少なくて済みます。柱の数を減らすことでLDKを広々とした空間にすることが可能です。

また、天井を高くしたり、勾配天井にしたり、梁を見せたデザインにしたりと様々なバリエーションに仕上げられます。

■耐震性・耐風性が高まる

2階建てに比べて、低重心で重量も軽いので、構造的に地震や台風に強くなります。

■メンテナンス費用の節減

外壁補修や屋根のメンテナンスで足場を組む場合に、2階建てに比べて必要な高さが低くなったり、不要な場合もあるため、その分の費用を抑えることができます。長期的に見ると、2階建てよりも家の維持費を節減することができます。

■省エネ

2階がない分、部屋数が少なくなるので必要な冷暖房器具が減ります。また、ワンフロアで効率よく室内の空気を循環できるので、温度差も少なくなります。

輸入住宅ならではのおしゃれな外観

平屋の機能的な面やさまざまなメリットについてご紹介してきましたが、輸入住宅で建てるのであれば、やはり外観にもこだわっておしゃれな家にしたいですよね。

平屋は間取り・デザインの自由度が高いと上に書きましたが、外観デザインもさまざまなバリエーションがあり、オリジナリティを表現しやすく、希少性が高いのも魅力です。

2階建てと違い、1階の面積が広くなるので屋根が占める割合も多くなります。屋根の高低によって印象が変わるほど、平屋の外観では屋根が重要なポイントになります。

例えば、屋根が低いと和風テイストの雰囲気に近くなったり、高くすると洋風テイストの雰囲気に近くなります。

平屋の外観を考えるときは、壁、屋根、窓の全体のバランスや使用する建材を含めた全体の統一感を考えることが大切です。

また、平屋ならではの特徴を活かした、オリジナリティのあるおしゃれな外観をつくるには、外観デザインを崩さないようにプランニングする必要があります。

インターデコハウスでは、『輸入住宅の印象を決める外壁の選び方』という記事でもご紹介しましたが、北欧スタイル、南欧スタイル、北米スタイルの商品ラインナップがあります。

平屋でも、北欧・南欧・北米それぞれのテイストに合わせたデザインにすることが可能です。イメージパースですが、それぞれの外観デザインをご紹介します。

▼北欧テイスト

▼南欧テイスト

▼北米テイスト

これらはどれも同じ間取りで外観デザインを変えたものとなっています。よく見ていただくと玄関や窓の配置が同じなのがわかりますよね。

そして、ご覧の通り屋根の形状が違うだけで、かなり印象も変わりますよね。

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、お好みのテイストにあった外観デザインをご提案させていただきますので、平屋でご検討中のお客様もお気軽にご相談ください。

インターデコハウスなら、外観デザインだけではなく、内装のコーディネートもお好みのテイストに合わせてご提案しますので、おしゃれなトータルコーディネートが可能です。

輸入住宅ならではのゆとりと優れた性能

輸入住宅と言うとデザインに目が行きがちですが、機能性や性能の高さも忘れてはいけないポイントです。この機能性や性能は長く快適に暮らしていく上でとても大切です。

間取りでは、海外でよく見られる部屋や廊下の仕切り・壁を減らしたオープンプランニングで広々としたゆとりのある空間をつくることが可能です。

また、輸入住宅は断熱性・気密性、耐震性・耐久性、耐火性、遮音性などの性能に優れています。インターデコハウスもこれらの性能を備えたツーバイフォー工法を採用しています。

ツーバイフォー工法は日本で古来から伝わってきた、柱や梁で支える木造軸組工法とは異なり、床・壁・天井の6面全体で支えて外力を分散する剛性の高い工法です。

ツーバイフォー住宅は世界有数の地震大国である日本で、これまでに発生した数々の大震災において、補修をしなくても当面居住に支障がない状態の家が90%以上という強度を発揮しており、安心して暮らしていただけます。

予め知っておきたいデメリット

平屋の魅力やメリットについて書いてきましたが、平屋だからこそのデメリットもあります。

■広い土地が必要

平屋で部屋数を増やそうとすると、2階建てと比べて建築面積が大きくなるので、広い敷地が必要になります。

しかしながら、土地には容積率や建ぺい率といった建築可能な建物の大きさが制限されている土地もあり、2階建てを想定して建物の大きさが規制された土地では平屋を建築できない場合もあります。

2階建ての場合と比較すると最適な土地を探すのはより困難になると思われますので、平屋をご検討されるのであれば、住宅会社に相談して家づくりと土地探しを一緒に進めていくことをおすすめします。

■防犯対策が必要

全居室が1階にあるので外からの視線が気になってしまったり、外部からの侵入にも細心の注意を払わなけばなりません。周辺環境に合わせた十分な防犯対策が必要となります。

■日当たりが悪くなる

建物の高さが低いため、周りが2階建て以上の建物に囲まれていると日当たりが悪くなります。間取りによっても直接光が入らない場所が多くなってしまうので、高い位置に窓をつけたり、天窓を作るなどの工夫も必要になります。

■建築費用が割高になる

広い土地が必要になる分、土地代も高くなってしまいます。また、2階建て住宅と同じ建築面積であっても、平屋の場合は1階の床面積が広くなるので、基礎工事で使用するコンクリートが多くなってしまいます。屋根の面積も大きくなり、必要な屋根材が増えることなどから、建築費用は割高になってしまいます。

この他にもプライバシー確保が難しい点や水害時の浸水が不安な点などが挙げられます。

輸入住宅のデメリットについては下の記事に詳しく書いてありますので、そちらをご覧になってください。

こうしたデメリットとして挙がっていることでも、考え方を変えたり、何らかの対策を講じたり、工夫したりすることでデメリットではなくなることもあります。

気になることや疑問・不安などがある場合は住宅会社に相談してみましょう。

まとめ

輸入住宅で平屋を建てる場合、輸入住宅としてのメリット・デメリットがあり、平屋のメリット・デメリットもあります。それらをしっかりと知った上で自分たちの求める家や暮らしに合っているのかどうか考えてみてください。

そして、平屋に限らず家づくり全般において言えることですが、自分たちだけで考えて悩むよりも、まずは家づくりのプロである住宅会社に相談してみてください。

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、お客様の希望をしっかりとヒアリングさせていただき、予算のことも資金計画を立てて不安を取り除いてから家づくりをスタートしています。お客様それぞれに合った最適なご提案をします。

インターデコハウスの家を見てみたいというお客様には八橋にある住宅展示場をご見学いただけますし、不定期ではありますが、実際のオーナー様の家を特別にお借りして完成見学会も開催しています。

家づくり無料相談会も行っておりますので、家づくりをご検討中の方で話を聞いてみたいという方はぜひ一度いらしてください。見るだけ見てみたいという方でも大歓迎です。

家づくり無料相談会のご予約はこちらから

banner.jpg