TOP > 輸入住宅コラム > リビングで勉強!子どもも大人も使えるオシャレなデスク

輸入住宅コラムColumn

リビング学習

リビングで勉強!子どもも大人も使えるオシャレなデスク

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。
いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

リビング学習のメリットの一つに、きょうだいや親子で並んで机に向かえるというのがあげられます。

一人ではなかなかやる気になれないお子さんでも、「一緒に勉強しよっか!」と声をかけてあげたり、親が机に向かっている姿を見せたりすることで「わたしもやる!」とやる気スイッチが入ることもあるでしょう。

「子どもは親の背中を見て育つ」という言葉もあるように、親が何かに一生懸命取り組んでいる姿を見ることで、子どもも意欲的に取り組む流れが作りやすいです。

お互いに刺激を受け合うことでより集中しやすい環境が作られるかもしれません。

それに、小さい頃は親と並んで同じ時間を共有することが子どもにとっても嬉しかったりするものですよね。

親子で机を並べることのメリットは、他にもあります。隣に座ることで自然と会話ができ、コミュニケーションが取りやすいですし、子どもにとっては離れた場所から呼ぶよりも、わからないことを聞きやすくなります。

子どもと大人が一緒に使う勉強スペース事例

実際に親子で並んで机を使っているというご家庭の事例をいくつか見てみましょう。

引用元:https://roomclip.jp/photo/Bqt6

こちらはリビングの一角に作られたスタディスペース。家族で使えるように270cmの造作カウンターをつけたそうです。カウンターの背面は本棚。

手前はお子さんの勉強スペースで、日中は奥様が在宅ワークで使われています。そして奥はご主人がリモートワークで使われているのだそうです。

引用元:https://roomclip.jp/photo/4atW

こちらはお子さんの勉強用と奥様の作業用に160cmの机を作られたそうです。

引用元:https://roomclip.jp/photo/FgeQ

リビングに作られたスタディコーナー。パソコンやミシンなど、奥様の作業スペースとして使われていましたが、後に子ども用の椅子を追加して、子どもの学習コーナーとしても活用しているのだそうです。

引用元:https://roomclip.jp/photo/ebAl

こちらは壁向きに幅広のデスクを置き、お揃いのイームズシェルチェアを並べて使っています。ここでお子さんはリビング学習をし、奥様は家計簿をつけたりしているそうです。

引用元:https://roomclip.jp/photo/DPry

もともとキッチン前のカウンターとして使っていた机を、小学生になるお子さんと奥様の勉強机として使うために窓側に移動したそうです。

この形にしたのは、真正面で向き合って勉強するよりも、こちらのほうが子どもが緊張せずに勉強できると聞いたことがあるからなんだとか。

並んで座ると集中できないという子には、このようなレイアウトを試してみてもいいかもしれませんね。

子どもと大人がリビングで勉強するときのデスクを選ぶポイント

親子で並んで机に向かう場合、造作したカウンターを活用しているケースも多いようですが、カウンターがない場合はリビング学習用に机を用意しなければなりません。

以前『兄弟でリビング学習!ツインデスクのメリットと選び方』という記事でもお伝えしましたが、きょうだいや親子で並んで使うのであればツインデスクという選択肢もあります。

では、子どもと大人がリビングで勉強する時のデスクを選ぶポイントについて見ていきましょう。

①横幅は一人90cm以上は必要

『リビング学習用のデスクを置くメリットは?選び方のポイント』という記事で、リビング学習用デスクのサイズは幅100cm以下×奥行55cm以下くらいを目安にとお伝えしました。

教科書やノートを広げて勉強すると考えると、最低限として一人分の横幅90cmは確保しておきたいところ。もし、スペースに余裕があって十分な広さを確保したいのであれば、さらに幅を広げてもいいでしょう。

幅を広くすると、上で紹介した事例の用にデスクの下に収納スペースを設けられますし、デスクの上にも上棚を置けます。

②将来分けて使うのであればセパレートタイプに

将来的に子ども部屋にデスクを移動させたいと考えているのであれば、ツインデスクのセパレートタイプがおすすめです。

ツインデスクですとデザインが揃っているので、リビングに並べても統一感があってすっきりした印象になります。それぞれ分けて使うこともできるので、子ども部屋用に買い足す必要もありません。

セパレートタイプは並べるだけではなく、対面にしたり背中合わせにしたり、コーナーを使って事例のようにL字型に置くなどレイアウトの自由度が高いのも魅力です。

引用元:コンパクトツインデスク ラック付き通販 | ニトリネット【公式】 家具・インテリア通販 (nitori-net.jp)

③シンプルで多用途に長く使えるもの

これは何度もお伝えしてきていますが、リビングに置くデスクですから凝ったデザインやキャラクターものは避けてシンプルなものを選びましょう。

シンプルなデザインであれば、さまざまなテイストのインテリアにも合わせやすいですし、子どもが中学生、高校生と成長してからも長く使えます。大人も一緒に使いやすいですね。

"多用途に"というのもポイントで、いずれ子どもが使わなくなってからも何らかの形で使えるように考えておくと、やはりシンプルなものが一番使いやすいです。

④収納の有無と収納スペースの確保

リビング学習をする上で収納スペースは欠かせません。親子で使う場合は、デスクの上が散らからないようにそれぞれの収納を用意する必要があります。

親がきれいに片付けている姿を見せることで、子どもも自然と片付ける習慣が身に付きます。デスクに収納があるかどうか、ある場合はどの程度の収納量かをチェックしておきましょう。

デスクとは別に収納棚を置くスペースが用意できるのであれば、全てそちらにまとめて、デスクは収納なしのすっきりしたものを選んでも良いですね。

⑤高さ調整ができるものもある

以前にもご紹介したことがありますが、セパレートタイプのツインデスクで天板の高さを調整できるものもあります。

引用元:【楽天市場】【1000円OFFクーポン_購入金額1万円以上】コンパクト ツインデスク 幅241 奥行81 高さ180 学習机 チェスト セット 単体使用可能 高さ 調整 学習デスク 学習机セット 子供 机 兄弟 デスク 子供の机 勉強机 勉強デスク リビングデスク:fanifaniinterior (rakuten.co.jp)

親子で使うとなると基本的には大人サイズに合わせて、子どもは椅子で高さ調整ということが多いと思いますが、上のようなデスクであれば、それぞれに合った高さに調整できるので姿勢も崩れにくく、快適に使えそうです。

⑥パソコンを置くなら奥行もしっかりチェック!

①で横幅について触れましたが、大人が使う場合はパソコンを置くというケースも多いはず。パソコンを使う場合は奥行についても忘れずにしっかりチェックしましょう。

ディスプレイとキーボードを置く場合、奥行60cm程度あれば作業に差し支えありませんが、パソコン以外に本や資料も並べて置く場合には、余裕を持って作業がしやすいサイズの机を選びましょう。

子どもも大人も使えるオシャレなデスクを紹介

■カリモク デスク ボナシェルタシリーズ(カリモク)

引用元:https://www.karimoku.co.jp/gakusyu/buona_scelta/

機能性を重視したシンプル&コンパクトなデザインで2007年度グッドデザイン賞受賞、第3回キッズデザイン賞を受賞した商品です。

無駄のない究極にシンプルなデザインで、学習机として、テレワーク用のデスクとして、年齢や活用スタイルを問わず幅広く多くの人に使われています。

同シリーズでワゴンや引き出し、ブックスタンド、マルチラックなどの収納アイテムも充実しており、組み合わせパターンは100通り以上にもなります。ライフスタイルに合わせてカスタマイズできるのも魅力の一つですね。

■Curio LIfe ロングデスク(こどもと暮らし)

引用元:https://item.rakuten.co.jp/risoukyou/mka-0788/

幅150cm×奥行44cm×高さ70cmで2~3人並んで使えるサイズ。日本製で「F☆☆☆☆(フォースター)」を取得しており、小さなお子様のいる家庭でも安心して使えます。天板の角が丸くなっているという配慮も。

こちらも同シリーズのランドセルラックやサイドチェストとお揃いで使えます。リビングに置いた時に、他の家具と調和するカラーにこだわって作られているので、リビングにもなじみやすいです。

■ISSEIKI KIDS エリス 180ツインデスク (一生紀)

引用元:https://store.isseiki.co.jp/shopdetail/000000000023/

幅180cm×奥行50cm×高さ73cm。きょうだい、親子で使いやすいように設計された、1台で2人掛け仕様のツインデスク。アルダー無垢材を使い、洗練されたデザインでリビングの雰囲気を損ないません。

広々した天板は並んで座ってもお互い邪魔にならず、ゆとりのあるパーソナルスペースを確保できます。

■学習机 2人用ツインデスク 本棚・サイドラック付き(LOWYA)

引用元:https://www.low-ya.com/goods/F807_G1019

画像のようにデスクや本棚を自由に組み替えて、5パターンのレイアウトアレンジが可能です。間取りやお子さんの成長に合わせて使いやすくアレンジできるので、長く使えるのが魅力です。

また、これだけで十分な収納力を備えていますので、収納スペースを別途設ける必要もなく、省スペースで済みます。大人も使いやすいカラーデザインです。

まとめ

今回は、子どもも大人も使えるオシャレなデスクについてお伝えしてきました。リビング学習が注目されるようになり、これまでのシステム学習机のニーズは減少し、ご紹介したようなシンプルな学習机へのニーズが高まってきています。

また、最近ではリモートワークをする人が増えてきている影響もあり、子どもだけでなく大人も一緒にデスクを使う機会が増えており、よりシンプルで多用途に使えるものが注目されているようです。

親子で並びながらの勉強は子どもにとっても良い影響になりますので、これからデスクを選ぶという方はぜひお子さんと一緒に使えるものも視野に入れて検討してみても良いかもしれませんね。

>>無料相談予約ご予約はこちらから

【無料カタログプレゼント中!】

インターデコハウスは2020年で20周年を迎えました。20周年を記念してカタログが新しくなりました!インターデコハウスの無料カタログをご希望の方はカタログ応募フォームからお問い合わせ下さい。

>>無料カタログはこちらから

*総合カタログ

インターデコハウスのコンセプトや世界観がわかる一冊です。インターデコハウスのコンセプトや「北欧」「南欧」「北米」に分けられた商品ラインナップの各商品の説明が実際の実例写真と共に紹介されています。

この1冊でインターデコハウスのファンになっていただけると思います。また、商品ごとにプロのコーディネーターへインタビューしたインテリアデザインポイントを掲載しています。

*仕様・性能ガイドブック

北海道生まれのインターデコハウスは住宅デザインだけではなく、性能や仕様にもこだわりをもっています。枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を取り入れた工法は地震や台風にも強いと言われています。

デザインだけが良くても性能や仕様もちゃんと知っておきたい。そんなお客様にわかりやすくインターデコハウスの性能や仕様がわかる1冊になっています。

*商品ラインナップ

インターデコハウスには「北欧」「南欧」「北米」に分けられた全部で10種類の外観デザインがあります。(2020年3月時点)自分たちの好みがどのような外観デザインなのかを考えるのに適している1冊です。

*実例写真集

12組のインターデコハウスで実際に暮らしている全国のオーナー様にインタビューをした1冊です。

インターデコハウスで叶えた12組のお客様の暮らしを垣間見ることができます。

それぞれのオーナー様がどのようなポイントをこだわったのか。インターデコハウスに住んでどのように暮らし方が変化していったのか。家づくりを検討している方に是非読んで欲しい1冊です。

>>無料カタログはこちらから

【八橋展示場見学はこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)は事務所の隣に住宅展示場が建っています。実際いインターデコハウスの住宅で使用される建築部材を使用しているので、展示場で実際に体感することが可能です。

また、展示場のソファに腰を掛けてマイホームでくつろぐイメージを感じたり、キッチンに立ってリビングダイニングを見渡すイメージをすることが可能になっています。

定休日以外は毎日見学可能ですのでぜひご予約の上ご来場ください。

>>八橋展示場へのご予約はこちら

【毎月発行しているデコスタイルブックはこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、毎月「デコスタイルブック」という季刊誌を発行しています。毎月のイベント情報や、暮らしに関するおすすめ情報などインターデコハウス秋田にお問い合わせいただいた方限定の情報誌です。

毎月発行のデコスタイルブックをご希望の方はまずは資料請求をお願いします。

>>デコスタイルブックをご希望の方はこちら

【インターデコハウス秋田のSNSはこちら】

Facebookとinstagramでも情報発信中です。ぜひフォロー&いいね!をお願いいたします。

>>Facebook

>>instagram