TOP > 輸入住宅コラム > 北欧風におすすめのウォールステッカー!部屋別に紹介

輸入住宅コラムColumn

北欧

北欧風におすすめのウォールステッカー!部屋別に紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。
いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

北欧インテリアの部屋にアクセントとして飾ることができるのがウォールステッカーです。リビングや寝室などを北欧インテリアで飾っている方は薄いグレーやホワイトの無地の壁紙をセレクトされている方もいますよね。

「本当は柄が入った壁紙がよかったけど、飽きたらイヤだな」と思うような方は、張り替えができるように無地を選ばれる方が多いですが、そんなときは、ウォールステッカーを貼って部屋のコーディネートにアクセントをつけてみましょう。

今回は、北欧風のインテリアに合う部屋別のウォールステッカーをご紹介していきます。

ウォールステッカーとは

(参考:RoomClip

ウォールステッカーとは、壁に貼るシール状のインテリアのことをいいます。ペンキを塗ったり壁に穴を開けずに壁を飾ることができるので、賃貸住宅でも使用できるのが人気な点です。

また、デザインもたくさんあるため新築住宅の壁に使用されることも多々あります。季節ごとにデザインを変えて楽しむこともできますし、部屋ごとにデザインを変えて楽しむこともできます。

また、上記の写真のようにクリスマスや他のイベントなどのウォールステッカーもあるので、部屋を飾ることがより楽しくなります。

ウォールステッカーにもいくつか種類があります。

・ステッカータイプ

台紙からウォールステッカーを剥がし、貼りたい場所に貼るタイプなので初めての方にも簡単に施工することができます。初めてウォールステッカーを貼る方はステッカータイプをおすすめします。

・転写タイプ

転写タイプのウォールステッカーは台紙・ステッカー部分・透明フィルムの3層構造になっています。台紙から剥がす前に台紙をカードのような固いもので擦って、透明フィルムに絵柄を転写して貼りたい場所に貼ります。その後透明フィルムを剥がすと完成です。

ステッカータイプのものより絵柄部分のみが転写されるのでリアルなペイント感が出るのが特徴です。転写タイプを初めて試す方は小さなデザインのものから試してみることをおすすめします。

・水で貼るタイプ

切手のようにウォールステッカーの裏面にのりがついているので水を付けて貼るタイプです。こちらも手軽に貼ることができるので初めてウォールステッカーを使う方におすすめです。

ただし、ウォールステッカーはそれぞれの商品で使用可能な素材などがありますので商品説明をよく読んで購入してみてください。

リビングにおすすめのウォールステッカー

(参考:楽天市場

リビングはソファに座ってくつろいだり、友人を招いたりと多くの人の目に触れたりする空間です。そのため、大きな植物系のウォールステッカーがおすすめです。

(参考:楽天市場

初心者がこのような大きな植物系のウォールステッカーを貼るのはちょっと難しいかもしれません。このような木をモチーフにしたデザインだと、線が細いので途中で破れてしまったり、真っ直ぐに貼るのが大変ということもあります。

(参考:puolukka

北欧の木々をイメージしたウォールステッカーです。このようなデザインだと、部屋の色使いのアクセントにもなりますね。

このような感じで魅せることも素敵ですね。

ダイニングにおすすめのウォールステッカー

ダイニングにはアート系のウォールステッカーはいかがでしょうか。リビングとひとつながりになっていることが多いダイニングですが、部屋の中にアートがあると北欧デザイン(北欧インテリア)の雰囲気がより向上します。

(参考:Amazon

写真で見るとウォールステッカーには見えないですよね。本物のアートが飾られているようです。本物のフレームでアートを飾るとどうしてもピンを刺している部分が浮いてきたりずれてしまったりしますよね。

ウォールステッカーでアートを飾ってしまえばずれる心配もありません。

(参考:楽天市場

シンプルなデザインのアルファベットアートも北欧デザインには合いますね。

(参考:ケイララ

このような大きなアルファベットデザインのウォールステッカーもあります。

周囲のインテリアとの配色バランスを考えたデザインのウォールステッカーを選ぶといいですよね。

子ども部屋におすすめのウォールステッカー

(参考:RoomClip

子ども部屋は年齢に合わせたデザインのステッカーを貼ることができます。例えば、お子さまが5歳のときに新築をして壁紙にお子さまが好きな柄にしたとして、中学・高校まで同じ壁紙でいいかというのは本人にもわからないですよね。

そのような場合にも、シンプルな柄のない北欧カラーの壁紙を選んでおけば、年齢に合わせたり、インテリアに合わせたりしたウォールステッカーを楽しむことができます。

魚や動物・恐竜などお子さまが興味を持ちそうなデザインも数多くあります。お子さまと一緒に選んで一緒に貼るという行為も思い出になりますよね。

(参考:RoomClip

クローゼットの扉にウォールステッカーを貼ることもできます。どの柄の扉を開けたらこの洋服が入っているよ。というような感じで覚えることもできます。

(参考:RoomClip

ウォールステッカーだと、このように身長計デザインのものもあります。昭和生まれの私たち世代は家の中の柱に身長を刻んで・・という時代もありましたが、新築した建物にいきなり傷をつけるのもイヤですよね。

しっかりと実測して貼るので本当の身長計として利用することが可能です。

(参考:RoomClip

カラフルな花柄も子ども部屋には人気ですね。お子さまと一緒に貼ることで位置が微妙にずれたりしてしまうこともあるかもしれませんが、それも自分たちで貼ったという記憶に残っていきますよね。

玄関におすすめのウォールステッカー

(参考:RoomClip

玄関は家族以外も目にすることが多い場所の一つです。インテリアと併せてウォールステッカーを上手に使うことで印象が格段と上がります。

北欧デザインでまとめるのであれば、植物系かアート系のウォールステッカーがおすすめです。

(参考:楽天市場

玄関にこのような大きな面がある場合はこのような植物デザインのウォールステッカーで温かみをプラスすることもできますね。

ここでも配色がやはりポイントです。ウォールステッカーのデザインばかりにとらわれるのではなく、周囲の色とのバランスも考えてみてください。

(参考:楽天市場

インテリアとの融合により、玄関からカフェ風の雰囲気を演出することもできます。ウォールステッカーは貼るだけで印象を変えられますが、周囲のインテリアとの融合によりさらに雰囲気を演出できますね。

トイレにおすすめのウォールステッカー

(参考:RoomClip

ステッカーをトイレに飾る方も実は多いんですよ。リラックスできるデザインを作られる方が多いですね。部屋の大きさがリビングやダイニングに比べて狭いので、色々と挑戦しやすいというのもあるかもしれません。

こちらの写真は黄色の壁紙に木のウォールステッカーを貼っていますね。フェイクグリーンもあってリラックスできそうですね。

(参考:RoomClip

こちらの事例はリビングでもご紹介したような大きな木のウォールステッカーをトイレに貼っています。恐らく貼るのは大変だったのではと思います。

このように一面から続いているデザインなのも素敵ですよね。

まとめ

今回は、「北欧風におすすめのウォールステッカー!部屋別に紹介」ということで解説してきました。ウォールステッカーを部屋別にご紹介してきたのですが、気がついた方もいるでしょうか。

北欧コーディネートで飾られることが多いデザインはウォールステッカーでも選ばれやすいのです。

ウォールステッカーそのものは植物・動物・幾何学模様・キャラクターなど様々なデザインがあります。通販などで購入する際にはウォールステッカーのデザインだけを見て購入すると実際にウォールステッカーを貼る周囲のインテリアとのバランスやサイズがずれてしまうということも考えられます。

どの部屋のどの箇所にどのくらいの大きさで何色系のウォールステッカーが良いかを考えながら選ぶようにしましょう。

>>無料相談予約ご予約はこちらから

【無料カタログプレゼント中!】

インターデコハウスは2020年で20周年を迎えました。20周年を記念してカタログが新しくなりました!インターデコハウスの無料カタログをご希望の方はカタログ応募フォームからお問い合わせ下さい。

>>無料カタログはこちらから

*総合カタログ

インターデコハウスのコンセプトや世界観がわかる一冊です。インターデコハウスのコンセプトや「北欧」「南欧」「北米」に分けられた商品ラインナップの各商品の説明が実際の実例写真と共に紹介されています。

この1冊でインターデコハウスのファンになっていただけると思います。また、商品ごとにプロのコーディネーターへインタビューしたインテリアデザインポイントを掲載しています。

*仕様・性能ガイドブック

北海道生まれのインターデコハウスは住宅デザインだけではなく、性能や仕様にもこだわりをもっています。

枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を取り入れた工法は地震や台風にも強いと言われています。

デザインだけが良くても性能や仕様もちゃんと知っておきたい。

そんなお客様にわかりやすくインターデコハウスの性能や仕様がわかる1冊になっています。

*商品ラインナップ

インターデコハウスには「北欧」「南欧」「北米」に分けられた全部で10種類の外観デザインがあります。(2020年3月時点)自分たちの好みがどのような外観デザインなのかを考えるのに適している1冊です。

*実例写真集

12組のインターデコハウスで実際に暮らしている全国のオーナー様にインタビューをした1冊です。

インターデコハウスで叶えた12組のお客様の暮らしを垣間見ることができます。

それぞれのオーナー様がどのようなポイントをこだわったのか。インターデコハウスに住んでどのように暮らし方が変化していったのか。家づくりを検討している方に是非読んで欲しい1冊です。

>>無料カタログはこちらから

【八橋展示場見学はこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)は事務所の隣に住宅展示場が建っています。実際いインターデコハウスの住宅で使用される建築部材を使用しているので、展示場で実際に体感することが可能です。

また、展示場のソファに腰を掛けてマイホームでくつろぐイメージを感じたり、キッチンに立ってリビングダイニングを見渡すイメージをすることが可能になっています。

定休日以外は毎日見学可能ですのでぜひご予約の上ご来場ください。

>>八橋展示場へのご予約はこちら

【毎月発行しているデコスタイルブックはこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、毎月「デコスタイルブック」という季刊誌を発行しています。毎月のイベント情報や、暮らしに関するおすすめ情報などインターデコハウス秋田にお問い合わせいただいた方限定の情報誌です。

毎月発行のデコスタイルブックをご希望の方はまずは資料請求をお願いします。

>>デコスタイルブックをご希望の方はこちら

【インターデコハウス秋田のSNSはこちら】

Facebookとinstagramでも情報発信中です。ぜひフォロー&いいね!をお願いいたします。

>>Facebook

>>instagram