TOP > 輸入住宅コラム > リビング学習のお供に!「 お片付けデスクマット」で片付けが楽々

輸入住宅コラムColumn

リビング学習

リビング学習のお供に!「 お片付けデスクマット」で片付けが楽々

このエントリーをはてなブックマークに追加

住広ホーム インターデコハウス秋田 ファイナンシャルプランナー 宅地建物取引士 畠山雄大

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田)
取締役統括部長 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。
いつでもご相談いただければと思います。


こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

新築をすると子供部屋を作ってそこで勉強できるように学習机や椅子を準備して一人で勉強できるかなと思っていてもなかなか進まなかったり、勉強の内容を見てあげるためにはリビングで勉強してもらったほうが親としては都合が良かったり。

様々な理由があってリビング学習をするお子様は多いと思います。リビング学習が学力に良い影響を与えるとも言われていますよね。

しかし実際にリビング学習をしようと思ったら片付けが大変なんです。今回はそんなリビング学習についてご紹介していきます。

人気のリビング学習はお片づけがネック

(参考:Roomclip

リビング学習を実際にしてみて大変だなと思うことに「片付け」があると思います。実際には大変と思わなくても「ご飯だから片付けなさーい」という声がけをお子様にした経験はないでしょうか。

子どもももちろん片付けたいけど2階の自分の部屋まで全部を持っていくのもめんどくさいしすぐにご飯を食べたいし、一人で2階の子供部屋に行くのはいや・・・

そんな攻防が毎日だと親も子どももお互い大変ですよね。リビングで勉強をするのであれば、やはり片付けが楽ちんじゃないとお子様も勉強することが嫌になってしまいます。

リビング学習の多くは食事をするダイニングテーブルで勉強をするというケースだとおもいます。小学校高学年くらいになってくると自分の部屋で一人でもスムーズに勉強ができると思いますし、片付けもある程度できるようになります。

しかし低学年のうちはまだ親が見てあげないといけませんよね。さらに、食事前にダイニングテーブルで勉強やお絵かき・塗り絵などをしているとどんどんテーブルも汚れます。

テーブル布巾で拭いてもなかなか落ちなかったりもしますよね。消しゴムの消しカスが残っていたり、ペン跡が残ったり、油性マジックで天板に描いてしまったり。

せっかくインテリアにこだわって購入したテーブルもこのように推奨しているリビング学習によって汚れてしまうのも不本意ですよね。

いつもの勉強道具をそのまま移動できたりすると片付けも簡単で良いと思いませんか?片付けが簡単になるとお子様も自分で進んで片付けをするのではないでしょうか。

リビング学習のお供におすすめな「お片付けデスクマット」とは

(参考:RoomClip

こちらの写真の「お片付けデスクマット」があるとリビング学習の片付けも楽ちんです。インターネット通販ホームページで「お片付けデスクマット」と検索すると様々な商品が出てきます。

デスクマットの役割と収納の役割を担ってくれる商品がリビング学習には大変重宝するでしょう。自分の部屋と同じ環境をリビングでも作ることができて、このまま片付けをするだけで一度で片付けができます。

また、食事の時だけ場所を移すということもできますよね。食事が終わってから残りの宿題をやるというようなこともあります。

デスクマットを常時ダイニングテーブルに敷いておくこともできますが、汚れがデスクマットにうつってしまうとやはり掃除が大変ですよね。

なので、リビング学習をするときだけはリビング学習セットを自分の部屋からもってきて勉強をするというような習慣をつけることがお片付けデスクマットがあると可能になります。

おすすめのお片付けデスクマット

片付けもできるデスクマットは色々販売されています。いくつかご紹介しましょう。

(参考:bellemaison)※リビングパレット/価格 ¥3,300 (税込)

こちらの商品はパレットタイプになっていて、教科書やノート・ペンケースをおいたまま持ち運ぶことが可能です。

消しゴムの消しカスもパレットからはみ出る心配もありません。ダイニングテーブルで使ってもテーブルが汚れる心配もありませんし、何より自分で持ち運びができるのですぐに片付けをすることができます。

全部をパレットに乗せてそのまま運ぶので低学年のお子様でもきちんと持ち運びができそうですよね。

(参考:モノタロウ)※どこでも学習台 外形寸法(幅W×奥行D×高さH) 455×330×90(mm) DSK01/価格 ¥2,959 (税込)

こちらの商品は蓋を開けるとノートや教科書・ペンケースを収納することができ、蓋を閉じると学習台になります。

約10度の傾斜角度がついているので良い姿勢で学習することができます。取手がついているので持ち運びも楽々です。

(参考:ヒラキ)※デスクマット/価格 ¥858 (税込)

(参考:ヒラキ)※リビング学習ボード/価格 ¥1,078 (税込)

こちらの2つの商品「デスクマット+リビング学習ボード」を組み合わせることでも片付けが楽々なリビング学習スペースをつくることができます

子どもにはノートや教科書を広々と広げて勉強をする習慣があります。写真のようにプリントを目の前に挟んで見ながら宿題をするなど学習環境を整えるには便利ですね。

お子様の学年によって使い分けて考えると良いでしょう。

(参考:楽天市場)※持ち運べる学習机 マナベル/価格 ¥17,150 (税込)

写真のように本を立てて置くこともできますし、ペン立てもついています。裏には教科書やノートを収納できるようになっています。

約10度の傾斜角度がついているので姿勢良く学習することができます。リビングでも使えますし、自室のデスクの上に置いて使用することもできます。持ち運びがラクなのがよいですよね。

お片付けデスクマット以外におすすめのお片づけグッズ

デスクマット以外にもリビング学習をする際にあったら便利なおすすめのお片付けグッズをご紹介します。

(参考:ヒラキ)※ランドセル収納ボックス/価格 ¥1,078 (税込)

子どもが学校から帰ってきてからリビング学習をするまでを習慣化するためにはランドセルを収納するボックスがあると便利です。

リビング学習は宿題など学校の勉強がほとんどなので、勉強道具は基本的にすべてランドセルに入っていますよね。

ランドセルから出してリビング学習をしてランドセルの中に勉強道具を戻す。というこの流れがリビングでできると子どもはきちんと片付けもして翌日の学校の準備も終わります。

(参考:ヒラキ)※大容量仕分けファイル(縦型)/価格 ¥638 (税込)

ノートや参考書などをリビング学習の際に置いておくとどんどん平積みになってしまいがちです。このように縦型で仕分けができるようなファイルがあるときちんと揃えて収納するようになります。

ポイントはきちんと収納する場所を指定してあげることです。それにより片付けの習慣化に繋がっていきます。

(参考:ヒラキ)※卓上ミニクリーナー/価格 ¥858 (税込)

卓上ミニクリーナーですが、大人だとこのようなものを使わなくても掃除できるでしょ。と思いますが、子どもの場合は「楽しい」がプラスされるとより自発的に片付けをするようになります。

小さな卓上掃除機なので消しゴムカスなどもどんどん吸い取って勉強が終わった後は自分でテーブルの上を掃除するようになります。

このようにちょっとした片付けアイテムによって片付けが習慣化することでリビング学習の効率化にも繋がりそうですね。

まとめ

今回は、「リビング学習のお供に!「 お片付けデスクマット」で片付けが楽々」という内容をご紹介してきました。

リビング学習をする際に課題になるのが「片付け」です。片付けを面倒くさいと思わないようにするためには今回ご紹介したデスクマットなどの片付けグッズがあると便利でしょう。

リビング学習は親が見守れる場所で子どもが勉強をするというのが良い点ですよね。勉強が終わった後の片付けまでをしっかりと習慣化できるようにちょっと便利なアイテムを揃えてあげるのがポイントかもしれませんね。

>>無料相談予約ご予約はこちらから

【無料カタログプレゼント中!】

インターデコハウスは2020年で20周年を迎えました。20周年を記念してカタログが新しくなりました!インターデコハウスの無料カタログをご希望の方はカタログ応募フォームからお問い合わせ下さい。

>>無料カタログはこちらから

*総合カタログ

インターデコハウスのコンセプトや世界観がわかる一冊です。インターデコハウスのコンセプトや「北欧」「南欧」「北米」に分けられた商品ラインナップの各商品の説明が実際の実例写真と共に紹介されています。

この1冊でインターデコハウスのファンになっていただけると思います。また、商品ごとにプロのコーディネーターへインタビューしたインテリアデザインポイントを掲載しています。

*仕様・性能ガイドブック

北海道生まれのインターデコハウスは住宅デザインだけではなく、性能や仕様にもこだわりをもっています。

枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を取り入れた工法は地震や台風にも強いと言われています。

デザインだけが良くても性能や仕様もちゃんと知っておきたい。

そんなお客様にわかりやすくインターデコハウスの性能や仕様がわかる1冊になっています。

*商品ラインナップ

インターデコハウスには「北欧」「南欧」「北米」に分けられた全部で10種類の外観デザインがあります。(2020年3月時点)自分たちの好みがどのような外観デザインなのかを考えるのに適している1冊です。

*実例写真集

12組のインターデコハウスで実際に暮らしている全国のオーナー様にインタビューをした1冊です。

インターデコハウスで叶えた12組のお客様の暮らしを垣間見ることができます。

それぞれのオーナー様がどのようなポイントをこだわったのか。インターデコハウスに住んでどのように暮らし方が変化していったのか。家づくりを検討している方に是非読んで欲しい1冊です。

>>無料カタログはこちらから

【八橋展示場見学はこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)は事務所の隣に住宅展示場が建っています。実際いインターデコハウスの住宅で使用される建築部材を使用しているので、展示場で実際に体感することが可能です。

また、展示場のソファに腰を掛けてマイホームでくつろぐイメージを感じたり、キッチンに立ってリビングダイニングを見渡すイメージをすることが可能になっています。

定休日以外は毎日見学可能ですのでぜひご予約の上ご来場ください。

>>八橋展示場へのご予約はこちら

【毎月発行しているデコスタイルブックはこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、毎月「デコスタイルブック」という季刊誌を発行しています。毎月のイベント情報や、暮らしに関するおすすめ情報などインターデコハウス秋田にお問い合わせいただいた方限定の情報誌です。

毎月発行のデコスタイルブックをご希望の方はまずは資料請求をお願いします。

>>デコスタイルブックをご希望の方はこちら

【インターデコハウス秋田のSNSはこちら】

Facebookとinstagramでも情報発信中です。ぜひフォロー&いいね!をお願いいたします。

>>Facebook

>>instagram