TOP > 輸入住宅コラム > 北欧テイストが和室に溶け込む意外な理由とは

輸入住宅コラムColumn

北欧住宅

北欧テイストが和室に溶け込む意外な理由とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。
いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

注文住宅を建築する際に和室が欲しいという要望を聞く機会が多くあります。私たちは日本で暮らしていて和室のある家で過ごしていたという方も多いと思います。

注文住宅を建築する上で間取りは優先順位が高いこだわりポイントの一つだと思います。リビングや寝室は洋室でいいけど、リビングの一角に和室が欲しいという要望はできる限り叶えてあげたいと思います。

ただ、北欧テイストに揃えた部屋の中にいきなり本物の和室があると少し違和感もありますし、本物の和室を望んでいるお客様よりは、おしゃれな和室を望んでいる方が多いのかなと思います。

今回は、北欧テイストが和室に溶け込む意外な理由を解説します。

北欧住宅と和室の共通点とは

北欧住宅と日本の住宅には共通点があります。以前「美しいだけではない!北欧住宅の特徴とは」という記事で、北欧住宅と日本の住宅には似ている部分があるということを解説しました。

特に、日本の気候と北欧の気候が似ていることから「家」での暮らし方などもところどころに共通点があります。

北欧デザインは木のぬくもりあふれるシンプルなものが多く存在します。特に木を使った素材感を活かした北欧家具が有名ですが、木を使った家具と調和するデザインの部屋が多いのですが、これは日本における和室にも似ている部分があるのです。

和室は畳があって、襖があって、襖に描かれているデザインもシンプルなものが多く照明も背の低いもので灯りを楽しむ趣のある部屋ですよね。

和室も色々な使い方がされているので一般的な和室の内容をお伝えしています。できる限り異色なデザインのものは置かずに和室のイメージが統一される家具を配置していることが多いかと思います。

灯りや木の家具が合い、リラックスできる空間を作り上げるという点では共通点と言えると思います。ただ、最近の注文住宅ではこのような本物の和室をつくるお客様は減っています。

では和室が欲しいお客様はどのようにしたら良いのかを次で解説します。

和室に北欧テイストを取り入れるコツ

和室にどのように北欧テイストを取り入れると雰囲気を崩さずに表現できるかをいくつかご紹介します。まず、畳はこの写真のようなスクエアなものであったり、置き畳がおすすめです。

(出典:DAIKEN https://www.daiken.jp/tatami/lineup/kokochiwaza_shikikomi/saien.html

和室に北欧テイストを取り入れる場合、まず気をつけたいポイントは色使いです。北欧スタイルの注文住宅をご希望されるお客様が和室を取り入れる場合このようなスクエアな畳を使われる方が非常に多くいらっしゃいます。

全て同じ色にするのではなく色を変えて畳の表情を楽しむことができます。また、このような色使いは以前ご紹介した「色使いがポイントとなる北欧カラーの家づくりとは」という記事でも解説しているので併せて読んでみてください。

この記事の中でご紹介した色使いを心がけると北欧テイストを取り入れやすくなりますね。

このような色使いを取り入れることでも北欧テイストを表現することができます。また、北欧家具を合わせるとより北欧テイストを表現することができます。さらに小物やグリーンなどを飾ったり、アートを飾ることでも北欧テイストをより表現することができます。

和室に北欧テイストを取り入れるポイントは色使いの調和が重要です。北欧カラーをうまく使うことで和室の中に北欧テイストを取り入れることができるので実践してみてください。

和室に北欧インテリアを取り入れたコーディネート

和室に北欧インテリアを取り入れるとどのようなイメージになるのかをご紹介いたします。

テーブル

(出典:Room Clip http://roomclip.jp/photo/qUla

和室には座布団が欠かせないアイテム。座布団のカバーをちょっとおしゃれなファブリックやレザーカバーにすることで雰囲気がガラッと変わりますね。テーブルの色を変えるのも良いかもしれませんね。

(出典:RoomClip http://roomclip.jp/photo/68n4

置き畳の和室に和風のテーブルと北欧スタイルのソファが上手にコーディネートされています。和の雰囲気には黒いレザーなど異質の素材がうまく北欧の雰囲気を演出してくれます。「和モダン」というキーワードも合うコーディネートですね。

こども部屋

(出典:Room Clip https://roomclip.jp/photo/rp9P

和室をこども部屋にするという発想も欠かせません。成長によって貼替え可能なウォールステッカーを収納扉に貼ったり、押入れの扉を外して北欧デザインのテキスタイルで目隠しをするだけで北欧スタイルを取り入れた和室にすることができます。

目に付きやすい部分をこのように変えてあげるだけで雰囲気が変わりますね。

収納

(出典:Room Clip https://roomclip.jp/photo/DbrP

和室に北欧スタイルの家具を配置しても収納が上手にできないと雑然とした雰囲気になってしまいがちです。こちらの例はunicoの大きな布を目隠しで使用しています。

また、収納家具の上には壁掛けの棚が。好きなアートや小物を飾るとさらに雰囲気がよくなります。

椅子

(出典:北欧、暮らしの道具店 https://hokuohkurashi.com/note/173946

和室に北欧デザインのテーブルとイスをシンプルに配置するだけで和室の印象が大きく変化します。さりげなく置かれたアートや小物なども素敵な印象を与えてくれますね。

物を多く置かないというのも和室を上手に使うポイントということでしょう。

照明

(出典:Room Clip https://roomclip.jp/photo/hsKw

和室に合う照明はたくさんありますが、和紙をつかったデザインのものが人気です。手作りのガーラントなどを添えることで部屋の雰囲気が変わりますね。

和室で使用する照明は照明メーカーのものだったりIKEAなどで販売している商品を使用している方が多くいらっしゃるようです。

(出典:Room Clip https://roomclip.jp/photo/re9W

こちらは和室ならではのフロアランプを使用しています。サイズの違う同じランプを並べるとおしゃれさが増しますね。

今回は、Room Clipに投稿されている写真の中から和室に北欧スタイルを取り込んでいる例をご紹介しました。注文住宅で和室を検討されている方は、Room Clipやインスタグラムなど実際に暮らしている人が投稿している写真を参考にしてみるとイメージが湧いてきてよいかと思います。

まとめ

今回は、「北欧テイストが和室に溶け込む意外な理由とは」という内容を解説してきました。注文住宅で和室を作りたいという要望はたくさんお聞きします。

土地の大きさや予算によって間取りも変わってきますのでどのような用途で和室を使うかがポイントになってきます。

インターデコハウスのように輸入住宅に和室?ということを思う方もいらっしゃるかもしれませんが、インターデコハウスのお客様でも和室をつくられているお客様は多くいらっしゃいます。

北欧デザインは「和」にとても相性が良いデザインが多く、シンプルなデザインでリビングなど他の部屋とのバランスもとりやすいのが良い点かと思います。

自分たちがどのような用途で和室を作りたいのかを明確にした上で、和室をどのようにコーディネートしたらおしゃれになるかを調べると楽しいかと思います。

今回この記事を最後まで読んでいただいた方は、家づくりを進めていてる方もしくはすぐに家づくりを始めたいと思っている方ではないでしょうか。

既に家づくりを進めている方でまだ住宅会社を決めきれていない方は一度インターデコハウス秋田(住広ホーム)の八橋展示場へお越しいただき、インターデコハウスのことや住広ホームの家づくりの考え方などを聞いていただければと思います。

これから家づくりを始めようと思っている方は、ぜひ一度私たちが開催している「家づくりはじめの一歩セミナー」へご参加いただければと思います。

今回この記事でご紹介した内容をお客様一人ひとりのケースをお聞きしてご提案させていただいています。まずはじっくりとお客様の家づくりに対する想いをお聞かせいただければと思います。

私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)の「家づくりはじめの一歩セミナー」のご予約はこちらからお願いします。

>>無料相談予約ご予約はこちらから

【無料カタログプレゼント中!】

インターデコハウスは2020年で20周年を迎えました。20周年を記念してカタログが新しくなりました!インターデコハウスの無料カタログをご希望の方はカタログ応募フォームからお問い合わせ下さい。

>>無料カタログはこちらから

*総合カタログ

インターデコハウスのコンセプトや世界観がわかる一冊です。インターデコハウスのコンセプトや「北欧」「南欧」「北米」に分けられた商品ラインナップの各商品の説明が実際の実例写真と共に紹介されています。

この1冊でインターデコハウスのファンになっていただけると思います。また、商品ごとにプロのコーディネーターへインタビューしたインテリアデザインポイントを掲載しています。

*仕様・性能ガイドブック

北海道生まれのインターデコハウスは住宅デザインだけではなく、性能や仕様にもこだわりをもっています。

枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を取り入れた工法は地震や台風にも強いと言われています。

デザインだけが良くても性能や仕様もちゃんと知っておきたい。

そんなお客様にわかりやすくインターデコハウスの性能や仕様がわかる1冊になっています。

*商品ラインナップ

インターデコハウスには「北欧」「南欧」「北米」に分けられた全部で10種類の外観デザインがあります。(2020年3月時点)自分たちの好みがどのような外観デザインなのかを考えるのに適している1冊です。

*実例写真集

12組のインターデコハウスで実際に暮らしている全国のオーナー様にインタビューをした1冊です。

インターデコハウスで叶えた12組のお客様の暮らしを垣間見ることができます。

それぞれのオーナー様がどのようなポイントをこだわったのか。インターデコハウスに住んでどのように暮らし方が変化していったのか。家づくりを検討している方に是非読んで欲しい1冊です。

>>無料カタログはこちらから

【八橋展示場見学はこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)は事務所の隣に住宅展示場が建っています。実際いインターデコハウスの住宅で使用される建築部材を使用しているので、展示場で実際に体感することが可能です。

また、展示場のソファに腰を掛けてマイホームでくつろぐイメージを感じたり、キッチンに立ってリビングダイニングを見渡すイメージをすることが可能になっています。

定休日以外は毎日見学可能ですのでぜひご予約の上ご来場ください。

>>八橋展示場へのご予約はこちら

【毎月発行しているデコスタイルブックはこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、毎月「デコスタイルブック」という季刊誌を発行しています。毎月のイベント情報や、暮らしに関するおすすめ情報などインターデコハウス秋田にお問い合わせいただいた方限定の情報誌です。

毎月発行のデコスタイルブックをご希望の方はまずは資料請求をお願いします。

>>デコスタイルブックをご希望の方はこちら

【インターデコハウス秋田のSNSはこちら】

Facebookとinstagramでも情報発信中です。ぜひフォロー&いいね!をお願いいたします。

>>Facebook

>>instagram