TOP > 注文住宅コラム > 北欧の家の特徴は?北欧住宅の外観や内装を解説

注文住宅コラムColumn

北欧住宅

北欧の家の特徴は?北欧住宅の外観や内装を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。
いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

以前「北欧住宅ならではの間取りの工夫」という記事では北欧住宅に見られる間取りの特徴や、北欧の特徴である「自然」と繋がりが感じられる間取りの特徴をご紹介しました。

他にも過去に北欧住宅についての記事をご紹介してきていますのでよろしければこちらも読んでみてください。

北欧住宅の記事はこちら

今回は、外観や内装などについて触れていきたいと思います。

北欧の家のスタイル、特徴は?

北欧の家のスタイルや特徴について皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。北欧インテリアのイメージはつくけど、家全体のイメージや家の特徴と言われると難しいですよね。

実際の北欧住宅は気候などを踏まえた地域柄特徴があったり、歴史的特徴が散りばめられていたりします。美しいだけではない!北欧住宅の特徴とは」という記事でもご紹介していますので一部を抜粋してご紹介します。

・外観はシンプルなデザインで自然と調和しやすい

・高気密、高断熱の高い省エネ性能

・採光や間取りを工夫した快適な居住性

このようなごく一般的のように思われるような内容を北欧の気候や歴史を背景にしてデザインされています。日本では、このような実際の北欧の暮らしのイメージをできるだけ取り入れて北欧デザインの住宅を設計しています。

北欧の家の外観

北欧の家の外観といえばこの写真のように三角屋根の家で、周りには自然がたくさんあるイメージだとわかりやすいのではないでしょうか。

このような湖畔に建っている建物の写真を見ても北欧らしい素敵な感じが伝わってきますよね。北欧住宅はこのように自然との調和がキーワードになっています。

三角屋根で赤い外壁や白い外壁という建物のデザインが私たち日本人にとっては馴染みがあるデザインかもしれませんね。

インターデコハウスの北欧デザインの住宅もこのようなデザインの特徴を取り入れた外観の住宅です。下の2枚の写真はインターデコハウスの北欧デザインの「ルオント」と「ヘルミ」です。

インターデコハウスの外観デザインは北欧以外にも北米・南欧のデザインがあります。詳しくは商品ラインナップのページをご覧になってみてください。

商品ラインナップページはこちら

北欧の家のベランダや庭

自然との調和が特徴の北欧の家のベランダや庭はどのようになっているのでしょうか。日本の住宅でもベランダや庭をつくるのは一般的です。

地域や気候によって育つ草木に違いがあります。実際の北欧住宅の庭にある草木を日本で育てることは全ては難しいかもしれませんがポイントで取り入れることは可能です。

また、ベランダや庭も同じようにはできなくても特徴を取り入れることは可能です。例えばこちらの外観のようにベランダを取り入れることも可能です。

土地の向きや大きさによってはバルコニーをつけることが困難であったり、バルコニーが不要な地域もありますし、バルコニーが絶対必要な地域もあります。

北欧住宅の外観デザインの特徴は生かしたまま地域にあったスタイルの北欧住宅を建てるのがおすすめです。また下の写真のようにウッドデッキを設けることも良いかもしれませんね。

リビングやダイニングから繋がるウッドデッキは部屋の中と外を調和させてくれます。もちろんウッドデッキをつくるのにも費用はかかりますが、デザインとしてだけではなく、暮らし方の一つとしてこのようなスタイルもインターデコハウスではおすすめしています。

北欧の家のリビング、キッチン

北欧住宅のリビングやキッチンの特徴をご紹介します。「北欧住宅の内装はどうなってる?実例で見る部屋づくり」という記事でも北欧住宅の内装について触れていますので併せてお読みください。

北欧住宅のリビングは、家具やインテリアの配色でイメージが大きく変わってきます。白と黒を使ったモノトーンな仕上げや、白と木の色味をうまく調和させたナチュラルな仕上げや、ビビットな色使いで仕上げるケースもあります。

また、照明の配置やデザイン、窓の位置や大きさなどもこだわるポイントです。ただし、窓の位置などは建築する土地によっても左右されます。

このような配色で家具などを配置しているだけでも北欧インテリアのイメージがわきますよね。北欧デザインの家のリビングやキッチンの事例をご紹介します。

このように、キッチンの天板を黒にして扉面材のカラーを白にし、アクセントとなるスワッグなどを飾るとおしゃれな感じが際立ちますよね。

天板のタイルは色だけではなくタイル1枚1枚の大きさが大きめなものを選んでいくとモダンなトーンを表現することができます。所々に「黒」をアクセントカラーとして取り入れるだけでも印象が変わってくるのでおすすめです。

北欧の家ならではの機能とは?

日本の住宅とは違い、北欧住宅ならではの特徴もあります。例えば、フィンランドに建っている住宅の場合は一般住宅に「サウナ」がついているのが一般的なようです。

毎日ではなくてもサウナを楽しみ、入浴もするようです。日本と同様にサウナがライフスタイルの一部になっています。

また、照明が少なく、キャンドルの灯りで過ごす時間を大切にもしています。もちろん照明がまったくないわけではありませんが、主に間接照明とキャンドルを使った灯りでリラックスした空間を作り上げるのも北欧住宅の特徴です。

北欧の家でよく見られるインテリアや小物はある?

北欧の家でよく見られるインテリアとしては木製の家具やアートがよく飾られています。北欧輸入家具については「人気の北欧輸入家具を知る」という記事も参考にしていただければと思います。

北欧家具といえば、シンプルでありながら柔らかい曲線を描く丸みを帯びた高いデザイン性と実用性を兼ね備えているのが特徴です。

このような特徴を持つ家具は長年大切にメンテナンスをして代々受け継いでいきます。古さを感じない伝統的な家具は家同様に受け継がれていくのが特徴です。

北欧家具に欠かせない代表的な木材というと「チーク材」「ローズウッド材」「オーク材」の3種類が挙げられます。このような代表的な木材を加工した家具が日本でも人気になっています。

また、アートやファブリックパネルなども北欧インテリアとして採用されることが多くあります。

このように北欧デザインの柄をファブリックパネルにして壁に飾るだけでも北欧スタイルを表現することができます。

小さなアートをいくつも飾ったり、大きな壁一面のアートを飾る場合などもあり、家全体のインテリアとのバランスをうまくとることが大切です。

まとめ

今回は、「北欧の家の特徴は?北欧住宅の外観や内装を解説」ということで、北欧住宅の外観の特徴や内装の特徴をポイントでご紹介してきました。

実際の北欧住宅と日本で建築する場合の北欧デザインの住宅とでは、異なる部分も出てきますが、暮らしのイメージを近づけることはできます。

私たち、インターデコハウス秋田(住広ホーム)のスタッフも数年前に北欧へ研修で訪問した際に実際に現地で暮らしている方の家を訪問させていただいたことがあります。

日本とは様式が違いますが、インテリアデザインなどのスタイルを日本で表現することはできると思いました。外観は窓の位置や配色。内装は家具のセレクトや配色にポイントを重視することで北欧デザインを表現できます。

北欧インテリアや北欧デザインの住宅に憧れのある方はぜひ一度実際のモデルハウスをご覧になってみてください。

私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)では、お客様一人ひとりによって家づくりの考え方や住宅ローンの借り方など全てが違うので詳細はお客様一人ひとりに合わせてご提案させていただいています。

今回この記事を最後まで読んでいただいた方は、家づくりを進めていてる方もしくはすぐに家づくりを始めたいと思っている方ではないでしょうか。

既に家づくりを進めている方でまだ住宅会社を決めきれていない方は一度インターデコハウス秋田(住広ホーム)の八橋展示場へお越しいただき、インターデコハウスのことや住広ホームの家づくりの考え方などを聞いていただければと思います。

これから家づくりを始めようと思っている方は、ぜひ一度私たちが開催している「家づくりはじめの一歩セミナー」へご参加いただければと思います。

今回この記事でご紹介した内容をお客様一人ひとりのケースをお聞きしてご提案させていただいています。まずはじっくりとお客様の家づくりに対する想いをお聞かせいただければと思います。

私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)の「家づくりはじめの一歩セミナー」のご予約はこちらからお願いします。

>>無料相談予約ご予約はこちらから

【無料カタログプレゼント中!】

インターデコハウスは2020年で20周年を迎えました。20周年を記念してカタログが新しくなりました!インターデコハウスの無料カタログをご希望の方はカタログ応募フォームからお問い合わせ下さい。

>>無料カタログはこちらから

*総合カタログ

インターデコハウスのコンセプトや世界観がわかる一冊です。インターデコハウスのコンセプトや「北欧」「南欧」「北米」に分けられた商品ラインナップの各商品の説明が実際の実例写真と共に紹介されています。

この1冊でインターデコハウスのファンになっていただけると思います。また、商品ごとにプロのコーディネーターへインタビューしたインテリアデザインポイントを掲載しています。

*仕様・性能ガイドブック

北海道生まれのインターデコハウスは住宅デザインだけではなく、性能や仕様にもこだわりをもっています。

枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を取り入れた工法は地震や台風にも強いと言われています。

デザインだけが良くても性能や仕様もちゃんと知っておきたい。

そんなお客様にわかりやすくインターデコハウスの性能や仕様がわかる1冊になっています。

*商品ラインナップ

インターデコハウスには「北欧」「南欧」「北米」に分けられた全部で10種類の外観デザインがあります。(2020年3月時点)自分たちの好みがどのような外観デザインなのかを考えるのに適している1冊です。

*実例写真集

12組のインターデコハウスで実際に暮らしている全国のオーナー様にインタビューをした1冊です。

インターデコハウスで叶えた12組のお客様の暮らしを垣間見ることができます。

それぞれのオーナー様がどのようなポイントをこだわったのか。インターデコハウスに住んでどのように暮らし方が変化していったのか。家づくりを検討している方に是非読んで欲しい1冊です。

>>無料カタログはこちらから

【八橋展示場見学はこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)は事務所の隣に住宅展示場が建っています。実際いインターデコハウスの住宅で使用される建築部材を使用しているので、展示場で実際に体感することが可能です。

また、展示場のソファに腰を掛けてマイホームでくつろぐイメージを感じたり、キッチンに立ってリビングダイニングを見渡すイメージをすることが可能になっています。

定休日以外は毎日見学可能ですのでぜひご予約の上ご来場ください。

>>八橋展示場へのご予約はこちら

【毎月発行しているデコスタイルブックはこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、毎月「デコスタイルブック」という季刊誌を発行しています。毎月のイベント情報や、暮らしに関するおすすめ情報などインターデコハウス秋田にお問い合わせいただいた方限定の情報誌です。

毎月発行のデコスタイルブックをご希望の方はまずは資料請求をお願いします。

>>デコスタイルブックをご希望の方はこちら

【インターデコハウス秋田のSNSはこちら】

Facebookとinstagramでも情報発信中です。ぜひフォロー&いいね!をお願いいたします。

>>Facebook

>>instagram