TOP > 輸入住宅コラム > 北欧のファッションから読み解く文化や暮らしとは

輸入住宅コラムColumn

北欧

北欧のファッションから読み解く文化や暮らしとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。
いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

おしゃれでスタイリッシュな北欧インテリアは日本でも人気が高く、お部屋のコーディネートに取り入れる方も増えています。私たちのホームページで更新している「注文住宅コラム」でも、これまで北欧インテリアに関する記事をいくつか書いてきました。

ですが、この北欧人気、実はインテリアだけではないんです。世界ではファッショニスタたちが北欧ファッションに注目しているのだそうです。

日本でもH&Mやマリメッコ、Helly Hansenなどのブランドはよく聞きますし、ファッションに取り入れている方も多いかもしれませんね。

今回は住宅の内容とは少し離れて、北欧のファッションについて見ていきたいと思います。

北欧の気候や環境はどんなもの?

北欧の冬が長く厳しい環境というのは、これまでにも触れてきましたが、北欧ファッションの特徴の背景としてここで改めてもう一度さらっとおさえておきましょう。

北欧は北極圏の近くに位置するため、冬の寒い日が長く続きます。夏も短い上に、日照時間が短いので、太陽の光はとても貴重とされています。

そのような環境の中で、楽しく快適に過ごせるようにと生まれたのが、北欧ならではのシンプル&ナチュラルであたたかみのあるデザイン、カラフルで暮らしに彩りを添えるファブリックなどの北欧デザインです。

北欧デザインはもちろんファッションにも反映されており、北欧ファッションもシンプル&ナチュラルなスタイルが好まれているそうです。厳しい自然環境下ですから、機能性も重視されています。

例えば、長い冬を終えて春が来ると、自転車に乗る人が増えます。そのため、パンツスタイルが好まれており、厚手の靴下に細身のパンツの裾を入れて履く人も多いそうです。

また、春や夏でも朝夕の寒さに備えて、首元にはストールやスカーフを巻く習慣もあるそうですよ。

女性は北欧らしい柄や色鮮やかなテキスタイルなども取り入れつつ、自分らしさを上手く表現している方が多いですね。

北欧ファッションの特徴とは

北欧ファッションの特徴は先にも書いた通り、「シンプル&ナチュラル」が基本です。

不要なものを取り除いたシンプルで無駄のないデザイン、まさにミニマルルックが主流となっています。

北欧ファッションの特徴と捉える上で、ポイントとなるキーワードがいくつかありますので見ていきましょう。

■ミニマリズム

過剰な装飾のないシンプルなアイテム、色のものを好み、トレンドよりも長く使えるデザインを選ぶ傾向にあります。さらに、季節を問わずに使用できることも重要視しているようです。

■レイヤード

天候の変化に応じて着脱できるようなレイヤードスタイルが多く見られます。カーディガン×シャツやトレンチコート×セーターといった組み合わせが一般的。

レイヤードで色・柄を足す絶妙なコーディネートなども着こなすセンスの良さが感じられます。

■ニュートラルカラー

実用性と機能性を重視する北欧の人々は、流行にとらわれない色を好みます。北欧ブランドのデザイナーも無彩色のカラーを好み、黒が多く使われているそうです。

そのほか、白、アイボリー、グレー、ブラウンなどの普遍的な色調も定番としてよく使われています。

■高品質

物を大切にする習慣がある北欧では、祖父母から受け継いだものを使ったり、リメイクしたりしているのですが、服もまた例外ではありません。

中古であっても、時が経つほど質の良いものとして考える北欧のファッションブランドは品質の良さが世界中で高く評価されています。

そして、北欧らしい大胆な柄や鮮やかな色使いも忘れてはならないポイントです。

植物や動物など自然を感じられる、あたたかみのあるモチーフのデザインが多く見られます。レディースであれば、そんなテキスタイルのワンピースもおしゃれで素敵ですね。

最近トレンドアイテムとなっているノルディックセーターも北欧の伝統的アイテムです。

ノルディックセーターとは、ノルウェーに伝統的に伝わる模様が織り込まれたもので、防寒力を高めるために二重に編んで厚手に仕上げているという特徴があります。

北欧発のファッションブランド

北欧のファッションブランドはネット上でもたくさん紹介されています。なかなか日本では知られていないようなブランドもあるのではないでしょうか。いくつかピックアップしてご紹介します。

【HELLY HANSEN/ヘリ―ハンセン】

130年以上の長い歴史を持つノルウェーのアウトドアブランド。日本全国に店舗があるので、知っている方も多いはず。「from ocean to mountain」というコンセプトで、海から山まですべてのアウトドア活動を機能的で快適にサポートするブランドとして、多くの方に支持されています。

公式サイト http://www.goldwin.co.jp/hellyhansen/

【Acne Studios/アクネ・ストゥディオズ】

ストックホルムのファッションブランドで、発足当初はデニムを中心に製作していたことで有名です。ウェア、マガジン、家具、書籍、展示会を扱う評価の高いクリエイティブ集団としても活躍しています。

様々な材料や独自開発の素材を使用し、丁寧な縫製で仕上げたコレクションには、メンズやウィメンズウェア、フットウェア、アクセサリーデニム製品などがあります。北欧ブランドの特徴とも言えるミニマルさと実用性を備えたアバンギャルドなデザインを展開しています。

公式サイト http://www.acnestudios.com/#

【BY MALENE BIRGER/バイ・マレーネ・ビルガー】

デンマーク発のファッションブランド。マレーネ・ビルガーは世界中を旅して、そのインスピレーションをデザインに落とし込んでいきます。独自の感性を反映させたスタイルや、細部にまでこだわり抜いた完成度の高さは、世界中の女性を魅了するだけでなく、数々のデザイン賞を受賞するほどです。

手の届きやすいラグジュアリーなブランドでありながら、今や各国のセレブリティやプレス、王室からも注目を集めています。

公式サイト  http://www.bymalenebirger.com/

【COS/コス】

COSとは、「Collection of Style(コレクション・オブ・スタイル)」の略で、スウェーデン発のH&Mの姉妹ブランド。ハイブランドに負けない素材感やシルエットにこだわった、ミニマルなスタイルが人気を集めています。

公式サイト http://www.cosstores.com/

ファッションから見る北欧の暮らしぶり

北欧の人々は流行にとらわれることなく、「自分が良いと思うもの」「ずっと長く着られるもの」「自分の身の丈に合ったもの」を選びます。

「これが好き!」と思ったものや着たいと思ったものを身に着け、常に"自分らしさ"を忘れません。自分の体型に合うものが何かもちゃんと理解しているんですね。

そして量より質を大切に考えています。ブランドで選ぶのではなく、長く着続けられる質の良いものを選ぶのが北欧スタイルです。

祖父母の世代から受け継がれている服を大切にしたり、また少しずつリメイクを重ねて次世代へと受け継いでいくという習慣があります。

お家のインテリアを明るいもので彩るように、北欧の人々はファッションにもカラフルな色を合わせて、気持ちが上がるように工夫しているんですね。おばあちゃんになってもカラフルなお洋服を着ておしゃれを楽しむ姿は素敵ですね。

まとめ

今回は、「北欧のファッションから読み解く文化や暮らしとは」というタイトルでお伝えしてきました。

北欧ファッションに見られる特徴も、北欧インテリアに共通する部分が多く見られました。どちらも自分らしさを大切に快適に暮らしを楽しむことを忘れない、という様子が伝わってきます。

私たちのファッションにも北欧のファッションに対する考え方やカラフルなテキスタイルなどを取り入れてみると、いつもとは違った気分で楽しむことができるかもしれませんね。

北欧については今回のファッションだけでなく、人気のインテリアや家づくりについての記事もいろいろ書いてきましたので、興味がある方はキーワード検索機能を使って探してみてくださいね。

これから家づくりを考えている方には参考になる記事がたくさんあります。北欧に限らず、ローンのことや土地のこと、間取りについての記事もありますので、ぜひご覧になってみてください。

既に家づくりを進めている方でまだ住宅会社を決めきれていない方は一度インターデコハウス秋田(住広ホーム)の八橋展示場へお越しいただき、インターデコハウスのことや住広ホームの家づくりの考え方などを聞いていただければと思います。

これから家づくりを始めようと思っている方は、ぜひ一度私たちが開催している「家づくりはじめの一歩セミナー」へご参加いただければと思います。

お客様一人ひとりのケースをお聞きしてご提案させていただいています。まずはじっくりとお客様の家づくりに対する想いをお聞かせいただければと思います。

私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)の「家づくりはじめの一歩セミナー」のご予約はこちらからお願いします。

>>無料相談予約ご予約はこちらから

【無料カタログプレゼント中!】

インターデコハウスは2020年で20周年を迎えました。20周年を記念してカタログが新しくなりました!インターデコハウスの無料カタログをご希望の方はカタログ応募フォームからお問い合わせ下さい。

>>無料カタログはこちらから

*総合カタログ

インターデコハウスのコンセプトや世界観がわかる一冊です。インターデコハウスのコンセプトや「北欧」「南欧」「北米」に分けられた商品ラインナップの各商品の説明が実際の実例写真と共に紹介されています。

この1冊でインターデコハウスのファンになっていただけると思います。また、商品ごとにプロのコーディネーターへインタビューしたインテリアデザインポイントを掲載しています。

*仕様・性能ガイドブック

北海道生まれのインターデコハウスは住宅デザインだけではなく、性能や仕様にもこだわりをもっています。枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を取り入れた工法は地震や台風にも強いと言われています。

デザインだけが良くても性能や仕様もちゃんと知っておきたい。そんなお客様にわかりやすくインターデコハウスの性能や仕様がわかる1冊になっています。

*商品ラインナップ

インターデコハウスには「北欧」「南欧」「北米」に分けられた全部で10種類の外観デザインがあります。(2020年3月時点)自分たちの好みがどのような外観デザインなのかを考えるのに適している1冊です。

*実例写真集

12組のインターデコハウスで実際に暮らしている全国のオーナー様にインタビューをした1冊です。

インターデコハウスで叶えた12組のお客様の暮らしを垣間見ることができます。

それぞれのオーナー様がどのようなポイントをこだわったのか。インターデコハウスに住んでどのように暮らし方が変化していったのか。家づくりを検討している方に是非読んで欲しい1冊です。

>>無料カタログはこちらから

【八橋展示場見学はこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)は事務所の隣に住宅展示場が建っています。実際いインターデコハウスの住宅で使用される建築部材を使用しているので、展示場で実際に体感することが可能です。

また、展示場のソファに腰を掛けてマイホームでくつろぐイメージを感じたり、キッチンに立ってリビングダイニングを見渡すイメージをすることが可能になっています。

定休日以外は毎日見学可能ですのでぜひご予約の上ご来場ください。

>>八橋展示場へのご予約はこちら

【毎月発行しているデコスタイルブックはこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、毎月「デコスタイルブック」という季刊誌を発行しています。毎月のイベント情報や、暮らしに関するおすすめ情報などインターデコハウス秋田にお問い合わせいただいた方限定の情報誌です。

毎月発行のデコスタイルブックをご希望の方はまずは資料請求をお願いします。

>>デコスタイルブックをご希望の方はこちら

【インターデコハウス秋田のSNSはこちら】

Facebookとinstagramでも情報発信中です。ぜひフォロー&いいね!をお願いいたします。

>>Facebook

>>instagram