TOP > 輸入住宅コラム > お部屋にも合う、北欧キャラクターのインテリアとは

輸入住宅コラムColumn

北欧デザイン

お部屋にも合う、北欧キャラクターのインテリアとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。
いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

北欧テイストで部屋を飾ろうと思うとやはりワンポイントで可愛いキャラクターなども飾りたいなと思う方もいらっしゃると思います。

個人的には北欧キャラクターのものは持っていませんが、実はとあるキャラクターが好きだったりもします。ここではお話しませんが、気になる方は相談会に来て聞いてみてください。

さて、今回は北欧スタイルの部屋のコーディネートにも合う北欧キャラクターについて解説していこうと思います。

北欧テキスタイルを取り入れた理想の部屋づくり」というような記事でもご紹介しているとおり、北欧デザイン(北欧模様)で部屋をコーディネートすると、家具や雑貨にもこだわりたくなりますよね。

例えば、食器なんかも北欧デザインのものを集めたくなります。いつも使っている食器よりちょっとだけ値段が高いかもしれませんが、自分の好きな食器で食事をするという環境がいつもの食事よりも美味しく感じます。

北欧ヴィンテージ食器のある暮らし」でもご紹介したとおり、北欧デザインの食器もデザインやこだわりが様々です。

このように北欧インテリア・雑貨で飾った部屋にキャラクターものを飾るとどうしてもチープになってしまいがちですが、北欧キャラクターがあしらわれた雑貨などであれば、意外とうまく調和します。

今回は、そんな北欧キャラクターのインテリアについてご紹介していきます。

北欧の有名なキャラクターといえば

北欧の有名なキャラクターといえばどんなキャラクターを思い浮かべるでしょうか。 やはり人気なのは「ムーミン」と「リサ・ラーソン」ではないでしょうか。

ムーミン

ムーミンの歴史をたどっていくと1914年に生まれた作者の「トーベ・マリカ・ヤンソン」が1920年代にはムーミンの原型を描いているというから驚きです。

作者である「トーベ・マリカ・ヤンソン」は2001年に亡くなっていますが、未だにムーミンの人気が絶えないのはすごいことですよね。

2019年には埼玉県飯能市に、ムーミンの世界観を体感できるテーマパーク「ムーミンバレーパーク」がオープンしたことも記憶に新しいのではないでしょうか。

リサ・ラーソン

1931年にスウェーデンの南部で生まれた「リサ・ラーソン」は現在でも陶芸家として創作活動をし続けている作家です。

よく知っている作品としてはネコやライオンをモチーフにしたキャラクター作品ではないでしょうか。インターネットにリサ・ラーソンにインタビューをしている記事があったのでこちらも併せて読んでみてはいかがでしょうか。

リサ・ラーソンを訪ねて北欧へ」/THE VOLVO LIFE JOURNAL

生活の中にある創作。四季折々の自然と家族の思い出に囲まれた陶芸家の暮らし」/IDÉE LIFE CYCLING.

ムーミンとリサ・ラーソンは日本において北欧キャラクターの代表なのではないかと思います。

北欧キャラクターのおすすめインテリアを紹介

北欧キャラクターが描かれているインテリアをご紹介します。

(出典:ASWAN https://www.aswan.co.jp/

こちらはASWANというファニチャーメーカーが取り扱っているリサ・ラーソンのカーテンです。こちらはリサ・ラーソンの代表的なライオンをモチーフにしたキャラクターが描かれています。

他にも数種類のリサ・ラーソンデザインのカーテンを取り扱っていますので興味のある方はホームページをご覧になってみてください。

このように北欧キャラクターが描かれているインテリアは他にもあります。

(出典:Finlayson(フィンレイソン) http://www.finlayson.jp/ )

Finlayson(フィンレイソン)とは、1820年に創業された北欧フィンランド最古のテキスタイルブランドです。約200年の歴史があるブランドは、私たち日本人にも馴染みの深いブランドです。

ブランド名を聞いたことがなかった人でもデザインは見たことあるという方もいるのではないでしょうか。上記の写真はフィンレイソン×ムーミンの寝具カバーです。

(出典:Finlayson(フィンレイソン) http://www.finlayson.jp/ )

このようにさりげなくキャラクターがデザインされていてもインテリアコーディネートには違和感なくうまく馴染んでいますよね。

北欧インテリアで部屋をコーディネートする際に、キャラクターのデザインされたインテリアを飾る場合は、主張しすぎず、部屋全体の色使いや配色が調和すれば問題無いと思いますので、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

子供も嬉しい北欧キャラクターでお部屋を彩る

これまでにご紹介してきた北欧キャラクターですが、北欧キャラクターをインテリアとした部屋をつくると自分たちもワクワクしますし、お子さまにも嬉しい部屋になるのではないでしょうか。

Room Clipで見つけた北欧キャラクターで部屋を彩っている事例をいくつかご紹介しましょう。

(出典:RoomClip

インターデコハウスでも人気のニッチに北欧キャラクターであるムーミンが並べられています。ニッチはちょっとした小物などをうまく飾るとオシャレ度がアップします。

ただ、物を置くのではなく色合いや高さなどを考えて置くようにしましょう。「キャラクターを置くスペース」というような感じで集めておくのも可愛いですね。

(出典:RoomClip

こちらもニッチを活用した例です。ムーミンが家族で会話をしているように見えますね。このようなストーリーを感じるようなディスプレイも素敵です。

(出典:RoomClip

こちらもニッチを使ったディスプレイの事例。ムーミンのキャラクターである、スナフキンとミィですね。ペーパークラフトの置物をディスプレイしています。

キャラクターがそのままデザインされた小物ではなく、このようなシルエットでわかるような小物を飾るものおしゃれですよね。

(出典:RoomClip

こちらは食器棚の壁に飾り棚をつけている例ですね。マリメッコのファブロックボードが目に付きますが、ムーミンやリサ・ラーソンの小物だけではなく、容器やマグカップなども北欧テイストでそろっています。

このような配色で揃えると雰囲気が更によくなりますね。

(出典:RoomClip

こちらはキッチン収納の事例です。上段に並べられたムーミン缶が可愛いですね。マグカップツリーやBREADケースなど見せる収納も参考になる一枚です。

(出典:RoomClip

こちらは玄関のシューズボックスの上のディスプレイ例です。シンプルにまとまっていますが、さりげなくムーミンがお出迎えしてくれています。

このようなシューズボックスの上のスペースは季節によって変化させると楽しいかもしれませんね。来客があっても可愛いムーミンが出迎えてくれます。

(出典:RoomClip

こちらはリサ・ラーソンなどのポストカードを壁にディスプレイしていますが、ムーミンのウォールステッカーが可愛らしいですね。

ウォールステッカーは貼って剥がすことができるのでこども部屋などにもとてもよく合いますし、このようにさり気なくキャラクターのウォールステッカーを使うこともできます。

「ウォールステッカー」と検索するとかなり多くの種類が出てきますので一度検索してみてください。

まとめ

今回は、「お部屋にも合う、北欧キャラクターのインテリアとは」ということで、いくつか事例などを踏まえてご紹介してきました。

北欧キャラクターのインテリアは小物だけではなく、カーテンや寝具などにも実はあるんです。おそらく、キャラクター好きな方は既にご存知かもしれませんね。

注文住宅で家を建てるなら自分たちの好きなものに囲まれて暮らしたいですよね。また、ちょっとだけキャラクターの小物を飾ってかわいい雰囲気を演出するということもできますね。

インターデコハウスの家の場合は先程ご紹介したような、ニッチをつくる方が多くいらっしゃいます。ニッチがあるとニッチにどのような小物を飾ろうかと考えながらショッピングをするなどインテリアを考えるのはとても楽しくなります。

今回この記事を最後まで読んでいただいた方は、家づくりを進めていてる方もしくはすぐに家づくりを始めたいと思っている方ではないでしょうか。

既に家づくりを進めている方でまだ住宅会社を決めきれていない方は一度インターデコハウス秋田(住広ホーム)の八橋展示場へお越しいただき、インターデコハウスのことや住広ホームの家づくりの考え方などを聞いていただければと思います。

これから家づくりを始めようと思っている方は、ぜひ一度私たちが開催している「家づくりはじめの一歩セミナー」へご参加いただければと思います。

今回この記事でご紹介した内容をお客様一人ひとりのケースをお聞きしてご提案させていただいています。まずはじっくりとお客様の家づくりに対する想いをお聞かせいただければと思います。

私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)の「家づくりはじめの一歩セミナー」のご予約はこちらからお願いします。

>>無料相談予約ご予約はこちらから

【無料カタログプレゼント中!】

インターデコハウスは2020年で20周年を迎えました。20周年を記念してカタログが新しくなりました!インターデコハウスの無料カタログをご希望の方はカタログ応募フォームからお問い合わせ下さい。

>>無料カタログはこちらから

*総合カタログ

インターデコハウスのコンセプトや世界観がわかる一冊です。インターデコハウスのコンセプトや「北欧」「南欧」「北米」に分けられた商品ラインナップの各商品の説明が実際の実例写真と共に紹介されています。

この1冊でインターデコハウスのファンになっていただけると思います。また、商品ごとにプロのコーディネーターへインタビューしたインテリアデザインポイントを掲載しています。

*仕様・性能ガイドブック

北海道生まれのインターデコハウスは住宅デザインだけではなく、性能や仕様にもこだわりをもっています。

枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を取り入れた工法は地震や台風にも強いと言われています。

デザインだけが良くても性能や仕様もちゃんと知っておきたい。

そんなお客様にわかりやすくインターデコハウスの性能や仕様がわかる1冊になっています。

*商品ラインナップ

インターデコハウスには「北欧」「南欧」「北米」に分けられた全部で10種類の外観デザインがあります。(2020年3月時点)自分たちの好みがどのような外観デザインなのかを考えるのに適している1冊です。

*実例写真集

12組のインターデコハウスで実際に暮らしている全国のオーナー様にインタビューをした1冊です。

インターデコハウスで叶えた12組のお客様の暮らしを垣間見ることができます。

それぞれのオーナー様がどのようなポイントをこだわったのか。インターデコハウスに住んでどのように暮らし方が変化していったのか。家づくりを検討している方に是非読んで欲しい1冊です。

>>無料カタログはこちらから

【八橋展示場見学はこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)は事務所の隣に住宅展示場が建っています。実際いインターデコハウスの住宅で使用される建築部材を使用しているので、展示場で実際に体感することが可能です。

また、展示場のソファに腰を掛けてマイホームでくつろぐイメージを感じたり、キッチンに立ってリビングダイニングを見渡すイメージをすることが可能になっています。

定休日以外は毎日見学可能ですのでぜひご予約の上ご来場ください。

>>八橋展示場へのご予約はこちら

【毎月発行しているデコスタイルブックはこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、毎月「デコスタイルブック」という季刊誌を発行しています。毎月のイベント情報や、暮らしに関するおすすめ情報などインターデコハウス秋田にお問い合わせいただいた方限定の情報誌です。

毎月発行のデコスタイルブックをご希望の方はまずは資料請求をお願いします。

>>デコスタイルブックをご希望の方はこちら

【インターデコハウス秋田のSNSはこちら】

Facebookとinstagramでも情報発信中です。ぜひフォロー&いいね!をお願いいたします。

>>Facebook

>>instagram