TOP > 注文住宅コラム > 注文住宅を建てる上での楽しみの見つけ方

注文住宅コラムColumn

注文住宅

注文住宅を建てる上での楽しみの見つけ方

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

家を建てるということは人生の中で最も高い買い物と言えるほど多額の費用を要しますし、熟考を重ねるため多くの時間も費やします。せっかく完成しても住んでみたら失敗や後悔を感じる部分が出てきてしまったり、なかなか一筋縄ではいかないのが家づくりです。

いきなり冒頭からマイナスな話をしてしまいましたね...申し訳ありません。

ですが、そんな大変な思いをしてもやはり多くの方はマイホームを手に入れたいと考えています。家を建てると、自分の家を持つという安心感や窮屈な思いをせずに好きに暮らせるという自由が得られます。また、家での過ごし方が変わったり、新たな楽しみが増えたりする方もいらっしゃるでしょう。

大きな決断をし、苦労をしてでも手に入れたマイホーム。私は完成した家を見たときの満足感や達成感、喜びに包まれたお客様の笑顔をたくさん見てきました。苦労以上に得られるものがきっとそこにはあるのだと思います。

だからこそ、住んでからはもちろんですが、家づくりも思い出に残るように楽しんでいただきたいと私たちは考えています。

今回は注文住宅を建てる上での楽しみ方についてお伝えしたいと思います。

間取りを考えるという楽しみ

注文住宅での間取り決めは自由度が高いので、要望やこだわりを反映させやすく楽しめる反面、家の造りに関わる最も重要なものですから、悩みどころも多く、難しいと感じる方も多くいらっしゃいます。

あまり難しく考え過ぎて頭を悩ませてしまうことがないように、間取りを考える際には以下のポイントを押さえておきましょう。

①家族の希望条件を全てリストアップする

②優先順位をつけて希望条件を整理する

③住宅会社に相談する

④効率的な家事動線を意識する

⑤一日の動きをシミュレーションしてみる

⑥適切な場所に必要なスペースの収納を考える

これらの内容については過去の記事で説明していますので、そちらもご覧になってみてください。

インターデコハウスで建てられたお客様の中にはお家の中にちょっとした遊び心をプラスされている方もいらっしゃいます。

例えば、2階ホールの収納を本棚で隠し扉にしてしまったというオーナー様。

奥様が「せっかくだから、少し面白いことがしたい!」と冗談混じりで言ったことを実現してしまいました。

また、こちらのお宅には2匹のネコちゃんもいて、専用の通り穴やキャットウォークも設けられています。上下階を自由に行き来できてネコちゃんも住み心地に満足されているそうです。

何もないところに「こうしてみたい」「ああしてみたい」という要望を反映して、住みやすさや暮らしの楽しみを造っていけるのは注文住宅の魅力です。

みなさんはどんな暮らしがしたいですか。そこで暮らしている自分を想像してみてください。そんな風にイメージしながら間取りを考えるのも楽しいですね。

楽しみながら家づくりをするコツ

お客様の中には、雑誌で気に入った写真をスクラップブックにしたり、「こんな風にしたい」というイメージをスケッチして伝えてくれる方もいらっしゃいます。

そんなお客様の姿を想像すると、きっととても楽しそうに作業されているのだろうなあと思うのです。

お客様の好きなスタイルやテイストを具体的に知ることができますし、お互いにイメージを共有することができるので、写真やスケッチでお好みの雰囲気を伝えてもらうのはこちらも大歓迎です。

棚の位置や高さ、そこに何を置くか考えたり、素材の色やデザインを一つ一つ選んだり、家具やインテリアなどをコーディネートすることは、改めて自分の好きなモノやテイストを再認識する良い機会でもあります。

コーディネートの打ち合わせ中にインテリアや雑貨の話で盛り上がるということはよくありますし、その時のお客様は本当に楽しそうにお話してくれています。こうしたことも家づくりの楽しみ方の一つですよね。

そして、楽しく家づくりを進めるために大切なことは不安や不満をなくすことです。ちょっとした不安や悩みを抱えているだけで気持ちはモヤモヤしてしまいます。

初めての家づくりでわからないことだらけなのは当然です。だからといって気になっていることや不安に感じていることをそのままにしないでください。なるべく打ち合わせの度に、担当者に相談して一つ一つ納得した上で進めていきましょう。

下の記事では、『注文住宅を建てる人に知っておいて欲しい打ち合わせの心得』についてまとめてありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

また、インターデコハウス秋田(住広ホーム)のホームページでは、ほかにも家づくりに関する様々な記事をアップしています。住宅ローンなどお金に関する記事もあります。気になる項目があれば、キーワード検索もできますので、ぜひ探して読んでみてください。

ちょっとした工夫で楽しめる仕様に

本が好きな人にとっては本棚を造りたいと考える方もいらっしゃると思います。上では、本棚を収納の隠し扉にしてしまったという事例をご紹介しましたが、本棚も造り方次第でおしゃれになります。

ここでは、インターデコハウスのモデルハウスとオーナー様の事例をご紹介したいと思います。

こちらはモデルハウスの写真です。この空間の対面がラウンジ(リビング)になっているのですが、壁に造作された本棚がとてもおしゃれですよね。

窓下部分は腰を掛けることもできますし、その部分の向かって左側はよく見ると斜めになっていて、ちゃんと背をもたれて座ることもできるように造られています。

好きな本に囲まれて、暖炉の暖かさに包まれながら過ごす時間は贅沢ですね。

こちらはオーナー様宅の写真です。階段の壁を使って造作された本棚はスペースの有効活用ができて、見せる収納でまるでギャラリーのようですね。こちらもおしゃれで素敵な空間になっています。

こうした造作棚をつけることで収納を兼ね備えたおしゃれ空間を演出できます。お家の中にお気に入りの空間があると暮らしの楽しみ方も広がります。

家で過ごす時間の楽しみ方

注文住宅は建てた後も楽しみがいっぱいあります。今まで出来なかったことが出来るようになり趣味が増えたという話もよく聞きます。外出が減り、家で過ごす時間が増えたと楽しそうにお話するオーナー様も多くいらっしゃいます。

こちらのオーナー様は、いつでも家族が集まれる場所にしたいと広々オープンなアイランドキッチンにしたそうです。お子さんにも家事に興味を持ってもらい、お手伝いが出来るようになってほしいという想いが込められています。

娘さんはすでに野菜を切ったり、餃子を包んだり、楽しくお手伝いをしてくれているそうです。キッチンは奥様が想像していた通り、家族と過ごす場所になっているようですね。今は大きくなった子どもたちと一緒にパンやお菓子をつくる日を待ち遠しく思っているのだとか。

それから、こちらのお宅では階段下のスペースを活用して、子どもたちの遊び場にしています。かわいく飾ったり、おもちゃを置いたり、子どもたちにとってはまるで秘密基地のような楽しい場所になっています。

こちらは店舗併用住宅を建てられたオーナー様。学生時代からいつかアメリカンなお店を開きたいと思っていたそうで、アイシングクッキーやデコレーションケーキなどのお菓子作りをされていました。

子育てをしながら外に働きに出るのは大変で、ライフワークバランスを考えて店舗併用住宅にすることにしたそうです。子育てを第一に考えて、お店は無理なく週2回の営業に。お店を通して地域の方とのつながりも増えたそうですよ。

実はインターデコハウスでは店舗併用で建てられているお客様が多くいらっしゃいます。自由設計の注文住宅だからこそできることです。かねてからの夢や憧れを住宅と一緒に叶えるというのも素敵なライフプランですね。

まとめ

今回は注文住宅を建てる上での楽しみ方についてお伝えしてきました。

家での過ごし方は人それぞれ違いますが、注文住宅を建てることで家族で過ごす時間が増えたり、夫婦で楽しめる趣味が増えたり。暮らしていくほどにますます家を好きになってもらえたら、私たちも嬉しいですし、楽しく暮らしている様子を見たり聞いたりすることは私たちの楽しみのひとつです。

みなさんの家づくりが楽しい時間になるように私たちも精一杯お手伝いさせていただきたいと考えています。家づくりのことでご相談がありましたら、どうぞお気軽にお問合せくださいね。

会社の横に住宅展示場もありますので、実際に使用する部材などを見ながらご相談することが可能です。ぜひ一度無料相談会に来てみてください。

家づくり無料相談会のご予約はこちらから

banner.jpg