TOP > 注文住宅コラム > 輸入住宅の間取りは何が違うの?

注文住宅コラムColumn

輸入住宅

輸入住宅の間取りは何が違うの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

輸入住宅で建てる場合、どのような間取りになるのかというのは気になるところですよね。日本の家とどう違うのか、どんな特徴があるのかなどわからない部分も多いのではないかと思います。

今回は輸入住宅の間取りについてお伝えしていきたいと思います。

輸入住宅とは

まず、「輸入住宅とは」という部分について簡単にふれておきます。輸入住宅産業協会の文を抜粋すると厳密な定義付けはされていませんが、一般的に「海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅」としています。

インターデコハウスの商品もヨーロッパやアメリカなど海外の建築様式やデザイン、ライフスタイルなどのルーツについて調べ、理解した上でそれらを尊重してしっかりとデザインに反映させています。

しかし、文化や気候、生活習慣などは日本と欧米の国々とで違いますから、全く同じ造りにという訳にはいきません。日本の気候や生活スタイルに合わせて、日本人が暮らしやすいように柔軟にアレンジされているのが輸入住宅です

輸入住宅だから「家の中でも靴を履いていなければいけない?」「和室は造れない?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。日本人に合わせて、靴を脱いで生活するように設計されていますし、和室を造られるお客様ももちろんいます。

設計思想を重んじてはいますが、それによって設計の自由度が制限されるということはなく、むしろ柔軟に要望を取り入れられるという点は輸入住宅の魅力でもあります。

設計モジュールの違いとゆとり

モジュールとは、建築において設計する際に基準となる基本寸法のことで、建築材料の長さや幅はこのモジュールがベースとなっています。そして、柱と柱の間隔や空間の広さなどもモジュールの倍数を基本につくられています。

代表的なモジュールと数値は以下のとおりです。

・尺モジュール   910mm

・メーターモジュール 1,000mm

・インチ・フィートモジュール 1,218mm

日本の住宅建築で最も多く使用されているのが尺モジュールです。最近では、大手ハウスメーカーなどでメーターモジュールを採用するところも増えてきているようです。

では、輸入住宅ではどうかと言うと、北欧などヨーロッパ系では1,200mm、北米系では1,220mmを採用している住宅会社が多いようです。

同じような間取りであったり、延床面積であっても空間がより広く感じられることがあります。その場合、このモジュールの違いが影響していると考えられます。

例えば、尺モジュールの場合、廊下の幅は壁の中心からもう一方の壁の中心までが910mmです。これが輸入住宅では1,200mmだったり1,220mmだったりになるわけです。

会社によって採用している工法やモジュールは異なりますが、輸入住宅はモジュールが大きいことで、広くゆったりとした間取りとなっていることがおわかりいただけたと思います。

空間を豊かに演出するオープンプランニング

輸入住宅の特徴の一つとも言えるのがオープンプランニングです。オープンプランニングとは、プライベートスペースを除いた空間(リビングやダイニング、キッチンなど)の壁を構造上必要とされる部分は確保した上で、間仕切りの壁を少なくし、空間をより広く開放的にするものです。

これを可能にしているのが、輸入住宅の優れた基本性能(気密性、断熱性、耐震性、耐久性、耐火性など)を備えたツーバイフォー工法です。

ツーバイフォー工法の説明は下の記事にも書いていますので、そちらをご覧ください。

インターデコハウスの間取りですと、標準仕様では玄関からリビングに入る部分にドアがついていません。また、リビングに階段を設けた間取りも多くあります。廊下が少ないというのもオープンプランニングの特徴です。

仕切りが少ない開放的な空間にすることで、家族が顔を合わせる機会が増えますし、リビング・ダイニング・キッチンなどから階段が見えることで、どこにいても家族の出入りする様子や存在感を感じられることができるのもメリットです。

輸入住宅の間取り紹介

それでは、インターデコハウスの間取りをいくつかご紹介します。

▼レコルト 32坪/1F(上)、2F(下)

1FのLDKは仕切りがなく、ひと続きになっています。そして階段はLDKのちょうど真ん中辺りに配置してあり、外出時も帰宅時も家族の顔を見ることができます。家族の会話も自然と増えそうですね。

▼スパニッシュ 32坪/1F(上)、2F(下)

こちらは階段を中心に回遊式の間取りになっており、家事がしやすいプランです。リビング横のホビールームは多目的に使えます。小さなお子様がいらっしゃる家庭であればキッズスペースにするとキッチンからも子どもの様子が見えるので安心です。

▼ルオント 27坪/1F(上)、2F(下)

リビングはくつろぎスペースとして、キッチン・ダイニングとは離して独立させたいという方にはこちらのプランはいかがでしょうか。廊下を渡って少し離れた場所にあるラウンジはちょっとした特別空間になります。家族時間を大切にしたい方におすすめです。

玄関から廊下に沿って土間スペースになっていますので、ここにグリーンを置いたり、自転車を飾ったりするとおしゃれに見せることができます。

バルコニーやベランダがないことも

海外では日本のように2階にベランダやバルコニーを設けている家は少ないです。日本ですとベランダやバルコニーは洗濯物を干す場所として考えられていますが、おしゃれなデザインの輸入住宅でイメージしてみてください。

...どうでしょう?

せっかくのデザインが台無しになってしまいかねませんね。このように美観上の理由もあって海外の住宅では基本的にバルコニーは設けていません。そのかわり、テラスやデッキにこだわっている家は多いようです。

ですが、日本ではやはりお客様からの要望として多いというのも事実です。インターデコハウスでは、バルコニーを設けたプランもご用意していますし、お客様のご要望に合わせて、全体のデザインが崩れないように配慮しながら設置場所などを考えて対応させていただきますので、バルコニーを設置希望の方はご相談くださいね

まとめ

今回は輸入住宅の間取りについてお伝えしました。海外の設計思想を尊重しながらも日本の暮らし方に合わせた柔軟性がある輸入住宅。その魅力は伝わりましたか?

間取りについては、お客様によって様々なご要望があると思います。「輸入住宅だから難しいのでは?」と思っていることでも、実際には融通が利いたり、工夫次第で可能になったりすることもあります。

諦めてしまう前に、まずはご要望をお聞かせください。お客様に合った最善のご提案をさせていただきます。

インターデコハウスの家を見てみたいというお客様には八橋にある住宅展示場をご見学いただけますし、不定期ではありますが、実際のオーナー様の家を特別にお借りして完成見学会も開催しています。

家づくり無料相談会も行っておりますので、家づくりをご検討中の方で話を聞いてみたいという方はぜひ一度いらしてください。見るだけ見てみたいという方でも大歓迎です。

家づくり無料相談会のご予約はこちらから

banner.jpg