TOP > 輸入住宅コラム > リビング学習に人気の机は?北欧風デザインに絞って紹介!

輸入住宅コラムColumn

リビング学習

リビング学習に人気の机は?北欧風デザインに絞って紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。
いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

リビング学習を取り入れようと検討しているご家庭では、どのような机を置こうかと考えていらっしゃるのではないでしょうか。

以前『リビング学習用のデスクを置くメリットは?選び方のポイント』という記事で、リビング学習用のデスクにおすすめのデザインをご紹介しましたが、ご覧いただけたでしょうか。まだという方はぜひ下のリンク先よりご覧になってみてくださいね。

今回こちらの記事をご覧いただいている方はきっと北欧インテリアや北欧家具が好きだったり、北欧スタイルに憧れているような方も多いでしょう。

シンプルでありながらデザイン性と機能性が優れた北欧インテリアは女性だけでなく男性からも人気があり、インターデコハウス秋田(住広ホーム)のお客様でも北欧テイストの家をご希望される方は多いです。

北欧テイストのおしゃれなリビングでリビング学習をするのであれば、そこに置く勉強机も同じテイストにしたいですよね。「リビング学習は取り入れたい。だけどリビングの雰囲気を壊したくない」と考える方も多いと思います。

大丈夫です。北欧インテリアの人気やリビング学習の増加に合わせて、リビングに置いても合わせやすいデザインの机が増えてきています。もちろん北欧風のデザインのものもありますから、おしゃれな雰囲気はそのまま維持できます。

リビングに合うおしゃれなデスクをお探しの方や、「人気の机ってどんなの?」と気になっている方に向けて、今回は北欧風デザインの勉強机をご紹介していきます。

北欧インテリアに関する記事は過去にもいろいろと書いてありますので、興味のある方はそちらの記事も読んでいただけると北欧テイストのお部屋づくりの参考にもなると思います。

それでは、選ぶ際のポイントや実際の北欧風デザインの机をご紹介していきましょう。

北欧インテリアに合うリビング学習用机のポイント

現在の主流について先にお話しておきますが、シンプルでおしゃれ、リビングやダイニングに置きやすい小さめのサイズのものが人気となっています。コロナ禍でリモートワークが増えたという影響もあり、親子でデスクを兼用する家庭も増えました。

また、「子どもが使い終わってからも大人の仕事用デスクとして使える物を」と考える家庭も増えてきたのでしょう。昔のように大きくて重たいキャラクターがついているようなシステム学習机へのニーズは減少してきています。

①デザインと素材

北欧インテリアの特徴は「シンプル&ナチュラル」がベースになっています。冬が長く日照時間が短いという厳しい環境下にある北欧では、長時間を室内で過ごすことが多く、いかに快適に過ごせるかということがデザインを考える上で重要視されています。

機能性や耐久性が備わった使いやすくシンプルなデザインでありながら、自然素材を取り入れているので、どこか温かみが感じられます。

素材の美しさが最大限に活かされたデザインであることも魅力の一つと言えるでしょう。

そうした北欧インテリアに合うのは、やはりシンプルなデザインの木製机です。部屋の統一感を出すためには、机の色や素材の雰囲気(材質など)をリビングのインテリアテイストに合わせることが大切です。

シンプルなものは北欧に限らず、どんなテイストにも合わせやすいので置く場所を選びません。ですから、将来的にリビングから子ども部屋に移動することになっても合わせやすいという利点もあります。

②サイズ

サイズについては『リビング学習用のデスクを置くメリットは?選び方のポイント』の記事でも書きましたが、存在感や圧迫感のあるものは避け、スペースを取らないコンパクトなものを選ぶのがコツです。

一般的な勉強机のサイズは幅100~120cm、奥行き60~70cmですが、リビングに置く場合、奥行きは50cmあれば十分です。動線やスペースの確保が難しい場合には、40~45cm程度でも問題ないでしょう。

教科書やノート、文具や補助教材を置くことを考えると、使いやすいのは幅100cmくらいです。幅100cm以下×奥行き55cm以下を選ぶ際の目安として、あとは置く場所やお子さんの使いやすさに合ったものを選ばれると良いでしょう。

高さが調整できる昇降タイプの机もあります。『リビング学習をローテーブルで行うメリット・デメリット』という記事の中で、机を選ぶ際に大切な基準となる"差尺(さじゃく)"という机の天板の高さと椅子の座面の高さの差(垂直距離)についてお伝えしました。

適正な差尺は座高の3分の1から2~3cm引いたものとされています。計算式で表すと「身長×0.55÷3-2cm(~3cm)」。子どもの成長によって最適な机の高さは変わりますので、高さが調整できる机や椅子を使われることをおすすめします。

③多用途で長く使えるもの

北欧では家具などを大切に長く使い、親から子へと受け継いでいく文化があります。学習机は子どもが使わなくなった後の処分に困ったりするものですが、北欧テイストのシンプルなデザインであれば大人になってからも長く愛用できるものになります。

親が一緒に使うこともできますし、勉強机としての役目を終えた後も他の用途で活用することができます。そのように少し先のことまで考えてみると、選び方も変わってくるのではないでしょうか。

④機能性

リビング学習には収納スペースは必要不可欠です。収納付きの学習机を選ぶのであれば、シリーズでオプションが充実しているものがおすすめです。

上棚やキャビネット、シェルフなどを単品購入できるので、成長に合わせて必要なものを追加していったり、使いやすいようにカスタマイズしたりできるので便利です。

⑤カラーアクセントを上手く取り入れる

北欧インテリアと言えば、色使いも特徴的ですよね。勉強机の中にはアクセントカラーが使われているデザインもあります。色が選べるなら、お子さんの好きな色が入っているものを選んでも良いですね。

机選びとは少し離れてしまいますが、例えば壁向きのレイアウトであれば、その壁を使って北欧デザインのファブリックパネルを飾ってもぐっと北欧の雰囲気が増しますし、ウォールシェルフに北欧雑貨を飾ってもおしゃれに見せることができるのでおすすめです。

北欧風デザインで人気のリビング学習用机を紹介

■リビングデスクLOG/スマート・アイ

引用元:Amazon.co.jp: スマート・アイ(smart-i) 学習デスク ウッドホワイト W100 × D44 × H75cm リビングデスク LOG(ログ) 幅100cm 1088162b: ホーム&キッチン

サイズ:W100×D44×H75cm

幅100cmで使いやすいサイズでありながら、奥行き44cmの省スペースでスリムなデスクは狭いスペースにも収まりやすく、圧迫感も感じられません。

シンプルなツートーンカラーで場所や用途を選ばず、子どもから大人まで使いやすいデザインです。右側固定ではありますが、サイドにオープンラックが付いているのも嬉しいですね。木目を活かした塗装がされているので、北欧テイストにもよく合いそうです。

■上棚付きデスク FDR-1060(WW) /山善

引用元:Amazon.co.jp: 山善(YAMAZEN) 高さが変えられる 上棚付きデスク FDR-1060(WW) ホワイトウォッシュ: ホーム&キッチン

サイズ:W100×D59.5×H115cm

天板の高さを最小59cmから最大72cmまで5段階で変更可能ですので、子どもの成長や生活スタイルに合わせて高さを調整できます。上棚は外すことができ、デスク下に置いて足元ラックにもできます。

■デスクMUCMOC(ムックモック)/杉工場

引用元:Amazon.co.jp : 国産家具認定商品 新作2018年度版 女性視点でデザインされた学習机・デスクMUCMOC(ムックモック) 青/白 ※ライト・小物は含みません : ホーム&キッチン

天然木が使われたシンプルデザインの机です。パネルは赤と青の2色で、裏面のホワイトとリバーシブルで使えますし、パネルを取り外しても使えます。お部屋の程よいアクセントにもなりそうです。

成長に合わせて天板の高さを58cmから73cmまで2.5cmごとに6段階で調整することができます。お部屋に馴染みやすく、大人になっても使えるデザインですね。

■リュブレ デスク 1200/オカムラ

引用元:【楽天市場】オカムラ lieuble/リュブレ 天然木 デスク 幅120cm 奥行き45cm 高さ86cm 配送費込 | 学習机 学習デスク 勉強机 リビング学習机 おしゃれ 木製 シンプル ナチュラル コンパクト スリム 机 一人暮らし 大人 ワンルーム 書斎 在宅ワーク 在宅勤務 テレワーク 在宅:オカムラ 公式ショップ楽天市場店 (rakuten.co.jp)

サイズ:W1200×D45×H86.1cm

幅広サイズですが、リビングにぴったりの薄型設計で、"親子で使う、家族でシェアする"新しいコンセプトのデスクです。オプションにホワイトボードやコルクボードもあり、それらを使って家族のコミュニケーションがとれます。

オプションには他にも、引き出しやオープンラック、サイドチェスト、サイドシェルフなどもあり、自由にカスタマイズできるのも魅力です。デスクには幅800cmもあるので、スペースが広く取れないという場合にはそちらを選べます。

天然木のぬくもり感じる風合いは北欧インテリアにもよく合いますよ。

■MICKE(ミッケ)/IKEA

引用元:【楽天市場】【楽天ランキング1位】 IKEA イケア MICKE ミッケ デスク 子供用 机 おしゃれ 北欧 かわいい 白 ホワイト 勉強机 学習机 おすすめ シンプル キッズ 木製 収納付き 引き出し付き:暮らしのセレクトショップ flaack (rakuten.co.jp)

サイズ:W105×D50×H75cm

北欧スウェーデン発祥の家具メーカーIKEA(イケア)のデスクはもちろん北欧デザイン。北欧インテリアとの相性も抜群です。

収納ユニットは左右どちらにも付けられます。パソコンや周辺機器の熱を逃がすためにバックパネルが大きく開いているという工夫も施されていますので、パソコンデスクとしてもおすすめです。

背面にも仕上げが施されているので、壁向きではなくリビング中央に向けて置くといったレイアウトにも対応できます。思い切って部屋の中央に置くなんてこともできてしまいます。

ミッケシリーズには上棚や引き出しユニットなどがありますので、必要に応じて追加、カスタマイズすることができます。同シリーズで収納なしの幅73cmのデスクもありますから、置く場所に合わせてサイズを選ぶことができます。

まとめ

今回は、北欧インテリアによく合う北欧風デザインのリビング学習用机についてお伝えしてきました。リビングに置くものですから、リビングの雰囲気は崩さず、他の家具やインテリアの邪魔にならないようなデザイン、欲を言えば、おしゃれなものを選びたいですよね。

北欧インテリアは人気が高いので、北欧テイストのリビングにしている家庭も多いです。ですからリビング学習用の机も北欧風デザインのシンプルでコンパクトなもののニーズは高まっています。

今回ご紹介したものは一部ですが、検索してみると木製のおしゃれな机は多くあります。ご希望のサイズやお好みのデザインなどあると思いますので、家庭に合ったもの、お子さんが使いやすいものなどじっくりと検討してみてはいかがでしょうか。

>>無料相談予約ご予約はこちらから

【無料カタログプレゼント中!】

インターデコハウスは2020年で20周年を迎えました。20周年を記念してカタログが新しくなりました!インターデコハウスの無料カタログをご希望の方はカタログ応募フォームからお問い合わせ下さい。

>>無料カタログはこちらから

*総合カタログ

インターデコハウスのコンセプトや世界観がわかる一冊です。インターデコハウスのコンセプトや「北欧」「南欧」「北米」に分けられた商品ラインナップの各商品の説明が実際の実例写真と共に紹介されています。

この1冊でインターデコハウスのファンになっていただけると思います。また、商品ごとにプロのコーディネーターへインタビューしたインテリアデザインポイントを掲載しています。

*仕様・性能ガイドブック

北海道生まれのインターデコハウスは住宅デザインだけではなく、性能や仕様にもこだわりをもっています。枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を取り入れた工法は地震や台風にも強いと言われています。

デザインだけが良くても性能や仕様もちゃんと知っておきたい。そんなお客様にわかりやすくインターデコハウスの性能や仕様がわかる1冊になっています。

*商品ラインナップ

インターデコハウスには「北欧」「南欧」「北米」に分けられた全部で10種類の外観デザインがあります。(2020年3月時点)自分たちの好みがどのような外観デザインなのかを考えるのに適している1冊です。

*実例写真集

12組のインターデコハウスで実際に暮らしている全国のオーナー様にインタビューをした1冊です。

インターデコハウスで叶えた12組のお客様の暮らしを垣間見ることができます。

それぞれのオーナー様がどのようなポイントをこだわったのか。インターデコハウスに住んでどのように暮らし方が変化していったのか。家づくりを検討している方に是非読んで欲しい1冊です。

>>無料カタログはこちらから

【八橋展示場見学はこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)は事務所の隣に住宅展示場が建っています。実際いインターデコハウスの住宅で使用される建築部材を使用しているので、展示場で実際に体感することが可能です。

また、展示場のソファに腰を掛けてマイホームでくつろぐイメージを感じたり、キッチンに立ってリビングダイニングを見渡すイメージをすることが可能になっています。

定休日以外は毎日見学可能ですのでぜひご予約の上ご来場ください。

>>八橋展示場へのご予約はこちら

【毎月発行しているデコスタイルブックはこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、毎月「デコスタイルブック」という季刊誌を発行しています。毎月のイベント情報や、暮らしに関するおすすめ情報などインターデコハウス秋田にお問い合わせいただいた方限定の情報誌です。

毎月発行のデコスタイルブックをご希望の方はまずは資料請求をお願いします。

>>デコスタイルブックをご希望の方はこちら

【インターデコハウス秋田のSNSはこちら】

Facebookとinstagramでも情報発信中です。ぜひフォロー&いいね!をお願いいたします。

>>Facebook

>>instagram