TOP > 輸入住宅コラム > リビング学習での教科書収納アイデア!インテリア例も紹介

輸入住宅コラムColumn

リビング学習

リビング学習での教科書収納アイデア!インテリア例も紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。
いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

小学生になると教科書が支給され、翌日の時間割に合わせて自分で準備をするようになります。各科目ごとに教科書とノートがありますから、それらの収納場所が必要になりますよね。

以前、中学生の教科書収納について書きました。それに比べると教科書の冊数は少ないものの、翌日の準備をして、学校から帰ったら宿題をして片付けて、また翌日の準備をして...というのは子どもにとってはなかなかハードルが高いものです。

今回は「リビング学習」×「収納」×「小学生の教科書」という内容で収納ポイントや実例、アイデアなどをご紹介していきたいと思います。

リビング学習における「収納」が大事な理由

これまでにもリビング学習を成功させるためには収納が重要である、ということをお伝えしてきました。ではなぜ、リビング学習においてそれほどまでに収納が大事なのでしょうか。ここで改めてまとめておきます。

まず、リビング学習で収納がない状況を考えてみましょう。帰宅後、リビングにランドセルを広げて勉強道具を出し、勉強を始めます。足りない教材や文具があった場合、それを別の場所にいちいち取りに行かなければなりません。

勉強が終わった後は疲れてしまい、片付けるのが面倒になってしまいます。部屋に戻るまで使ったまま放置していると、親としては「片付けなさい」と言いたくなってしまうものです。

子どもからしたら、やっと勉強が終わったところなのに親から注意される。これでは自己肯定感が下がってしまいます。

そのうち、どんどん物が増えてリビングが散らかってくると今度はそればかり気になり、余計に口うるさく注意するようになります。すると、注意される子どもにとってもストレスになっていき、勉強へのモチベーションが下がってしまいます。

リビングが散らかりやすいというのは、リビング学習のデメリットにもよく挙げられていますが、しっかり収納場所を作ることでそれを解消することができます。

リビング学習で大切なことは、子どもが集中して学習しやすい環境を整えてあげること。勉強と一緒に片付ける習慣も身につけられたら理想的ですよね。

『リビング学習の収納のコツは?おすすめの場所やモノごと』という記事の中でも書きましたが、子どもに自主的に片付けを身につけてもらうためには、収納スペースの確保、物の定位置を決め、シンプルで分かりやすくしてあげることが成功への道。

また、勉強する場所からすぐに手の届く場所に収納スペースを作るというのも大切なポイントです。収納がちゃんと用意されているかどうかで学習効率は大きく変わってきます。学年が低いほど集中できる時間も短いですから、動作での無駄を極力省いてあげることで効率を上げてあげましょう。

リビング学習で教科書を収納する時のポイント

リビング学習で教科書を収納する時にどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。以前、中学生の教科書収納について書いた記事『中学生の教科書収納問題を解決してリビング学習を快適に!』の中でも教科書収納のコツについてお伝えしています。

内容としてはそれほど大きく変わらないので、振り返りつつ、こちらでも小学生向けに簡単にまとめたいと思います。

①収納場所をひとつにまとめる

教科書だけでなく、勉強に必要となるものや学校に持っていくものなどの学用品はまとめて一か所に収納するようにします。そうすることで、片付けや翌日の準備が効率良くできますし、出しっぱなしや忘れ物の防止にもつながります。

ランドセルもリビング学習をするのであればリビングに置いておくほうが良いでしょう。学用品の収納場所にランドセルも一緒に置く場所を用意してあげれば、翌日の準備もしやすいですよ。

小学生のうちは教科書の冊数もそれほど多くないので、大きく場所を取ることはありません。教科書専用の収納が用意できない場合は、本棚に教科書を置くスペースを作ってあげても良いでしょう。

引用元:https://roomclip.jp/photo/cMy8

引用元:https://roomclip.jp/photo/MWwq

上の写真のようにキャスター付きのワゴンを活用すると、そのまま移動しやすいので便利です。ワゴンの一番上にランドセルを置くこともできますし、S字フックを使えば横に下げることもできます。

②収納はすぐに手の届く場所に

"使いたい時にすぐに取り出せる"これはモチベーションにも影響してくるほど、とても大切です。物理的な距離感ももちろんそうですが、パッと見てどこに何があるかわかるようにしてあげましょう。

例えば、科目ごとに教科書やノートがセットになっていると見つけやすく取り出しやすいですよね。

引用元:https://roomclip.jp/photo/F8Es

入学したばかりの頃は親が一緒に翌日の準備をすることも多いと思います。科目ごとに分けてラベリングもしてあると、親もわかりやすく準備がスムーズにできますよ。

他にもグッズを使った収納例がありますので、後ほどご紹介していきます。

③使いやすさを考える

子どもにとって片付けは面倒くさいと感じてしまった時点でアウトです。そうならないためにも、なるべくアクションを少なくしてあげる工夫が必要です。

例えば、引き出しの開け閉めだったり、ボックスを引き出すといった動作1つさえも面倒に感じてしまう子はいます。

また、利き手によっても使いやすさは違うので、左利きの子であれば左側に寄せてあげるといった配慮も必要かもしれません。

収納スペースに余裕を持たせることも大切です。スペースが足らずにぎゅうぎゅうに詰まったところにしまうのは大変です。本来しまうはずの場所ではなく、空いているスペースに適当に入れてしまうなんてこともあり得ます。

そうなるともう、どこに何を置いたか自分でも分からなくなってしまい、毎回探さなければならずに余計な労力を使うことになります。

3割ほどの空きスペースがある状態ですと、多くの人はしまいやすいと感じるのだそうです。ぎゅうぎゅうの場合は上段下段に分けるなどして、程よい収納量になるよう注意してあげましょう。

④奥行きもチェック

教科書をしまうとき、棚の奥までしっかり入れるという子は多いと思います。この時、奥行がありすぎるとなかなか出し入れがしにくくなってしまいます。

収納棚を購入前に教科書のサイズとちょうど良い奥行感をチェックしておきましょう。すでにあるものを利用する場合は突っ張り棒を奥に入れるなどして奥行を調整してみてください

ファイルボックスを利用しても良いですが、その場合は上に書いたようにワンアクション増えてしまうので、お子さんと確認しながら使いやすい方法を採用されると良いでしょう。

リビング学習の教科書収納アイデア

ワゴンを使ったり、ラベリングしたりというのは上の方でご紹介しましたが、他にもさまざまな収納アイデアがあります。皆さんがどのような工夫をされているのか、ご紹介したいと思います。

▼カラーボックス(ニトリ)×ファイルボックス(セリア)

引用元:https://roomclip.jp/photo/FjAy

カラーボックスとファイルボックスといった組み合わせで教科書収納されている方は多いようです。そして、カラーボックスの上段にランドセルを置けるようにして、ランドセルラックとして使われています。これなら翌日の支度もスムーズにできそうです。

▼書類ケース(BREA)×ラベリング

引用元:https://roomclip.jp/photo/ZbyF

こちらは書類ケースを活用しています。各段を科目ごとに分けて、わかりやすくラベリングしています。また、透明のプレートの様なものが下に敷いてあって、それを引き出すと中に入っているものが出てくるように工夫されているので、出し入れもしやすそうです。

▼アクリル仕切りスタンド(無印良品)

引用元:https://roomclip.jp/photo/R6jl

引用元:https://roomclip.jp/photo/FmYG

同じアイテムでも使い方はそれぞれ違っているのもおもしろいですね。

▼ウォール新聞ラック(IKEA)×ラベリング

引用元:https://roomclip.jp/photo/zDnq

イケアの新聞ラックがちょうど教科書が入るサイズになっているんですね。ラベリングのおかげでぱっと見てもわかりやすいですし、出し入れもしやすそうです。これであれば省スペースで済みますね。

▼DIY/カラーボックス×100均

引用元:https://roomclip.jp/photo/FIic

引用元:https://roomclip.jp/photo/FIib

こちらは使っていないカラーボックスにセリアの収納グッズを組み合わせて教科書収納をDIYされたそうです。角材をレールにして引き出せるようにしたそうです。

▼DIY/ボックス×キャスター付き土台(無印良品)

引用元:https://roomclip.jp/photo/49R3

1年生になったお子さんの教科書入れに作られたそうです。低学年のうちは教科書が少ないので、これでも十分なのかもしれませんね。キャスターが付いているので小さなお子さんにも移動しやすく使いやすそうです。

リビング学習にける教科書収納のインテリア実例

引用元:https://roomclip.jp/photo/sk5m

イケアのデスクとニトリのカラーボックスという組み合わせですが、同じ白な上に高さも揃っているので統一感があって、すっきりまとまって見えます。

教科書を入れているファイルボックスは無印良品のものだそうです。半透明だと中身が把握しやすく使いやすいとのこと。なるほど。

引用元:https://roomclip.jp/photo/MDel

無印良品のオーク材ユニットシェルフにイケアのレタートレイとマガジンファイルを合わせたリビング学習スペース。収納グッズが見事にシンデレラフィットしていますね。

「レタートレイは教科別に突っ込むだけ。ワンアクションなのでズボラ10歳児でもやれています」とのことです。

引用元:https://roomclip.jp/myphoto/288650

扉がついているとワンアクション増えてしまいますが、中に入っているものが見えないので、インテリアとしては雰囲気を崩さずにおしゃれに見せることができます。

引用元:https://roomclip.jp/photo/Rj2M

ニトリのカラーボックスを横置きにして、黒×木の男前インテリアに仕上げています。これは小学生の男の子も喜びそうですね。

まとめ

今回は、リビング学習での教科書収納アイデア~小学生編をお伝えしてきました。小学生だとまだまだ親のサポートが必要な時期でもあります。

そんな中で、子どもが片付けや準備がしやすいように工夫されている家庭もたくさんあり、参考になったのではないかと思います。

子どもに片付ける習慣がつけば親の負担も減ります。使いやすいかどうかは子どもによって異なりますから、収納を考える時にはぜひ一緒に相談しながら取り組んでみてくださいね。

>>無料相談予約ご予約はこちらから

【無料カタログプレゼント中!】

インターデコハウスは2020年で20周年を迎えました。20周年を記念してカタログが新しくなりました!インターデコハウスの無料カタログをご希望の方はカタログ応募フォームからお問い合わせ下さい。

>>無料カタログはこちらから

*総合カタログ

インターデコハウスのコンセプトや世界観がわかる一冊です。インターデコハウスのコンセプトや「北欧」「南欧」「北米」に分けられた商品ラインナップの各商品の説明が実際の実例写真と共に紹介されています。

この1冊でインターデコハウスのファンになっていただけると思います。また、商品ごとにプロのコーディネーターへインタビューしたインテリアデザインポイントを掲載しています。

*仕様・性能ガイドブック

北海道生まれのインターデコハウスは住宅デザインだけではなく、性能や仕様にもこだわりをもっています。枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を取り入れた工法は地震や台風にも強いと言われています。

デザインだけが良くても性能や仕様もちゃんと知っておきたい。そんなお客様にわかりやすくインターデコハウスの性能や仕様がわかる1冊になっています。

*商品ラインナップ

インターデコハウスには「北欧」「南欧」「北米」に分けられた全部で10種類の外観デザインがあります。(2020年3月時点)自分たちの好みがどのような外観デザインなのかを考えるのに適している1冊です。

*実例写真集

12組のインターデコハウスで実際に暮らしている全国のオーナー様にインタビューをした1冊です。

インターデコハウスで叶えた12組のお客様の暮らしを垣間見ることができます。

それぞれのオーナー様がどのようなポイントをこだわったのか。インターデコハウスに住んでどのように暮らし方が変化していったのか。家づくりを検討している方に是非読んで欲しい1冊です。

>>無料カタログはこちらから

【八橋展示場見学はこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)は事務所の隣に住宅展示場が建っています。実際いインターデコハウスの住宅で使用される建築部材を使用しているので、展示場で実際に体感することが可能です。

また、展示場のソファに腰を掛けてマイホームでくつろぐイメージを感じたり、キッチンに立ってリビングダイニングを見渡すイメージをすることが可能になっています。

定休日以外は毎日見学可能ですのでぜひご予約の上ご来場ください。

>>八橋展示場へのご予約はこちら

【毎月発行しているデコスタイルブックはこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、毎月「デコスタイルブック」という季刊誌を発行しています。毎月のイベント情報や、暮らしに関するおすすめ情報などインターデコハウス秋田にお問い合わせいただいた方限定の情報誌です。

毎月発行のデコスタイルブックをご希望の方はまずは資料請求をお願いします。

>>デコスタイルブックをご希望の方はこちら

【インターデコハウス秋田のSNSはこちら】

Facebookとinstagramでも情報発信中です。ぜひフォロー&いいね!をお願いいたします。

>>Facebook

>>instagram